断然便利!旅行に便利なコスメの詰め替えワザあれこれ♡

旅行の時にどうしてもしなければならない、パッキング。う~んと悩みながらいかにコンパクトに、かつ実用的にするかを皆様工夫されているのではないでしょうか。特にかさばるのがコスメやスキンケアなどの、女性には必要不可欠なアイテムたち。今回はそんなアイテムたちをコンパクトにパッキングする方法をお教えいたします♡是非参考にしてみてください。

旅行の時にかさばる、スキンケアやコスメ

友達、彼とのプチ旅行や出張など、ちょっとした外泊時のパッキングで困るのがスキンケア用品やコスメなど、パッケージがかさばるアイテム!
出来るだけ荷物はコンパクトに済ませたいもの。

試供品やトラベルサイズのものを買おうにも、肌に合わなかったときが怖い。特にスキンケアはいつもと同じものを使いたいですよね。

そんなあなたにオススメしたいのが、トラベル時に役立つコスメの収納方法!
身近なアイテムを使って小分けにする技などを紹介します。

様々な形がある、市販の詰め替えケース

 (645599)

まず、一番手っ取り早いのが市販の詰め替えケースを購入する方法。
100円均一などで多様な詰め替えケースが販売されています。
真空ポンプタイプやミストタイプなど、様々なタイプから選ぶことが出来るので用途や好みに合わせて購入してください。

まれに、漏れてしまうケースもあるので注意!
心配な時は蓋とケースの間にサランラップを挟み込めば漏れを防ぐことが出来ます。

水漏れしない、コンタクトケース

 (645600)

市販ケースの上位互換としておすすめしたいコンタクトケース。
化粧水などのある程度量が必要なものには向きませんが、ファンデーションや下地、リキッドチークやクリームなどのベースアイテムにぴったり。
コンパクトなサイズで持ち歩きやすく、水漏れする心配もありません!

ほとんどのコンタクトケースは右と左で区別がつくようになっているので、右が下地、左がファンデーションと決めておけば更にわかりやすいですね。

可愛いコンタクトケースもたくさん発売されているので、ぜひ試してみてください。

ストローで作る、使い切り小分けパック

 (645601)

市販のストローで作る容器!
一回分の量に小分けする事が出来るので衛生的です!
使った後は捨てるので帰りの荷物にもならないのが嬉しい。
スキンケアアイテムや、コンタクトの洗浄液、シャンプーなんかもいれられるのが嬉しい♡
調味料なんかも入れられます!醤油やお塩など、日本の味を持ち歩いてみては?

・作り方
1、ストローを用意し、好みの大きさに切る。
2、キッチンペーパーで端を包み、その上からヘアアイロンで挟んで溶かしてくっつけます。
3、ストローの中に化粧品などをいれ、もう片方も溶接します。

これだけです。
ヘアアイロンだとやりづらいという人はペンチとライターでも代用可能!
もしくは100均などで売っているシーラーも便利です♡

中身に合わせてストローの色を変えたり、マスキングテープで印をつけておくと区別しやすくてオススメ。太めのストローもあるので用途に合わせて使いやすいサイズを見つけてください。

端を切って使うので【小さなハサミ】も忘れず持っていきましょう!

あらかじめコットンにしみ込ませておく(短期推奨)

 (645602)

2,3泊程度の短期旅行にオススメなのは、コットンに直接化粧水や乳液をしみこませてチャックつきの密封できる袋に入れておく方法。
長期旅行ですと衛生的に少し怖いですが、短期旅行なら大丈夫。
使ったコットンは捨てて、帰りはスッキリ♡

メイクパレットを自作

 (645603)

容器を入れ替えることが出来ないアイシャドウやチーク、ハイライトはオリジナルのメイクパレットを作って一つにしちゃいましょう♡

・オリジナルパレット作成方法
用意する物:いれたいコスメ、パレットにするケース、両面テープ、金属製のヘラなど

1、ヘラを使い、入れたいコスメをもともとのケースから外しましょう。
2、パレットにするケースに両面でコスメを貼り付けて完成。

小さいものだと、金属製の名刺ケースをパレットにしている方もいます。
コスメポーチの中身がグッと少なくなりますし、お気に入りのコスメが並んでいるパレットはあけるたびにテンションがあがりますよ♡
ブラシにマグネットを取り付けておくと便利です。

すっきりコンパクトな荷物で旅行をもっと楽しく♡

 (645604)

憂鬱なパッキングも、いろいろな技を知っておけば楽しくなるかも♡
いつものコスメをお供に、旅を楽しもう!
2018年2月2日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

マスクは保湿効果につながる!?メリットとデメリットを大解剖!!

暑さも和らぎ、これからどんどん寒くなっていく季節になります。インフルエンザや風邪予防にマスクをする方も増えるのではないでしょうか?マスクをすることで、菌から身を守る以外にも良いことがあるんです♪ただ、その反対にデメリットも潜んでいます。今回はマスクをすることのメリットとデメリットをお教えします!これを知ることで、美肌に近づいちゃうかもしれませんよ♪

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム