王道モテメイクの「ナチュラルメイク」!でもそのメイク、勘違いしてない?正しいナチュラルメイクパターンとは?!

モテメイクの定番、ナチュラルメイク!でもその概念を勘違いしている方も多いのではないでしょうか?ナチュラルメイクはすっぴんに近い時短メイクではなく、作りすぎていない印象の自然で美しい仕上がりのメイクのこと!今回は、定番のナチュラルモテメイクパターンをパーツ別にご紹介します♪

そのメイク、やりすぎてない?

新しいコスメを買ったときや特別な日などは、気合を入れてメイクしますよね。
特にデートのときなんかはできるだけ可愛くみせたくて、丁寧に時間をかけてメイクするという方もおられるのではないでしょうか。
でもそのメイク、やりすぎていませんか?!

不自然に見える盛りすぎメイクは、男性からの印象が良くないことが多いんです!
男性ウケを狙うなら、断然!ナチュラルメイク!
そこで今回は、「結局こういうメイクをしている女性がモテる?!ナチュラルメイクパターン」についてです♪

定番のナチュラルメイクパターン

 (664545)

ナチュラルメイクを、すっぴんに近いメイクだと思っている方もおられるのではないでしょうか?
実はそうではないんです!ナチュラルメイクとは、作りすぎている印象のない自然な仕上がりのメイクのこと。
ナチュラルメイクと聞くと、メイクの工程が少なく時短にもなる印象ですが、もしかしたら普段のメイクより時間がかかるかもしれません!
では早速パーツごとに見ていきましょう♪

肌は、厚塗り感のないツヤのある肌を演出しましょう♪
ナチュラルメイクと聞くと、あまりベースメイクを塗らない印象ですが、それは大きな間違い!
ニキビ跡やシミ、クマは、しっかり隠しましょう。下地、コンシーラー、リキッドファンデーションで、肌の悩みをしっかり隠しながらも、厚塗り感が出ないように注意してください!素肌が綺麗なように見せるのがポイントです。
下地とコンシーラーを塗ってから、クッションファンデなどで仕上げてもいいかもしれませんよ♪

アイメイク

 (664257)

アイシャドウ、アイライン、マスカラはブラウン系の落ち着いたカラーを使用し、色味を引き算するのがポイントです!
アイシャドウは、ベージュやブラウン、ゴールドなどの濡れ感のあるものを選び、少しの影をプラスする程度に。アイラインはきつくならないよう、ブラウンかダークブラウンのものを選びましょう♪目尻だけに引いても◎です。全て、濃く付けすぎるのはNGですよ!あくまでもナチュラルに仕上げて♡

チーク

チークは、ついているかついていないか分からないぐらいに、薄くふんわりと乗せるのが重要!笑ったときに一番高くなる位置に乗せます。濃すぎるチークに、嫌悪感を抱く男性は多いようですよ。おすすめは、春のトレンドのオレンジチーク!内側から染まったようなニュアンスで、ナチュラルな血色感をプラスしましょう。

リップ

 (664259)

リップは、ナチュラルながらもしっかり血色感を演出できるものを選ぶのがポイント!
不自然な濃すぎるリップは絶対NGです。
コーラルピンクやローズピンクカラーがおすすめ♪

やっぱりモテる!ナチュラルメイク!

顔のコンプレックスがある人こそ、盛りすぎたメイクをしてしまいがち。
でも男性からの好印象を得てモテるなら、やっぱりナチュラルメイクですよ!
普段バッチリメイクの方は、ナチュラルメイクでギャップを狙ってみるのもアリです♪
気になる男性がいるあなた!一度ナチュラルメイクを取り入れてみてはいかがですか?
2018年3月1日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム