整形メイク、良く言えば「ギャップ萌え」?メイクで顔変わりすぎ女子事件簿

あなたのメイク、やりすぎじゃない?顔の骨格まで変わってる!と思わせる程の大変身に、周りはびっくりしちゃうかも。整形レベルのメイクから、気持ちは分かるけど…と言いたくなるような圧化粧まで。元の顔と変わりすぎているメイク、現実にも結構いるみたい!

メイクは、本来の自分をより美しくするための大切なツール。
パーティシーンを始めオフィスメイクまで、適材適所のメイクはマナーとまで言われています。
フルメイク、ナチュラルメイクとメイクアップの度合いはTPOによって違うことはありますが、多くの女性はお出かけの際、何かしらメイクを施しているといっても過言ではありません。

メイクの常識化に比例して増えたのは、メイクアップ方法の多様化。
オルチャン、おフェロなどの定番メイクをはじめ、クリスマスメイクやバレンタインメイクなど季節的なメイクも様々なメディアで紹介されています。

メイクひとつでもはや別人になっている人、見たことない?

 (644896)

そんな中、常に進化し続けているのが、整形メイク!
ぱっちり二重瞼だけでなく、カラコンで黒目も大きく!切開メイクで瞳そのものの大きさもかさまし!!
海外の美容家よろしくシェーディングも使いこなして、骨格だって変えられる現在のメイク。

自分を綺麗に見せるメイクを極めすぎて、元のお顔とかけ離れている…!
あなた、誰?
なんてレベルで変身してしまっている女性もちらほら。
今回は、見事に化けすぎた漫画のようなメイクビフォーアフターを紹介していきます。

整形級メイク!お前がナンバーワンだ…

 (644899)

今日は学生時代からの親友とショッピング♪
久しぶりの再会にワクワクしながら待ち合わせに向かうと…
ほんのわずかに原型を残したバリバリ完璧フェイスの友が!

目は切開したのかというほどぱっちり&涙袋たぷたぷ&ふさふさまつ毛。
輪郭や鼻筋もシェーディングを塗りたくったのであろう、外タレのような肌質に。
似非ナチュラル系タイプの場合は、物凄い透明感意識の白い肌のパターンもあるので、よーく見てみよう!

美容系Youtuberが良くやっている「整形メイク」「半顔メイク」を実際に見ているかのような変身っぷりにビックリ!
という経験をした人も少なくないみたい。

スッピンはあっさり系の模様

ばっちりなお顔立ちに変身している人ほど、スッピンは、アラあっさり。
実際とのギャップもあって見ていて余計にそう錯覚してしまっている場合もありますが…。

とはいえ、なにも整形メイクは悪いことではありません。
一見スッピン風に見せかけた巧妙なメイクアップもあり、周りへの不快指数はそこまで高くない模様。

フォーマルな場での派手メイクや、重ねすぎてメイクが崩れだした途端地獄絵図に…というレベルでない限り、整形メイクはむしろその研究努力は見習うべきところでもあります。

ホントにいたのか!スッピン美人の厚化粧

 (644900)

美人と名高い同僚と、オフで会うことに。
でも現れたのは、厚化粧で本人の魅力を全て塗りつぶしてしまったまっ濃いお顔が。
素朴な中にも綺麗な素肌、整ったお顔立ちがとても素敵なのに…

カラーにカラーを重ね、厚塗りで大いに化けるにしても、どうしてそうなった?
彼氏できない~って、もしかしてデートの時そのメイクだからでは。

こちらも周りへの不快感というよりは、余りにも残念なメイクについついお節介な自分が顔を出してしまいそう。
いや、みるみる本来の美しさを取り戻す様を見れるのは楽しいかも?
薄付きメイクを意識してみることをそれとなく伝えてあげたいですね。

普段のメイクで心がけたい、やりすぎない可愛さ

本来の自分よりももっともっと可愛くなりたい!
メイクはそんな女性の願望を叶えてくれる素敵なツールです。
でも、やりすぎは周りを混乱させちゃうかも…。

持って生まれた自分の良さを最大限に引き出すように、ほどよく楽しめるのが一番のメイク上手さんかもしれません。
2018年1月31日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム