《欧米では「タラコ唇」がセクシー!? 「涙袋」は理解されない!?》日本人がビックリする欧米のメイク方法「ポイントメイク編」

日本では美人の象徴として、涙袋を作るメイク方法が紹介されたり涙袋用のコスメが発売されていますが、実は欧米では理解されないメイクって知ってました?日本ではあまり好まれない「タラコ唇」が欧米ではセクシーだと人気って本当?国が変われば「美」の定義も全然違う!? 日本人が驚く欧米のメイク方法「ポイントメイク編」をご紹介します。

日本と欧米ではメイクのポイントが全然違う!?

ファンデーションやシェーディング&ハイライト、チークなどの「ベースメイク」の日本人のメイク方法と欧米でのメイク方法の違いをご紹介した【ベースメイク編】。

日本ではコンシーラーで隠してしまう「そばかす」は、欧米ではチャームポイントとして「そばかすメイク」として描いたり、日本人は目立たないようにメイクする「頬骨」も、欧米では美人の象徴としてメイクであえて強調させたり…
日本と欧米ではメイク方法も大きく異なり、日本人にはビックリするようなメイク方法もあるのです。

そんな【ベースメイク編】に続いて、今回はリップや目元などの【ポイントメイク編】をご紹介します。

日本と欧米のメイクの違い:眉毛

並行眉やアーチ眉などが現在の日本のトレンド眉。
最近はやや太めの眉毛が人気ですが、髪の毛の色と合わせて浮かないよう、あまり強く主張しない程度にふんわりと描く方が多いですよね。
そして、地毛を生かしながら目頭から眉尻にかけて濃くするグラデーションが一般的な日本人の眉毛です。

それに対して、欧米ではしっかりとした眉毛を描きます。
はっきりと眉毛のアウトラインを描いてくっきりとした眉毛を作り、地毛の流れをあまり気にせずに眉尻のアーチも主張した形が主流。
また、金髪の方でも眉毛は濃いめのブラウンカラーにしたりと、とにかく眉毛の存在感を強く出すメイク方法です。

日本と欧米のメイクの違い:アイメイク

パッチリとした目が好まれ、マスカラなどでまつ毛のロング&ボリュームを作るのは日本も欧米も同じ。
でもやっぱり、アイメイクも日本と欧米で大きく違うポイントがあります。

まずはアイライン。
日本人は目のキワに沿って細目のラインで引いてナチュラルに大きめの目を作るのに対し、欧米ではしっかりと引いているのがわかるぐらい太目にラインを入れます。
目尻の跳ね上げも、目のラインをあまり気にせずに大胆に引く人も多いです。
日本人のように目を大きく見せるという役割だけでなく、アイラインというひとつのアートを目元に施し、それ自体をしっかりと見せるメイク方法ですね。

また、アイシャドウも違いがあります。
日本人は、ベースカラーに馴染む薄目のカラーをアイホール全体に入れ、目のキワや目尻には濃いめのカラーを入れグラデーションを作りながらアイシャドウを入れるのが一般的ですよね。
また、カラーリングもベージュやブラウンなどの落ち着いたカラーや、ピンクやオレンジ、水色といった淡いカラーを好んで使います。
欧米では、濃いカラーをアイホール全体にしっかりと入れます。
彫りが深い目元の陰影を際立たせながらも、その陰影に負けないぐらい主張するようなカラーを好む方が多いので、日本人はあまり使わないパキッとした原色系のシャドウも人気です。

そして、日本人のアイメイクには欠かせない涙袋メイクですが、欧米ではあまり理解されません。
目元が腫れていて疲れている印象に見えたり、目元がたるんで老けたように見られてしまうようです。

日本と欧米のメイクの違い:リップ

ぽってりとした唇のブームもありましたが、アヒル口や富士山唇など、特に上唇は薄目な口が人気の日本。
自身のリップラインをベースに、口紅とグロスで仕上げるという人がほとんどですよね。

欧米では、とにかく唇は厚いことが美人とされています。
唇が薄いことがコンプレックスという人が多く、コップや空き瓶を吸引して唇を厚くする方法が流行し問題になったこともあるほど。
日本人からはタラコ唇といわれるほど、ボッテリとして厚ければ厚い唇ほどセクシーと人気なようで、元のリップラインを大きく超えるぐらいにリップメイクをします。

また、メイク方法ではありませんが、日本人では人気の「八重歯」ですが、欧米ではドラキュラや魔女、狼男などの象徴として嫌われ、歯列矯正で治すことが多いようです。
逆に日本では好まれていない「すきっ歯」は、セクシーで幸運を呼び込む印として人気だそうです。
国が変わると、美意識が全く違ってビックリしますね。

日本はカワイイ、欧米はセクシーがメイクのポイント

 (658383)

いかがでしたか?
日本人は全体的にはカワイイ印象に仕上げるメイク、欧米では個性を主張しつつセクシーに仕上げることが、メイク方法でも重要視されていて、眉毛、アイメイク、リップメイクといったポイントメイクでも主張する点が全然違って驚きますね。

でも、骨格や肌の色などが違うのに無理に欧米風のメイクをするよりも、日本人にあった日本人らしいメイクをすることが、欧米では人気です。
日本人でもマネできるところは取り入れながら、自分に合ったメイクを研究してみてくださいね。
2018年2月21日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

囲み目メイクが再びトレンドに!古い囲み目メイクに見せないためのポイントって?

以前流行した囲み目メイクが、再びトレンドとなりつつあります。しかし、以前流行した囲み目メイクを覚えている人の場合、それをそのまま実践してしまうと古い囲み目メイクになってしまうことも。そうならないための、新しい囲み目メイクのポイントをご紹介します。

パンダ目防止法!アイメイクを崩れにくくする方法とオススメコスメを紹介♡

アイメイクは、メイクの中でも一番気合の入る部分なのではないでしょうか。でも、気合を入れれば入れるほど崩れやすくなり、逆に汚くなっちゃいますよね。今回はそんなお悩みを解決しちゃいます☆

KATE(ケイト)のスモーキーラウンドアイズでヌケ感のある"ラウンドアイ"が簡単に作れる?!

濃淡2色でスモーキーグラデに、中間に色を重ねてアイホールを強調するシェードカラーとまぶたの中央のハイライトでヌケ感を演出するライティングカラーで丸みを帯びた立体感をプラスしてくれるアイシャドウ『スモーキーラウンドアイズ』。今回は、オススメのメイク方法とオススメカラーをご紹介します!

多すぎるトレンド情報、結局どれが正しいの??これだけは押さえておきたい《2018夏のトレンド》をピックアップ♡

だんだん高くなる気温と、肌を刺すような日差し。夏の到来を感じさせられますね。皆さんはもう夏を迎える準備ができていますか?この時期チェックしておきたいのが2018年夏のトレンド。しかし、各メディアから様々なトレンド情報が流れてくるので、どれを実践すべきか判断が難しいですよね。今回は様々な《2018夏のトレンド》の中でも、特に注目したいポイントを独自にピックアップ!是非参考にしてみてください♡

汗ばむ季節は「化粧崩れ」に要注意!これから気をつけたい夏メイクあるある

暖かい陽気に気分も高まる今日この頃。アウトドアやフェスなど、屋外で過ごすことも増えてきたのではないでしょうか?そんな胸躍る季節ですが、油断してはならないのが「化粧崩れ」。汗や皮脂によって、せっかくキレイに仕上げたメイクもいつの間にかドロドロに・・・。そんなことがないよう、今のうちにしっかり対策を立てておきましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム