十人十色な「美容垢」、信者になっていませんか?

「美容垢」というワード、今や知らない女子はいないであろう。でもその界隈の情報、ぜーーーんぶ信じちゃってる人いませんか?喝!!!

常に動くSNS

今の時代、SNSはいつも活発で、Twitterでは毎日違うツイートがバズり、インスタには昨日や今日の出来事を綴った人気投稿が日替わりで現れます。

そしてその中でも去年あたりから革命を起こしている「美容垢」。プラスアルファな美容法や優秀なコスメ情報が書かれた投稿を日々欠かさずチェックしている人は多いはずです。

様々なアイテムが溢れ返るこの時代、新しく発売されるものもそうですが、本当にいいもの、広告だけでは知ることのできない商品の本質、効果、それによるリアルな結果などが簡単に知識として手に入れることができるので、美容垢は大切な情報源です。私も重宝しています。

だけど、全てを鵜呑みにしている人、多くないですか?
それ、本当に正しいです??

日常の中にSNSが備わっていて、様々な情報が頭の中で交差しながら生活しているSNS人間の私は、こう思うことって多々あって・・そんな一意見を綴ります。

偉大なる「美容垢」

 (668809)

化粧水や美容液などの基礎化粧品や、ファンデーション、リップなどのメイクアップ商品、ブラシなどのツール、女の子を形成するものってたくさんありすぎて、どれが何で何がどういいのか、わかれへん。なんて不安は付き物ですよね。

でも、お店行くのちょっとめんどくさい。電車乗らないといけないし。混んでる。しんどい。

それにデパコスになると(人によるとは思いますが)とにかくタッチアップ面倒くさい。賢い買い物をするのにタッチアップは欠かせないものですが、欲しい気持ちのまま欲しい。そんでもってコミュ障のせいで、BAさんと微妙な雰囲気になるのも嫌。(経験上)

色んなBAさんがいます、そりゃ仏みたいな優しいBAさんもいますが、とにかく話が噛み合わない。気まずい時間の中死んでいく私の心とBAさんの目。その環境はできるだけ避けたい。心折れちゃうから。しょぼん。

ソースは美容垢♡

こういう気持ちの女って結構いると思うんです。そんなめんどくさがりコミュ障貪欲女の救世主でもあるのが「美容垢」!!!色んな状況や感情を全て避けることができ、なおかつ手間も省くことが出来る。

ていうか、普通に楽。しかも情報がなによりも早い。上記の理由なんかなくてもこの時代に利用するのはインターネット。ありがとう、SNS。ありがとう、美容垢の諸君。

そして何百RT、何千RTと伸びたコスメの紹介ツイート、何千いいねが押されたスウォッチのインスタ投稿は、やっぱり自然と目がいきます。

「この化粧水で白くなった!!ニキビも激減!!」
「このリップ石原さとみになれる!!」
「このファンデぜんぜん乾燥しない!!」etc...

その人が使ってみて感じた素直な口コミは、同じ悩みや理想像を持っている人の他に、その商品が気になっていた人や商品を知らなかった人たちの心にダイレクトに響くんですよね。しかもみんな商品の魅力を文で伝えるのが上手すぎる。上手い人は写真もプロ級。確実にみんな広告業やったほうが良い。CMやれ。

で、もちろん「え、まじで?????そんなん絶対買いますけど何か?????」な人々は増加します。だって簡単に肌が白くなったり、石原さとみになれちゃうかもしれないんですもん。プチプラで陶器肌になれたり、なかった透明感が爆誕したり、しちゃうんですもん。

最近革命を起こしたもので例を挙げれば、みなさんご存知「無印良品の導入液」。売り切れている店舗が続出で、本当にみんな買ってますよね。あれすごかった。口コミは回りに回って芸能人にも伝っちゃうほど。

話題になるものはテレビでも紹介されちゃったりして、ココシラとかで軽部さんにすごいね!って言われちゃうんです。SNSの勢い恐るべし。宗教染みている。

実際どうなの?

でも、みんなが効果を実感したかっていうと、そうじゃないんですよね。導入液に限らず、基礎化粧品からメイクアップアイテムまで、色んな商品の口コミなんかを見てると、劇的に変化を実感した人もいれば、まあまあかなって人も。合わなくて荒れてしまった、なんて人もいて、本当に人それぞれ。

効果がなくて怒っている人の口コミを見ると、鵜吞みにしてしまう君がわるいのだよ・・と思う。

またその逆も然り、「これは荒れてしまった!石原さとみにもなれなかった!ダメな商品だ!!」と嘆きその投稿が拡散されていたりすると、余計なお世話かもしれないけど、いや違うんだよと突っ込みたくなります。その人の独断と偏見で「ダメな商品」と批判するのはとんだお門違いで、その商品自体がなんだか可哀相だなあ、と。

あとその商品を愛用してる側からすると、は?黙れ?しゃべんな?という気持ちでいっぱいになる。よね。わかる。

取捨選択、大事!

使ってみた感想は個人の主観でしか伝えられないのが人間ですが、それを聞いてそのまま鵜呑みにしてしまうのはよくないことなんですよね。

インターネットが発達したおかげで役に立つ知識を簡単に知れる機会も多くなりました。でもその溢れ返った情報が色んな形で私たちを囲んで、時に騙し、洗脳させていくんです。

そんな時に必要なのが「取捨選択」で、自分に合っているのか、正しい情報かなどを理解した上で、必要なものは取り入れ、不要なものには目を向けない判断を自分できちんとしなければいけないと思います。

伝え方も大事にしたいですよね。

・・

なにこれ教科書か?

とにかく様々な情報が蔓延るこの時代をすべて信じて判断してはダメなのです。

気になるものがあれば、口コミは隅々まで見て、基礎化粧品なら成分を調べたり、コスメなら実物を見たりタッチアップしに行きましょう。めんどいけど。

まぁ結局信じるのも信じないのも自分が決めることですが、人それぞれ肌質や目、鼻、口のかたち、全て違います。その人は石原さとみになれたかもしれませんが、唇の皮質も形もそれぞれなんで・・・(察し)

ごちゃごちゃ言いましたが、自分に合うものも必ずあります。十人十色を理解して、女の子の特権である「美容垢ライフ」、楽しみましょう。
2018年3月9日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム