王道モテメイクの「ナチュラルメイク」!でもそのメイク、勘違いしてない?正しいナチュラルメイクパターンとは?!

モテメイクの定番、ナチュラルメイク!でもその概念を勘違いしている方も多いのではないでしょうか?ナチュラルメイクはすっぴんに近い時短メイクではなく、作りすぎていない印象の自然で美しい仕上がりのメイクのこと!今回は、定番のナチュラルモテメイクパターンをパーツ別にご紹介します♪

そのメイク、やりすぎてない?

新しいコスメを買ったときや特別な日などは、気合を入れてメイクしますよね。
特にデートのときなんかはできるだけ可愛くみせたくて、丁寧に時間をかけてメイクするという方もおられるのではないでしょうか。
でもそのメイク、やりすぎていませんか?!

不自然に見える盛りすぎメイクは、男性からの印象が良くないことが多いんです!
男性ウケを狙うなら、断然!ナチュラルメイク!
そこで今回は、「結局こういうメイクをしている女性がモテる?!ナチュラルメイクパターン」についてです♪

定番のナチュラルメイクパターン

 (664545)

ナチュラルメイクを、すっぴんに近いメイクだと思っている方もおられるのではないでしょうか?
実はそうではないんです!ナチュラルメイクとは、作りすぎている印象のない自然な仕上がりのメイクのこと。
ナチュラルメイクと聞くと、メイクの工程が少なく時短にもなる印象ですが、もしかしたら普段のメイクより時間がかかるかもしれません!
では早速パーツごとに見ていきましょう♪

肌は、厚塗り感のないツヤのある肌を演出しましょう♪
ナチュラルメイクと聞くと、あまりベースメイクを塗らない印象ですが、それは大きな間違い!
ニキビ跡やシミ、クマは、しっかり隠しましょう。下地、コンシーラー、リキッドファンデーションで、肌の悩みをしっかり隠しながらも、厚塗り感が出ないように注意してください!素肌が綺麗なように見せるのがポイントです。
下地とコンシーラーを塗ってから、クッションファンデなどで仕上げてもいいかもしれませんよ♪

アイメイク

 (664257)

アイシャドウ、アイライン、マスカラはブラウン系の落ち着いたカラーを使用し、色味を引き算するのがポイントです!
アイシャドウは、ベージュやブラウン、ゴールドなどの濡れ感のあるものを選び、少しの影をプラスする程度に。アイラインはきつくならないよう、ブラウンかダークブラウンのものを選びましょう♪目尻だけに引いても◎です。全て、濃く付けすぎるのはNGですよ!あくまでもナチュラルに仕上げて♡

チーク

チークは、ついているかついていないか分からないぐらいに、薄くふんわりと乗せるのが重要!笑ったときに一番高くなる位置に乗せます。濃すぎるチークに、嫌悪感を抱く男性は多いようですよ。おすすめは、春のトレンドのオレンジチーク!内側から染まったようなニュアンスで、ナチュラルな血色感をプラスしましょう。

リップ

 (664259)

リップは、ナチュラルながらもしっかり血色感を演出できるものを選ぶのがポイント!
不自然な濃すぎるリップは絶対NGです。
コーラルピンクやローズピンクカラーがおすすめ♪

やっぱりモテる!ナチュラルメイク!

顔のコンプレックスがある人こそ、盛りすぎたメイクをしてしまいがち。
でも男性からの好印象を得てモテるなら、やっぱりナチュラルメイクですよ!
普段バッチリメイクの方は、ナチュラルメイクでギャップを狙ってみるのもアリです♪
気になる男性がいるあなた!一度ナチュラルメイクを取り入れてみてはいかがですか?
2018年3月1日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

それ言っちゃうの?男性に言われてカチンとくる一言。

男性は態度で。女性は言葉で。「好きだよ」の一言がないと不安になる女性。男性は言わなくてもわかるだろう、という節はありますよね。言って欲しいけど言ってくれない言葉。反対に、言わなくてもいい一言を言いがちな面もあります。そんな、普段言って欲しいことは言わないくせに言わなくていいことを言う、カチンとくる一言。ありますよね?

「平成最後の夏」、なにする?

今まで何もしてこなかった夏も、”平成最後” なら何かできるはず。(地味に新元号めっちゃ楽しみ)

美容は情報戦!お金をかけずに綺麗になる!節約プチプラ美容術

日々新しいコスメや美容アイテムが発売されているけれど、使える美容代には限りがあるもの…節約しながら毎日続けていける美容術やプチプラ活用方法をご紹介します。

あなたはどっち?!「あざと可愛い女」と「あざといだけの女」の違いって?!あざといのに憎めない最強モテ子になるには!

男女共にモテる最強女子「あざと可愛い女」と、ただただウザい「あざといだけの女」の決定的な違いって?

こんな「ぶりっこ」周りにいない?モテを意識しすぎた故のやりすぎ3大ぶりっこ

いつの時代になっても滅びることない、生命力の塊「ぶりっこ」。あなたの周りにもいませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム