どうしてこうなった…?こんなはずじゃなかったメイク・コスメの理想と現実あるある

女性の皆さん、新しい化粧品を買うときってなんだかウキウキしませんか?新しいコスメを買うと、いつもはめちゃくちゃ面倒な朝のメイクの時間も不思議と楽しくなるものですよね。ですが、きっと誰もが感じたことがあるであろう、メイク&コスメに関する理想と現実あるあるをまとめてみました。

憧れの芸能人の愛用コスメ、これを使えばあの人になれるはずだったのに。

 (862320)

最近では多くの芸能人がSNSのアカウントを開設していて、ファンとの距離が近くなり、ファンも気軽に憧れの芸能人に質問をしたりできる時代になりました。
女性の芸能人の方なんかがよくファンからの質問に応えて自分の愛用コスメやスキンケア方法を紹介している投稿もよく見かけますよね。
また、雑誌などでもよく自分の愛用コスメを使ったメイク方法を紹介していたりします。

憧れの芸能人の顔に少しでも近づきたくて、その記事を見て早速同じコスメを買いに行くわけですが、
おかしい。同じコスメを使って同じようにメイクしているはずなのに、憧れのあの人の顔とは程遠い…。
と悲しい気持ちになってしまうのは、女性なら一度は経験したことのある理想と現実あるあるではないでしょうか。

鏡に映っているのは誰なの…自分の鏡ではイケてたはずなのに。

 (862319)

朝、メイクが完成した時点ではまぁまぁ可愛く仕上がっていたはずなのに、何故。
外の鏡やガラスにふと映る自分は朝自分が鏡でチェックしたはずの自分とは別人、誰やねんこの不細工状態なんですよね…。

他人が撮ってくれた写真も同じように、自分の鏡で見ていた自分とは明らかに別人の不細工なのは何故なのでしょうか。

今ではスマホの修正アプリが当たり前のように普及しているので、スマホで撮った写真であればいくらでも修正がきく分、カメラで写真を撮られるのは抵抗を感じる女子が増えているようです…。

可愛いコスメ、並べて選んで日替わりでメイクを楽しんでいるはずだったのに。

 (862477)

季節ごとに可愛い新色がたくさん発売されるコスメたち。

パッケージが可愛いコスメも最近ではとても多くて、化粧品売り場に行くとついつい衝動買いしてしまいがちですよね。
新色が発売される時期になると、この色も可愛い、この色も可愛い!と色違いで複数買ってしまうという人も多いのではないでしょうか?

買うときは、毎日の気分によってメイクをチェンジしてこの色はあの色の服を着たときに…などと妄想を膨らますのですが、現実は1番無難な色のコスメを使ったいつも通りのメイクがしっくりきてしまい結局あの時買ったコスメは二、三度使ったか使わないかでメイクボックスの奥底に…という経験ありませんか?

そんな経験を経て一度は衝動買いを反省したはずなのに、次のシーズンになるとまた同じ過ちを繰り返してしまいがちなのも理想と現実あるある。

コスメ・メイクの理想と現実あるある。

女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
何事も理想通りにはいかないということですね…。
2019年3月26日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女性がお金をかけるほど男性からは印象ダウン?!男性が正直嫌いな女性のオシャレとは!?

メイクにネイルにファッションに、ヘアアレンジもショートからロングまで幅があるし、あ〜!女に生まれてよかった!(ブ◯ゾンちえみ口調)そんな女心とは裏腹に、男性が内心よく思っていない女性のオシャレとは一体なんなのでしょうか??

女子は荷物が多いもの…!旅行の荷物をコンパクトにするためのパッキング術

すっかり暑い日が続くようになってきましたね。みなさん冷房はもう解禁しましたか?これから夏に向けて、旅行の計画をたて始めている人も多いのではないでしょうか。なにかと荷物が多くなりがちなあなたに是非実践してほしい軽量術です。

男性が思う「あ、この子性格悪そう…」と感じるポイント5選

男は女の性格を見抜けないものだと言いますが、そんな鈍感な男性でも「あ、この子性格悪そう」と感じるポイントがあるみたい。言葉遣い、メイクやファッション、立ち振る舞い、仕草…。あくまで「悪そう」と感じる印象の話ですが、どうせなら好印象を持たれたいですよね。

巷に流れるモテテクとは都市伝説だった?!モテテクを試した女子の失敗談

巷に溢れるモテるためのテクニック。モテたい!好かれたい!と強く思うばかりに、わざとらしいモテテクがついつい裏目に出てしまうことも…。今思えば恥ずかしいモテテク失敗談とは。

実録!男性が思う「女子の家にあった嫌なもの」とは!?

女性はムダ毛なんてないもの、女性は良い匂いがするもの、女性は料理が上手なもの、女性の部屋は綺麗なもの、女性のウエストは58cm……など男性は女性に対して勝手な幻想を抱いているものですが、男性が女性の家にいったときに「これはないな」と感じたあるものとは。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム