女の敵は女!?現役美容部員は見た。デパートの化粧品売り場で印象に残った珍客景

デパートの化粧品売り場で働く美容部員さん。一見華やかなお仕事に見えますが、女の敵は女!?そこはもちろん接客業なので、癖の強い色んなお客様に出会うんだそう。現役BAとして働く友人に聞いてみました。

女子なら誰でも心ときめくデパートの化粧品売り場♡

デパートの化粧品売り場、そこは夢と希望(と美への欲望)が渦巻く女性のパラダイス…!

もちろんドラッグストアで買えるような化粧品とはお値段もぜーんぜん違うので、なかなか頻繁には買えなくても、新しい商品をチェックしながらぶらぶらウィンドウショッピングをしたり、BA(ビューティーアドバイザー)さんに自分の悩みや好みを相談しながら自分に合うものをタッチアップしてもらったりして、買い物する人はもちろんのこと、買い物をしなくても時間を忘れて楽しめる夢のような場所なのです。
(もちろんタッチアップは購入を前提に行っているサービスなので、節度はわきまえましょうね!)
 (761149)

次にお給料が入ったらこれを買おう!と購買意欲をとめどなく掻き立てられる危険な場所でもあるのですが…。

そんなデパートの化粧品売り場で働くBAさん。

連日色んなお客様を接客する中で、変わったお客様や少し困ってしまうようなお客様もいるようで、現役BAとして働く友人に印象に残ったお客様の話を聞いてみました。

わしゃエスパーかい!自称VIP様

もちろん商品を購入してくださるお客様はとっても有難い。が、しかし!
毎日数人のBAが交代で何百人というお客様の接客をしてるんです、お一人お一人全ての情報は覚えられません!
 (761150)

「普段スキンケアはどういったものをお使いですか?」「いつもここで●●買ってますけど?」(名前教えてもらえないと履歴でてこないので、先にお名前を教えてください!)
「こちらの店舗でお名前のご登録はされてますか?」「私ここで毎月結構使ってるんだけど知らないの?」(お客様はあなただけじゃないんやで…)
お包みする際に間違いのないよう一つ一つ開封しながら確認してもらうのですが、「急いでるのわかりません?」(わしゃエスパーか)
口が裂けても言えないけど、喉まで心の声が出かかることはよくあるんだそうな。
化粧品売り場は混みあっていることが多いので、イライラするのもわかる!
でも、せっかく綺麗になるために少しお高いお買い物をするのですから、ひろーい心でのご対応を、お願い致します!

意外と覚えてますよ!試供品エンドレスリピート様

化粧品は肌に直接のせるものですから、人によって合う合わないがあります。そのため、試しに使ってみたい商品があればその旨をBAさんにお伝えすれば1回分〜3回分程度のサンプルが貰えることがほとんど。
それを良いことに、何度も何度もサンプルだけもらいにくる人がいるんだそうな。

稀に、近くの店舗にヘルプで行くことがあるのですがそちらの店舗でも同じ人がサンプルをもらいに来ているのを見てしまったときにはもうなんとも言えない気持ちに…。

向こうは覚えてないと思っているようですが、3度目くらいからはこちらもそろそろ顔も覚えてきますよ〜!

一体何のお仕事を…?最高級シリーズライン使い様

これはとーーっても余計な御世話ではあるのですが…
特にスキンケアに力を入れているメーカーには、製品ごとに何段階かランクの違うものを置いています。
その中でもずば抜けてお値段の高い最高級ラインのもの(中には40gほどで10万円(!)を超えるクリームなんかも…!)を毎月一式購入されていく方がおられます。
 (761151)

ほんっっっとうに、余計な御世話すぎるけど、私生活が気になって仕方ないんだよね…。とのこと。

スキンケアに毎月数十万かけられるって羨ましすぎます。
確かに気になる…。
華やかなだけじゃない化粧品売り場。
節度とお財布の中身を守りながら(!)、楽しくお買い物しましょう♡
2018年8月29日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

巷に流れるモテテクとは都市伝説だった?!モテテクを試した女子の失敗談

巷に溢れるモテるためのテクニック。モテたい!好かれたい!と強く思うばかりに、わざとらしいモテテクがついつい裏目に出てしまうことも…。今思えば恥ずかしいモテテク失敗談とは。

実録!男性が思う「女子の家にあった嫌なもの」とは!?

女性はムダ毛なんてないもの、女性は良い匂いがするもの、女性は料理が上手なもの、女性の部屋は綺麗なもの、女性のウエストは58cm……など男性は女性に対して勝手な幻想を抱いているものですが、男性が女性の家にいったときに「これはないな」と感じたあるものとは。

GW 連休中の《美肌キープアイテム》とは?屋外の紫外線・乾燥ケアはオルフェスの「フェイスマスク」で乗り切れる!

もうすぐゴールデンウィーク!本格的なレジャーシーズンの幕開けとなり、イベントや旅行の予定をたくさん立てている方も多いのではないでしょうか。でも屋外で過ごすことも多くなり、いつもと違う環境ではお肌へのダメージも倍増!今回はそんな時に使いたい救世主アイテム【オルフェス】のフェイスマスク2種をご紹介します。

残念眉は卒業!実際に使って良かった『眉ナシ子さん』向けオススメの眉コスメ♡

自眉毛の少ない『眉ナシ子』さんならではの眉メイクのお悩みと、それを解消する優秀な眉コスメを、自他共に認める『眉ナシ子さん』な筆者がご紹介。目指せ!眉美人♡

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム