《NARS2018秋新作アイシャドウ》NARS グローバルアーティストディレクター「伊藤 貞文(SADA ITO)」厳選のおすすめの組み合わせでメイク!

幅広い世代から支持されているNARSのアイシャドウに2018秋新作が登場!「シングルアイシャドー」42色、「ハードワイヤードアイシャドー」18色、「デュオアイシャドー」16色の全76色がラインアップ。NARSのグローバルアーティストディレクター 伊藤 貞文(SADA ITO)さんが厳選した組み合わせをご紹介!シングルアイシャドーのベーシックでニュートラルなシェード「ソフトエッセンシャル」とドラマティックな輝きを与えるハードワイヤードシャドー「ハードワイヤードシーン」の組み合わせ(全8パターン)で実際にメイクしてみました!

NARS グローバルアーティストディレクター「伊藤 貞文(SADA ITO)」厳選の組み合わせ

2018秋新作 アイシャドウ NARS シングルアイシャドー ハードワイヤードアイシャドー 

NARS グローバルアーティストディレクターの伊藤 貞文(SADA ITO)さんは、ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、ソウル、バンコクなど世界中のファッションウィークや、広告、有名ファッション誌、TV、PVなど幅広く活躍しているメーキャップアーティストです。2018年にNARS グローバルアーティストディレクターに就任。クラシカルからポップ、モードまでそのメーキャップのスタイルは幅広く、繊細なテクニックと感性で独自の世界観を創り出し続けています。

そんな一流メーキャップアーティストの伊藤 貞文(SADA ITO)さんが、今回発売される「シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」の中から厳選した8パターンの組み合わせで実際にメイクしてみました!

メイク方法はFORTUNE編集部オリジナルです。

3518「マットディープブラウン」×5338「イリディッセントソフトゴールド」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」 3518「マットディープブラウン」×5338「イリディッセントソフトゴールド」

スモーキーなのにキラキラ輝く3518「マットディープブラウン」と5338「イリディッセントソフトゴールド」の組み合わせで、お顔立ちがはっきりと強調された美人顔に。

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」 3518「マットディープブラウン」×5338「イリディッセントソフトゴールド」メイク方法

マットのこっくりとしたブラウンの3518「マットディープブラウン」で、上瞼のキワから二重幅を埋め、何もついていないブラシで境界線をなじませます。マットな質感は残るように、二重幅よりも上にキラキラの5338「イリディッセントソフトゴールド」で華やかさをプラス!

5317「マットディープナチュラルトープ」× 5335「ソフトシルバーグレーブロンズ」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

シマーな質感の5335「ソフトシルバーグレーブロンズ」と5317「マットディープナチュラルトープ」で洗練された上品な目もとに。

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」5317「マットディープナチュラルトープ」× 5335「ソフトシルバーグレーブロンズ」

5317「マットディープナチュラルトープ」をまぶた全体に薄くのせてその上から5335「ソフトシルバーグレーブロンズ」を横グラデーション。下まぶたは5317「マットディープナチュラルトープ」と5335「ソフトシルバーグレーブロンズ」をまぜて細めに全体にいれました。

5321「シマリングトパーズ」×5358「マットリッチネイビー」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

一見、難しそうなディープネイビーの5358「マットリッチネイビー」は、黄色がかったベージュの5321「シマリングトパーズ」と組み合わせると肌馴染みが良く使いやすい!

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」 5321「シマリングトパーズ」×5358「マットリッチネイビー」

発色抜群のディープネイビーの5358「マットリッチネイビー」で囲んだ囲みメイク!先に5358「マットリッチネイビー」で目を囲むように太めのライン状にのせて、その境界線をぼかすように指で5321「シマリングトパーズ」を広げます。下まぶたを太く入れすぎるとクマっぽくなってしまうので要注意!

5329「アイシーピンクシルバー」×5340「ブラックグリッター」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

上品なシマーな輝きの5329「アイシーピンクシルバー」と大粒の多色ラメが輝く5340「ブラックグリッター」の組み合わせ。

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」5329「アイシーピンクシルバー」×5340「ブラックグリッター」

キリっとクールで印象的な目もとに。5329「アイシーピンクシルバー」を上まぶたと全体に広げて、二重幅に5340「ブラックグリッター」を重ねます。上瞼キワに細くさらに重ねて目の輪郭を強調!下まぶたの目尻から目頭に5329「アイシーピンクシルバー」をいれた後、目尻のみ5340「ブラックグリッター」を重ねました。

5322「シマリングココア」×5330「シマリングローズゴールド」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

どんなシーンでも使いやすく何にでも合わせやすいベーシックな5322「シマリングココア」と5330「シマリングローズゴールド」の組み合わせ。

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」 5322「シマリングココア」×5330「シマリングローズゴールド」

5330「シマリングローズゴールド」を上瞼全体に5322「シマリングココア」で横グラデーション。下まぶたも同様にグラデーションしました。簡単ステップで綺麗にグラデーションが作れるので時間がない日にもオススメな組み合わせ。グラデーションにせず、2色を筆で混ぜて単色使いにしてもばっちりきまります!

5337「ビターチョコレート&ゴールドグリッター」×5351「イリデッセントソフトゴールド」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

キラッキラな目もとにしたい日は絶対オススメ!ゴールドグリッターが輝く5337「ビターチョコレート&ゴールドグリッター」と透明感のある艶を演出する5351「イリデッセントソフトゴールド」の組み合わせ。

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」5337「ビターチョコレート&ゴールドグリッター」×5351「イリデッセントソフトゴールド」

5337「ビターチョコレート&ゴールドグリッター」を二重幅にのせて境界線を何もついていないブラシでぼかします。その上から5351「イリデッセントソフトゴールド」を指で密着させるようにたっぷりまぶた中央に重ねます。下まぶた目尻には、5337「ビターチョコレート&ゴールドグリッター」を。

5357「シマリングピンクライラック」×5342「イリデッセンドピンクライラック」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

ぱっと目を引くピンクライラックは、インパクト抜群!マットな5342「イリデッセンドピンクライラック」にブルー、ピンク、シルバーの多色ラメがザクザクの5357「シマリングピンクライラック」で輝きをトッピング!

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」 5357「シマリングピンクライラック」×5342「イリデッセンドピンクライラック」

NARSのシングルアイシャドーは重ねる度に濃く発色するから使いやすい!指を使って5342「イリデッセンドピンクライラック」を目尻キワが濃くなるようにのせていきます。ふんわりと指でぼかした後に目頭側から目尻に向かって5357「シマリングピンクライラック」をトッピング!この組み合わせは、写真ではわかりにくいですが、多色ラメがキラキラ輝くユニコーンカラーのメイクです。キラッキラがたまらない!!

5343「ブラックレッドシマー」5354「マットバーガンディ」

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」

少し青みのある赤の5354「マットバーガンディ」と深みのある赤の5343「ブラックレッドシマー」の組み合わせは、大人のレッドメイクが作れます。2色が混ざり合うと魅惑のワインレッドに。

NARS 2018新作 アイシャドー シングルアイシャドー」と「ハードワイヤードアイシャドー」5343「ブラックレッドシマー」5354「マットバーガンディ」

赤のアイメイクは腫れぼったくなりがちですが、この組み合わせなら腫れぼったくならず、スタイリッシュに仕上がります。5343「ブラックレッドシマー」を二重幅より少しオーバーに薄くのせて、ぼかします。上瞼キワに5354「マットバーガンディ」を重ねます。下まぶた目尻に細く5343「ブラックレッドシマー」を入れています。ぼかしすぎると、ぼやけてしまうので要注意!!

この秋はいつもより挑戦してみませんか?

見たままの色がそのまま発色し、色ムラにもなりにくい!重ねる度に濃く鮮やかに変化するから同じカラーでもメイク方法によって全く異なる仕上がりが楽しめます。
豊富なラインアップからあなたにぴったりなお気に入りを見つけてください!
<商品情報>
NARS(ナーズ)
<NARS EYESHADOW SINGLES AND DUOS>
2018年9月21日(金)発売

「シングルアイシャドー」全42色
「ハードワイヤードアイシャドー」全18色
各2,700円(税込)

今回紹介した8パターンの組み合わせはこちら

・シングルアイシャドー3518「マットディープブラウン」×ハードワイヤードアイシャドー5338「イリディッセントソフトゴールド」
・シングルアイシャドー5317「マットディープナチュラルトープ」×ハードワイヤードアイシャドー 5335「ソフトシルバーグレーブロンズ」
・シングルアイシャドー5321「シマリングトパーズ」×シングルアイシャドー5358「マットリッチネイビー」
・シングルアイシャドー5329「アイシーピンクシルバー」×ハードワイヤードアイシャドー5340「ブラックグリッター」
・シングルアイシャドー5322「シマリングココア」×シングルアイシャドー5330「シマリングローズゴールド」
・ハードワイヤードアイシャドー5337「ビターチョコレート&ゴールドグリッター」×ハードワイヤードアイシャドー5351「イリデッセントソフトゴールド」
・シングルアイシャドー5357「シマリングピンクライラック」×ハードワイヤードアイシャドー5342「イリデッセンドピンクライラック」
・ハードワイヤードアイシャドー5343「ブラックレッドシマー」シングルアイシャドー5354「マットバーガンディ」
2018年8月19日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

9/21発売!《NARS新作アイシャドウ》シングルアイシャドー&ハードワイヤードアイシャドーを使った秋のおすすめメイク!

NARSから、2018秋新作アイシャドウとして9/21より発売される「シングルアイシャドー」42色、「ハードワイヤードアイシャドー」18色の中から厳選。FORTUNE編集部がおすすめの組み合わせのメイク4パターンをご紹介!この秋にぴったりなカラーのラインアップ!是非、参考にしてみてください。

《NARS新作》偏光ラメが可愛すぎる!新・限定「NARS デンジャーコントロール アイシャドーパレット」の使用感とメイクをご紹介

大人気コスメブランド【NARS(ナーズ)】から、秋新作コスメ「NARS デンジャーコントロール アイシャドーパレット」が伊勢丹オンラインストア・数量限定で登場!2018年9月19日(水)より限定発売されるのは、淡いカラーが揃った6色のアイシャドウパレット♡使用感や色味を詳しくお伝えします。偏光好き、ラメ好きさんは必見です!

NARS新アイシャドウ9/21発売!「シングルアイシャドー」「ハードワイヤードアイシャドー」全60色をレビュー♡

NARSから新アイシャドウが登場!9月21日に発売される<NARS EYESHADOW SINGLES AND DUOS>は、「シングルアイシャドー」42色、「ハードワイヤードアイシャドー」18色、「デュオアイシャドー」16色の全76色がラインナップ。今回は「シングルアイシャドー」&「ハードワイヤードアイシャドー」の60色を全色スウォッチ&レビューします♡

NARS(ナーズ)2018秋新作アイシャドーコレクションから、新「デュオアイシャドー」全16種をレビュー!

人気コスメブランド NARS(ナーズ)から、2018秋新作アイシャドーコレクション『シングルズ アンド デュオズ』が9/21より発売!なんと全76種の新アイシャドーが登場するコレクションから、今回は「NARS デュオアイシャドー」全16種を詳しくご紹介します♡

NARS(ナーズ)|@cosme SHOPPING限定発売の2021クリスマスコフレをレビュー!

【NARS(ナーズ)】からプレゼントのラッピングリボンをほどく時のワクワクした気持ちを感じられる2021クリスマスコフレの情報が登場!魅惑的なパッケージに身を包んだ全14アイテムがラインナップ。その中には限定シェードや限定セットなどファンを魅了するものばかり。今回はその中から2021年12月1日(水)より@cosme SHOPPINGで数量限定で発売される『NARS アンラップド ミニアイシャドーパレット LAGUNA』と『NARS アンラップド オーガズムブラッシュデュオ』を実際に使ってレビューしていきます!

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE編集部 FORTUNE編集部