女子ならわかる?コスメを使うとき、ついやってしまうプチ失敗あるある!

お化粧中によくやっちゃう「プチ失敗」ありません?口紅を出したまま蓋をしてしまったり、シャドウが割れてポーチの中が粉まみれになってしまったり…。少し笑えちゃう?メイク中のプチ失敗あるあるをご紹介。みなさんもお気を付けください!

急いでいるときに限って起こる…メイク・コスメのプチ失敗!

 (640504)

メイクの失敗は厳禁!
口紅ははみ出していないか、ファンデーションはよれていないか、アイライナーやマスカラは滲んでいないか…しっかり確認しますよね。よっぽど急いでいない限り、残念メイクのまま街を歩くなんてことはないと思います。

でも…支度中についうっかりやっちゃったミスってありません?
大切なコスメが無残な姿に!なんて経験はない?
ポーチの中身は大丈夫?

いくら気をつけていても、やってしまう
コスメを使うとき、持ち歩いているときに起こったプチ失敗をご紹介。
「やらかしたことがないよ」というあなたも、明日は我が身かもしれません。

繰り出したままのルージュ、うっかりそのまま…

 (640505)

繰り出し式のルージュはリップアイテムの中で最もオーソドックスな形で、デパコスプチプラ問わず持っている人がほとんどだと思います。
外でサッとお直しするときも、グロスタイプより手を使わず楽ですよね。

使い勝手が良い繰り出し式のルージュ。
繰り出したままうっかり蓋をしてしまったこと、ありませんか?

美しい傾斜を保っていた塗り口がベシャッと潰れ、見るも無残に…。
何とか形成して使っても、なんだか平坦になって可愛さが半減してしまうんですよね。
よほどの負荷をかけない限り折れてしまうということはありませんが、抉れてしまいます。ブラシなどで整えないと、もろもろになってうまく塗れず本当に最悪!

ポール&ジョーやアナスイのような、先端部分のデザインが凝っているものの場合は殊更にショック!
急いでいるときや外でのお直しの際でも、ルージュをちゃんと元に戻しているか、目視確認してから蓋をしましょう。

手が滑ってマスカラが一張羅に

 (640507)

アイライナーやマスカラは慎重になりますが、慎重に行うがゆえについ手が滑って落としてしまうなんてこともあります。

落ちた先が一張羅で、お色がガッツリ付いてしまったなんて時は絶望。
おうちだと濡れタオルなどで落とすか着替えるなど対処のしようがありますが、それでもかなりのタイムロス。
出先でべったり付いてしまった時はもうどうしようもありません。
それでも電車など明らかにやらかすであろう場面で、リキッドアイメイクを施す人が一定数いるのは何故でしょうか…。

他人様に迷惑がかかる可能性もあるので、公共の場でのメイクもほどほどに。
ちゃんとパウダールームに行って、落ち着いてメイクしましょう。

アイシャドウやチークが粉々!カバンやポーチの中身に悲劇が…

 (640512)

古いアイシャドウやチークがパレットの中で割れてしまい、ポーチやカバンの中でお粉がブチまかれてしまったという経験をされた方も多いのでは。
もはや事故としか言いようがない…誰も悪くない、コスメを大切に使い込んだがゆえに起きた悲劇。
いつかこの日が来るとは思っていたけれど!
お気に入りのコスメがボロボロになってしまった悲しさと、二次被害が起きたという怠さのダブルパンチでその日の気分はダダ下がり。
他の化粧品に付いたお粉やラメが、手にもついてプチイライラなんてことも"あるある!"です。

ポーチやカバンが布地だったり、家庭で洗えない材質で「もう使えないよ…」となったらかなり凹みますよね。
ちょっと使い古したシャドウやチークは、早いうちにお家の常備コスメにしてあげるのがベストかもしれません。

ミスは一瞬、悲しみ数日

 (640517)

コスメを自らの手でぐちゃらせたり、落としたりする瞬間って本当にスローモーションなんですよね。
取り返しのつかないものほど、頭が真っ白になっちゃいます。

そして自分も経験があるから、他人の”失敗の跡”も気付きやすい。
「そなたもか…」としょっぱい気持ちになりつつも、この悲劇を繰り返さないよう
今愛用しているコスメはより大切に扱ってあげましょう。
2018年1月23日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム