UZU(ウズ)2021新作《アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック》全国展開へ!

株式会社フローフシの「UZU(ウズ)」から、2020/2021年の新作コスメ情報が到着!昨年秋から一部店舗にて限定販売されていた『EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック)』が、2021年1月10日(日)より全国発売されます。2020年12月14日(月)〜PLAZAにて先行発売中です。特別な7つの黒が、目元に“究極のカラフル”を宿すアイライナーです。

《UZU(ウズ)》限定アイライナーの全国発売が決定!

フローフシ/UZU(ウズ) 2021新作コスメ「EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック)」

株式会社フローフシが展開する「UZU(ウズ)」が、世界9ヶ国のオンラインストアとUZU伊勢丹新宿店他一部の店舗限定で販売していた『EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック)』が、遂に全国展開!
2021年1月10日(日)より全国発売されます。
また、全国発売に先駆け、2020年12月14日(月)より全国のPLAZAでは先行発売中です。

“あなたが UZUと一緒に創りたいアイライナーは?”
そんなテーマをもとに、世界中のユーザーとの交流から2019年9月に生まれた『ウズ アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック』。
数多く寄せられた意見の中で最も多かったのは、やはりアイライナーの王道「黒」でした。

その中には、100通り以上の個性豊かなカラー・テクスチャーのアイディアがあり、UZU(ウズ)は黒が秘めた様々な魅力に着目。
すべての人の理想が融合して辿り着いたのは、驚くほど多彩な可能性を持つ、特別な7つの黒の世界です。

ウズ アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック

フローフシ/UZU(ウズ) 2021新作コスメ「EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック)」

パッケージデザインは、人間工学に基づき、持ちやすさを追求した8角形フォルムを採用。
インクは、デリケートな目元に色素沈着しない、革新の染料フリーです。
ぬるま湯での簡単オフを叶えてくれます。

WP Film™

高温多湿でも、オイリーな肌質でも、水・湿気・皮脂に強く、世界中のすべての人が満足できるよう、新たな原料を用いて再開発された「WP Film™」。
日本の先端テクノロジーを駆使した「WP Film™」によって、どんな環境でも、落とすまでにじみ知らずな美しいラインをキープしてくれます。

フェルトby 大和匠筆™

フローフシ/UZU(ウズ) 2021新作コスメ「EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック)」

筆づくりの産地・熊野×奈良で活躍する、たった7人の伝統的な職人の手揉みから生まれる「大和匠筆™」は、UZU(ウズ)のアイライナーには欠かせません。
『ウズ アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック』では、4種の毛が黄金比率でブレンドされた仕上がりはそのままに、素材をさらに見直し、筆のコシ&しなりをアップ。
メイクテクニックがなくても、未体験の描き心地と仕上がりが体感できます。

今回、“特別な7つの黒”をより豊かに表現するため、そんな「大和匠筆™」の知見を応用し、極細のナイロンファイバーを独自に成形した「フェルトby 大和匠筆™」を新たに採用。
先端技術から生まれた超極細(0.7 デニール)ナイロンが独自の技術で成形されており、しなやかなコシのある、シルクのような描き心地を叶えてくれます。

さらに、それぞれの色の個性に合わせて、筆とフェルトチップを使い分け。
どの色でも、美しさ・描きやすさ・心地よさに一切の妥協を許しません。

カラーバリエーション

アイライナーの王道「黒」が秘める魅力を引き出した、全7色がラインナップです。

フローフシ/UZU(ウズ) 2021新作コスメ「EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック)」

〈PITCH-BLACK(ピッチ ブラック)〉
筆:フェルトタイプ
遠くからでも違いがわかる、新鮮なまでに濃厚な究極の黒。

〈MATTE-BLACK(マット ブラック)〉
筆:フェルトタイプ
光を吸い込み、瞳にインパクトをもたらすマットな黒。

〈METALLIC-BLACK(メタリック ブラック)〉
瞳の輝きを高める影色の黒。

〈PLATINUM-BLACK(プラチナム ブラック)〉
濡れたような光を視線に宿す、透明感のある黒。

〈RED-BLACK(レッド ブラック)〉
筆:フェルトタイプ
ほのかな色香が漂うまなざしを生む、どこか暖かで華やかな黒。

〈NAVY-BLACK(ネイビー ブラック)〉
筆:フェルトタイプ
透き通るクールなまなざしを演出する、青みを帯びた黒。

〈GREEN-BLACK(グリーン ブラック)〉
瞳に深みを、目元に立体感を与える緑のニュアンスをもった黒。

究極のカラフルを体現する、7つの黒

フローフシ/UZU(ウズ) 2021新作コスメ「EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック)」

