CANMAKEから“透けマット”のリキッドアイシャドウ「キャンメイク クラシックマットアイズ」が12/1発売!

キャンメイクから、12/1発売になる“透けマット”のリキッドアイシャドウ『キャンメイク クラシックマットアイズ』。トレンドのブラウンカラー全3色「No.01/シナモンラテ」「No.02/ストロベリーテラコッタ」「No.03/ミスティフランボワーズ」を色比較してご紹介します。

キャンメイクの新作アイシャドウが12/1登場!

かわいい・リーズナブル・高品質なアイテムが揃う大人気のコスメブランドCANMAKE(キャンメイク)から12月1日に新作のアイシャドウが登場します!

キャンメイク クラシックマットアイズ<3色>

キャンメイク クラシックマットアイズ<3色>

しっとり濡れたように上品にツヤめくグロスシャドウ『ウィンクグロウアイズ』が大人気ですよね。

今回の新作アイシャドウもキャンメイクお馴染みの、チューブタイプのリキッドシャドウ。そして、待望のマットタイプで登場します。

ピタっと高密着でこれ1本で下地いらずの「透けマット」なリキッドアイシャドウ『キャンメイク クラシックマットアイズ』。

ラメ・パールなどはなく、フェイスカラーとしても使用できます!

カラーをチェック!

キャンメイク クラシックマットアイズ<3色>

No.01/シナモンラテ(写真左)
ピンクみのある柔らかミルクブラウン

No.02/ストロベリーテラコッタ(写真中)
赤みのある甘めテラコッタブラウン

No.03/ミスティフランボワーズ(写真右)
ピンクなのに可愛すぎない、大人なくすみローズ

<キャンメイク クラシックマットアイズスウォッチ>

上のスウォッチ写真も上からNo1〜3の順番になっています。

塗りたては、テクスチャーがとても滑らかで艶やかに見えますが、少し待つとすぐに肌に馴染むマットな質感に変化します。

重ね付けすることで色が濃くも調整でき、透け感のあるマットメイクもグラデーションメイクも、簡単に楽しむことが出来ますよ。


<使用方法>
(1)チューブから米粒程度を指にとります。滑らかなテクスチャーで強く押しすぎると出過ぎてしまうので注意してくださいね。発色が良いので少量で十分です!

(2)目尻のキワから塗布して広げていきます。指でポンポンして肌と馴染ませるようにするのがポイントです。

(3)1度塗りでも綺麗ですが、単色グラデーションにする場合は、濃くしたい部分に重ねていきます。

No.01/シナモンラテ

ピンクみのある柔らかミルクブラウンカラーの「No.01/シナモンラテ」
温かみのあるブラウンカラーなので薄づきにして、透け感マットメイクを楽しむのはもちろん、アイシャドウのベースカラーとして使用するのもオススメです。

<キャンメイク クラシックマットアイズ No.01/シナモンラテ>

No.02/ストロベリーテラコッタ

<キャンメイク クラシックマットアイズ No.02/ストロベリーテラコッタ>

赤みのある甘めテラコッタブラウンの「No.02/ストロベリーテラコッタ」
人気のテラコッタカラーですが、少し取り入れるのが難しいですよね。キャンメイクの クラシックマットアイズなら、女の子らしい印象でトレンドをプラスできますよ。

No.03/ミスティフランボワーズ

<キャンメイク クラシックマットアイズ No.03/ミスティフランボワーズ>

ピンクなのに可愛すぎない、大人なくすみローズの「No.03/ミスティフランボワーズ」
発色の良いピンクカラーですが、深みのある落ち着いた色合いなので大人な印象に。赤み系のアイシャドウは目が腫れぼったく見えると避けがちですが、このミスティフランボワーズは瞳を際立たせてくれるのでそんな心配もありません。

<キャンメイク クラシックマットアイズ>

また、写真から伝わっているでしょうか?この「キャンメイク クラシックマットアイズ」はリキッドならではの高密着処方でよれにくく、二重の溝にたまりにくい!!今まで、リキッドアイシャドウを避けていたという方にもぜひ一度試してほしい1本です◎

また、水・汗・皮脂に強くなっています。

ベースカラーに「No.01/シナモンラテ」、二重幅に「No.02/ストロベリーテラコッタ」を重ねて、下まぶたに「No.03/ミスティフランボワーズ」と合わせて使用するのも可愛いですよ!

フェイスカラーにも使える!

また、今回の「キャンメイク クラシックマットアイズ」はマットなのでリップ以外のフェイスカラーにも使用することができます。

<キャンメイク クラシックマットアイズ No.03/ミスティフランボワーズ>

今回は、No.03/ミスティフランボワーズをチークカラーとして使用してみました。リキッドタイプですが、仕上がりはとてもサラッとしてくれるので、アイメイクと合わせてチークとして使用するのも可愛いですよ!

<フェイスカラー使用方法>
(1)使う部分に合わせて量を調節して指にとりましょう。発色がいいので少しずつ調整しながら使用するようにしてくださいね。
(2)使う部分の中央もしくは、一番濃くしたい部分から塗布したら、すばやくポンポンしながら広げていきます。

No.01/シナモンラテは、チークの下地として普段のチークのニュアンスチェンジに使用したり、お肌の色によってはシェーディングとしても使用できますよ。

No.02/ストロベリーテラコッタとNo.03/ミスティフランボワーズはチークカラーやチークのニュアンスチェンジに使用するのがオススメです。

美容保湿成分配合

「キャンメイク クラシックマットアイズ」には、スクワラン・オリーブ果実油・ホホバ種子油・マカデミア種子油・カニナバラ果実油などの美容保湿成分配合。

また、エタノールフリー・鉱物油フリー・紫外線吸収剤フリー・無香料とお肌にも安心なのも嬉しいですね。

“透けマット”なトレンドブラウンを手に入れよう!

<キャンメイク クラシックマットアイズ>

キャンメイクから、12/1発売になる“透けマット”のリキッドアイシャドウ「キャンメイク クラシックマットアイズ」をご紹介しました。

パッケージの見た目もチェックにリボンとキュートで、サイズ感も小さめなので持ち運びにも便利!これから旅行などお出かけも増える時期には最適です。

540円(税込)とプチプラなので、3色買いして合わせて使用するのもオススメですよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

商品情報

◆CANMAKE(キャンメイク)
クラシックマットアイズ

内容量: 7.5g
価格 :540円(税込)

カラー全3色
【01】シナモンラテ
【02】ストロベリーテラコッタ
【03】ミスティフランボワーズ
ふぉーちゅん編集部・竹内
この記事を書いた人は
FORTUNE編集部
竹内
2018年11月30日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

CANMAKE(キャンメイク)人気アイテムをセットにした「35thコフレ」が5月下旬〜限定発売!ケーキのようなかわいいBOXに入って登場♡

今年35周年を迎えたCANMAKE(キャンメイク)から、日頃の感謝の気持ちを込めたアニバーサリー限定コフレBOX「35thコフレ」が、2020年5月下旬より発売となります。ここでしか手に入らないスペシャル限定パッケージの「シルキースフレアイズ」や、とろけるような生レアルージュ「メルティールミナスルージュ」、ロングセラー商品「クイックラッシュカーラー」が、がケーキのようなかわいいBOXにIN。今回は、CANMAKE(キャンメイク)「35thコフレ」の内容を、FORTUNE編集部がいち早くご紹介します。

1/1発売!CANMAKE(キャンメイク)の大人気アイシャドウパレット「パーフェクトマルチアイズ」に限定色“ロマンスベージュ”が登場♡

黄味と青味でつくる深みあるブラウンカラーが絶妙!CANMAKE(キャンメイク)の大人気アイシャドウパレット「パーフェクトマルチアイズ」に限定色“06 ロマンスベージュ”が2020年1月1日登場。

《2020春 限定発売》CANMAKE(キャンメイク)シークレットビューティーパウダー「オイルブロックタイプ」が5/1〜限定発売!テカリ抑え、24hツヤサラ美素肌

CANMAKE(キャンメイク)の大人気フェイスパウダー「シークレットビューティーパウダー」より、皮膚やベタつきを抑える「オイルブロックタイプ」が2020年5月1日(金)から限定発売!オイルブロック機能を備え、24h使える、テカリ知らずのナチュラル美肌になれるフェイスパウダーを、レビューしていきます。

CANMAKE(キャンメイク)4/10発売!パープルの儚げラメが輝く「ジュエリーシャドウベール」の 新色No.05 と新色コンシーラーをレビュー

かわいいに出会えるコスメブランド『CANMAKE(キャンメイク)』から、4月10日に「ジュエリーシャドウベール」の 新色『No.05 ドリーミーパープル』が登場!同日発売の「カラーミキシングコンシーラー 」新色『No.03 オレンジベージュ』と合わせてご紹介します。

キャンメイク4/1発売!新作「クイックラッシュカーラー ロングマスカラ」と「ジューシーピュアアイズ」新色をレビュー

キャンメイクから、大人気のマスカラ下地の機能はそのままに、ロングマスカラとして進化した『クイックラッシュカーラー ロングマスカラ』全2色、愛されまぶたを叶える3色アイシャドウパレット『ジューシーピュアアイズ』の新色1色が、2020年4月1日(水) 新発売となります。今回は、この3つを使用した春にぴったりのアイメイクをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE FORTUNE