ファンシーで独特なマジョリ画で魔法の似顔絵作成!コスメのギフトボックスをコーディネート♡

化粧品ブランド「MAJOLIKA MAJORCA(マジョリカマジョルカ)」とイラストレーター宇野亞喜良氏によるコラボレーションで”かわいいを引き出す、魔法の似顔絵”を作れる似顔絵メーカー♡宇野氏のアンニュイで美しい世界観の絵に迫ります♪

マジョリカマジョルカ × 宇野亞喜良=マジョリ画

相手の似顔絵をパーソナライズ化できるギフトサービス「マジョリ画」。

SNSやLINEなどのプロフィール画像にする人が急増しているということでいま注目されている「マジョリ画」!その絵柄が女子にはたまらないファンシーで可愛い、どこかアンニュイでミステリアスな雰囲気を醸し出しており、話題になっています♡スマートフォンでもパソコンからでも作成できます!

MAJOLICA MOJORCA × 宇野亜喜良 「マジョリ画」メイキング|資生堂

日本の最も有名なイラストレーター・グラフィックデザイナーの一人。
Aquiraxの愛称で知られる宇野亞喜良氏の作画は、さまざまな世代を越えて人気を誇っています。宇野さんの絵に登場する女の子たちの、流行よりも自分の世界観を持った様な、どこかアンニュイでセクシー。危なっかしいような雰囲気がファンを魅了しつづけています。

マジョリ画によって素敵なAquiraxの世界観に自分も入り込んだ様な気持ちになれちゃいますね♡

Aquiraxのユニークで独創的なバリエーション☆

最初に顔の輪郭や髪型、目・眉・唇のかたちなど・・・絵のベースとなる部分のカスタマイズをしていきます!ショート、ミディアム、ロング、パーマなどなど、髪型のバリエーションも豊富ですが、素敵なのがライオンや花びら、猫ちゃんなどファンタジカルな髪型も!いつもの自分を再現するのも良し、理想の自分やまた違った自分を思い描いてみるのも良いですよね♪
ベースが決まると、魔法をかけて・・・カラーリング!
EDITを押すと好みのメイクやネイルに変更できちゃうんです!

世界にひとつのマジョリ画ギフトを贈ろう♡

マジョリ画のメイクで使用した化粧品をもとに実際に作る事が出来るオリジナルギフトセット♡このギフトセットと一緒にマジョリ画を贈ることが出来ます♪
友達に似合いそうなメイクをマジョリ画でデザインして、プレゼントをコーディネート!そのままギフトに出来ちゃうなんて便利♡

ふたりでマジョリ画も♡

仲良しの友達とマジョリ画で遊んじゃいましょう♡
おもいっきりシンプルに♪
実は男性も髪型や目の工夫で作れます!カップルで作るのもいいですよね♡

おわりに

なりたい自分をイメージしてマジョリ画を作り、それをもとにして普段使う化粧品を選んでみてもいいかもしれませんね♪何回でも作り直せるので、たくさん作って楽しんでくださいね♪
2016年8月2日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたはゲットした?数量限定!【宇野亞喜良×マジョマジョ】マスカラ一本の価格で今ならコラボポーチが付いてくる♡

マジョリカマジョルカといえばマスカラが有名ですよね♡リーズナブルな値段と値段以上の優秀さで、長年圧倒的な人気を誇っています。10月末より数量限定発売されている宇野亞喜良さんとのコラボ「マスカラプレミアムセット」の人気が凄いことになっています。「マジョリカマジョルカラッシュエキスパンダーロングロングロング」一本の価格でコラボポーチまで付いてくるお得なセット♡数量限定なので早めにチェックしましょう!

今思い出すと恥ずかしい、、、けど懐かしい!コスメオタク達のコスメヒストリー♡

あなたの初めての「お化粧」は、いつでしたか?今になると、なんであんなメイクをしていたんだろう?と思うことや、一世を風靡したコスメなど、編集部が思い出に残っているコスメのヒストリーをご紹介します。

《ドン・キホーテ限定》マジョリカ マジョルカ「ポアバスター」が大人気!メイク前のひとぬりがメイク崩れを集中補正◎気になる実力をレビュー

大人気コスメブランド「マジョリカ マジョルカ」から、2018年5月21日(月)よりドン・キホーテにて限定発売されている「ポアバスター」。今回はSNSでも大好評の"メイクくずれグセ補正エッセンス"をFORTUNE編集部がレビューします。メイク前のひとぬりで、気になる毛穴・テカリを解消できちゃうかも⁉︎

2018夏コスメ★マジョリカマジョルカ新作「アミュレットヴェール」やシャドウ新色などAmazonにて予約販売中!

マジョリカマジョルカの新作コスメがAmazonで予約販売中です!“かわいい肌”が叶う新「アミュレットヴェール」や、新「フォルムリメイカー」•「シャドーカスタマイズ」新色•「ラッシュエキスパンダー ロングロングロング」限定色をチェックします♪

この記事のキーワード

この記事のライター

macra macra