驚くほど多彩な可能性を秘めた黒が繰り広げる、“究極のカラフル”を体現した『ウズ アイオープニングライナー セブンシェイズ オブ ブラック』。
7つの黒によって、これまで体験したことのないようなアイラインをご堪能ください。

商品情報

株式会社フローフシ
UZU(ウズ)2021年新作コスメ

EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK
(アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック)
種類:全7色
価格:各1,650円(税込)

〈先行発売〉
2020年12月14日(月)
販売場所:全国のPLAZA
〈全国発売〉
2021年1月10日(日)
2020年12月22日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《UZU/ウズ》2021新作コスメ「アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック」を全色比較!

株式会社フローフシの「UZU(ウズ)」から、2021年新作コスメ情報が到着!2021年1月10日(日)より、『EYE OPENING LINER 7 SHADES OF BLACK(アイオープニングライナー セブン シェイズ オブ ブラック)』が全国発売されています。世界中の人々の意見が重なり合い生まれたのは、アイライナーの王道「黒」が魅せる“特別な7つの黒”。黒の中に潜む個性豊かなカラーとテクスチャーが展開されています。今回は、そんな新作カラーライナーをご紹介します!

〈SHIRO/シロ 2021春コスメ〉ブランド初となる『カレンデュラアイライナーリキッド』をレポート

SHIRO(シロ)の2021年春の新作コスメ情報が到着!2021年3月25日(木)より、ブランド初となるリキッドアイライナー『カレンデュラアイライナーリキッド』が発売されます。カラーは全6色展開。毎日メイクで使える定番のブラック・ブラウンの他、生産数量限定で4色のアクセントカラーが登場します。今回は、そんな新作コスメをFORTUNE編集部が詳しくレビュー♡抜け感が心地いい、今使いたい新しくて自由なアイライナーをチェック!

ドルチェ&ガッバーナ 2021春新作《フェリンアイズ アイライナー スティロ》他1品が新発売!

DOLCE & GABBANA BEAUTY(ドルチェ&ガッバーナ ビューティ)の2021年春の新作コスメ『フェリンアイズ アイライナー スティロ』と限定『フェリンアイズ シマートップコート パウダー デュオ』が、2021年2月22日(月)より発売中!ブランドを象徴するレオパード柄を纏い、これまでにない黒い線を実現するアイライナーや、黒いアイラインに重ねるだけでメタリックカラーへと変える革新的なアイライナーが揃います。

WHOMEE/フーミー 2021春新作《コントロールカラーライナー》他2品の新色を全色比較♡

2021年2月22日(月)より全国発売される「WHOMEE(フーミー)」の2021年春の新作コスメから、『フーミー コントロールカラーライナー』『フーミー アイシャドウパレット』『フーミー ロング&カールマスカラ』の新色をピックアップ!気になる全色スウォッチや仕上がり、使用感レビューをお届けします。新たなカラーメイクの世界へ誘い、ワンランク上のメイクアップを叶えてくれる新作アイメイクコスメをチェック♡

アルマーニ ビューティ 2021春《アイ ティント》スモーキーアイをイメージした新色が先行発売中!

GIORGIO ARMANI BEAUTY(ジョルジオ アルマーニ ビューティ)から『アイ ティント』の2021年春新色が、2021年1月29日(金)に発売!1/15〜公式オンラインブティックにて先行発売中です。まるで何も塗布していないかのような軽やかな使用感を叶える『アイ ティント』が2021年春に繰り広げるのは、スモーキーアイをイメージした4色。あたたかな春に印象的なアイメイクを叶えてくれます。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE PRESS FORTUNE PRESS