コスメにも使用期限がある!?守らないと肌トラブルを引き起こす《コスメ別》使用期限目安って?

コスメにも使用期限があるのをご存知ですか?その使用期限を守らないと、肌トラブルに繋がることも...!使用期限が切れているコスメは、思い切って断捨離することも大切です。

コスメにも使用期限があるのをご存知ですか?
使う頻度が低いコスメや減りが遅いコスメはまだまだ使えそうですし、長い間手元にあっても捨てるのはなかなか難しいですよね。
今回はコスメ別使用期限と本当に使うと危険な劣化のサインをご紹介!

コスメの使用期限って?

ほとんどのコスメには、使用期限が表記されていません。
一般的にコスメの使用期限の目安は未開封のもので3年、開封後のものは半年と言われています。
外資系ブランドのコスメには使用期限が表記されていることもあるので、確認してみてください。

開封後の使用期限がかなり短くなるのは、食品と同じでコスメが空気に触れることによって「酸化」していまうため。
酸化は雑菌の繁殖を導きます。
毎日肌に付けるコスメで雑菌を肌に塗っていると考えると、とても恐ろしい...!
酸化して劣化したコスメを使うと、肌荒れや炎症を起こしてしまうこともあるんです。

そんな肌トラブルを引き起こさないために、コスメ別に使用期限をチェックしていきましょう。

アイメイク

 (688130)

・マスカラ、リキッドアイライナー→3ヶ月以内。
目に入ってしまう危険もあるコスメなので、雑菌にも特に注意が必要です!

・ペンシルアイライナー→1年以内。
ずっと同じ筆を使うリキッドアイライナーより期限は長めです。

・アイシャドウ→クリームシャドウは半年以内。パウダーシャドウなら1年以内。
クリームタイプのほうが水分量が多く、酸化しやすいです。

チーク・リップ

 (688132)

・チーク→クリームチークなら半年以内。パウダーチークなら1年以内。
アイシャドウと同じく、クリームチークのほうが水分量が多く、酸化しやすいです。しかしファンデーションの上から付けることと、ベースメイクとは違い頬にのみ付けることから、そんなに神経質にならなくてもいいかもしれません!

・リップ→半年以内。
食べ物や唾液が付いている上からリップを塗ることによって、雑菌が繁殖しやすいコスメです。また唇は皮が薄い部分なので、荒れも起こしやすいんです!使い方にも注意してくださいね。

ベースメイク

 (688134)

・リキッドファンデーション・化粧下地→半年以内。

・パウダーファンデーション→1年以内。

・日焼け止め→半年以内。

ファンデーションは水分量の多いリキッド状のほうが酸化しやすいため、使用期限は短くなります。素肌に塗るものもあるので、使用期限を守らないと肌にかなりの悪影響を与えることも...!?ワンシーズンを目安に使い切るのがおすすめです!

スキンケアアイテム

 (688135)

・化粧水、乳液、美容液、クリーム、クレンジング、洗顔→半年以内。
肌に直接使用するだけでなく、浸透させるものもあるので、酸化や劣化したコスメを使うのはとても危険!肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性が高いんです!1つのアイテムを使い始めたら途中で他のものを使い始めないなど、期間内に使い切れるような工夫をするといいかもしれませんね。

使うと危険な劣化のサインは!?

・分離
使う前に振るタイプを除き、リキッドタイプのコスメが分離していたら腐敗の合図かも!?
白い浮遊物がある場合も使用を中止したほうがいいでしょう!

・変なにおい
買った時と違うにおいがしたら要注意!鼻にツンとくるにおいがしたり、異臭がする場合は使うのをやめましょう!

・変色
明らかな色の変化があった場合は腐敗している可能性があります!カラーコスメの色の変化だけでなく、ベースメイクコスメのくすみや、スキンケアコスメのにごりなどにも注意して!

思い切って断捨離するのも大切!

 (689111)

気に入っているコスメや手に入れるのが困難だったコスメは、捨てるのが難しいもの。
でもそのまま使っていると、肌荒れや炎症など、辛い肌トラブルを引き起こしてしまうかも!?
使用期限にも気を付けてメイクを楽しんでみてください。
どうしても捨てられないコスメは、インテリアとして使うものありですよ♪
2018年4月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

避けて通れない!初めてのお泊まりや同棲を始めるカップルの「スッピンどうする問題」

スッピンに自信ありますか?彼氏が出来た時、どうしても避けては通れない「初めてスッピンを見せるときどうしよう」問題。どうしてもスッピンを見せるのに抵抗がある乙女心をなんとかすべく、スッピン問題の対処法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム