《「若々しく」見られたいのに「若作り」してませんか?》痛いアラサー、勘違いオバサンになってしまう「若作り」とは?

いつまでも「若々しく」見られる女性って憧れますよね。でも一歩間違えれば「若作り」になってしまいます。その違いは一体なんなのでしょうか?「若作り」に見られるメイク、「痛い」ファッションをしていないですか?痛いアラサー、勘違いオバサンにならないようにするには?

痛いアラサー、勘違いオバサンにならないために

女性なら、いつまでも若く見られたい!と思うもの。
アラサーになっても若く見られるよう、努力しているという人は多いでしょう。
でも、「若々しい」と思われるのはうれしいけど、「若作り」と思われるとショックですよね。
その違いは一体何?

痛いアラサー、勘違いオバサンにならないために!
「若作り」に見られてしまうアレコレをご紹介します。

「若々しい」と「若作り」の違い:メイク

いつまでも20代前半に見られたい!と思って、10~20代の子に流行っているメイク方法をしていませんか?
または、自分が若かったころのメイク方法と変わっていない、という人はいませんか?
どちらも絶対NG!それは「若々しい」ではなく「若作り」です!

バサバサまつ毛やラメラメのシャドウ、派手色リップにぷっくり涙袋、細すぎる眉毛…
メイクでパッと見だけを若く見せても、そのハリボテはすぐに見破られてしまいます。
10~20代に流行るメイクは、10~20代の子に似合うメイクなのです。
いくら20歳前半に見られたくても、あなたはアラサーなのだということを受け止めましょう。

本当に若く見られたいのであれば、無理をしないこと!
無理をしているメイクは浮いて見えるので、とにかく「痛い」!
流行はきちんと把握して、その中から今の自分、今の年齢に合ったメイク方法に変えていくことが大事です。

そして一番重要なのは、表面だけでなく土台からキチンと整えること。
シミやたるみ、シワだらけの顔にいくら華やかなメイクをしても、年齢は一目でバレてしまいます。
スキンケアの行き届いた整ったお肌は、何よりも「若々しく」見られるポイントです。
自分の悩みにあったスキンケアアイテムを選び、しっかりとお手入れをしてあげましょう。

また、顔はしっかりとスキンケアをしている人でも忘れがちなのが、首と手。
そのふたつは一番年齢が出ると言われている場所でもあります。
つまり首と手が綺麗な人=「若々しい」人なのです。
面倒臭がらずに手をかけてあげれば、その分結果は帰ってきますよ。

「若々しい」と「若作り」の違い:ファッション

ファッションも「若々しい」と「若作り」の分かれ目です。
ミニスカやピンクばかりの服は、やはり若い子だけに許されるファッション。
男性ウケを狙って着ているつもりが、男性からは冷ややかな目で見られているかもしれません。

また、かわいらしいモチーフやフリルがついた服も要注意!
ワンポイントや上品なフリルであれば問題ありませんが、ゴテゴテしたデザインになってしまうと、やはりアラサーには似合いません。

そして、服装だけではなく、スタイルもとっても大事!
見た目は細くても、年齢とともに重力に負けていろんなところがたるんできます。
特に背中や腰回りはどうしても肉付きがよくなってしまうので、若いころと体重が変わっていないからといって油断は厳禁です!
若いころとは体の内面も変わってきているので、適度な運動とバランスの良い食事を心がけなければいけないですね。
体のラインが出てしまうタイトな服もやはり若い子向けの服装なので、全身をタイトな服でキメてしまうのは「若作り」になってしまいますよ。

また、カバンや靴、小物なども年齢に合わせたものをチョイスしましょう。
いつまでも持ち物が若い子向けのブランド、キラキラグッズやキャラクターアイテムばかりというのは「痛い人」です。
でも好きなものはそんなに簡単に変わらないもの。
主張するようなキャラクターグッズや、全てのアイテムをキラキラ小物でまとめてしまうのは子供っぽいですが、キャラクターがワンポイントで入っているようなさりげないアイテムにして、持つ数も絞ってみましょう。
「大人なのにかわいい面もあるんだな」と思われて、逆に好印象に映ることもありますよ。

後ろ姿は若いのに、前から見ると意外とオバサンでビックリ!なんて人、街によくいますよね。
服装ばかりが悪目立ちするファッションではなく、トータルバランスが整っていることが大事です。
「若作り」「残念」な人にならないように、いろんな角度からファッションチェックをしましょう。

「若々しい」と「若作り」の違い:髪の毛

明るすぎる髪色にしていませんか?
ぐるぐる巻いた髪型ではありませんか?
そんなキャバ嬢のようなヘアスタイルが似合うのは20代前半まで。

ツインテールや位置が高すぎるポニーテールもNG!
大きなモチーフが付いたアクセサリーやカチューシャもNG!
アラサーには、どちらも「かわいい」ではなく「痛い」と思われてしまいますよ。

年齢に合わせた落ち着いた髪色と髪型を探しましょう。
美容院に行けば年代に合わせたヘアカタログがありますし、美容師さんに相談してみればきっと今のあなたに似合う、年齢に合わせたヘアスタイルを提案してくれるはずですよ。

そして、髪の毛は意外と年齢の出る部分なので、ヘアケアも忘れずに!
コシがありツヤやかな髪は、顔や全体の印象も若々しく見せてくれますよ。

「若々しい」と「若作り」の違い:言動

「若々しい」と「若作り」の違いの違いは、単純な外見だけの話ではありません。
年相応の言動を心がけなければ、「若作り」だけでなく、大人なのに「だらしがない」「常識がない」と思われてしまいます。

一番目立つのは話し方。
若者言葉を使いすぎたり、語尾を伸ばすような話し方は、アラサーならば控えた方がよいでしょう。
完全なプライベートの場であれば大目に見られても、仕事の場面、特に社外の方と接する場合には悪い印象になってしまう場合もあります。
落ち着いた話し方、大人としての言葉選びをキチンとしている人は、素敵な女性に見えるだけでなく、信頼できる印象を持たれるので、仕事面でもきっといい結果に繋がりますよ。

そして姿勢や歩き方も大事です。
電車でスカートなのに大股を開いて座っていたりする人を見ると、だらしなくて悪目立ちしていますよね。
逆に、街で背筋がピシッとした歩き方の綺麗な人を見ると、ついつい目で追いかけてしまった経験ありませんか?
顔やファッションだけでなく、姿勢も人を判断する大きな要因になるのです。

「若々しい」は1日にしてならず!

 (659641)

「若々しさ」は表面的なものではなく、内面からもにじみ出てくるもの。
外見だけを取り繕っただけでは、「若作り」に見えてしまいます。
若く見えるために「必死」になるのではなく、「自然」と若く見えることが「若々しさ」なのです。

そう、「若々しさ」は1日にしてならず!
単純な若さだけで輝いていた頃とは違い、これまでの経験を生かして内面から美しくなることが、若い人にも負けない魅力を引き出してくれるのです。
いつまでも「若々しく」見られるために、日々の努力を惜しまずに素敵なアラサーライフを送りましょう!
2018年2月22日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「あぁ、歳とったんだなぁ…」アラサー、アラフォー世代がおばさんになったと感じる瞬間

自分が10代の頃、20代・30代の自分ってもっと綺麗で外見も内面もスマートな大人になっているイメージだったけど、いざ自分がなってみると「あれ?こんなはずじゃ…」中身はまだまだ年齢に追いついていなくても、外見や身体の至る所に悲しいかな、年齢は付きまとうものなのです…。

「あーっ!もう!(怒)」女子達が感じてるメイク中のストレスがたまる瞬間とは!?

女性の身だしなみであるメイク。楽しくもあり、面倒でもある、そんなメイク中に起こる様々なトラブル。女性たちは日々ストレスと戦いながらメイクしているのです。きっとあなたも思いあたる節があるはず…。

こまめに鏡チェックを怠るべからず…。他人が指摘しにくい顔面トラブル

あなたは1日何回鏡で自分の顔をチェックしますか?稀に他人からは指摘しづらい、自分では気付かないうっかりトラブルがあったりすることもあるのです。お肌やまつ毛、リップなど……鏡チェックはこまめに行いましょう…!

どこまで許せる!?最近増えているメンズメイク、果たして女子の許容範囲は…。

“ジェンダーレス男子”、“ネオイケメン”と呼ばれる、性別の壁を超えて女性よりも女性らしい美しさ、体型を保つ男性をテレビや雑誌で見かけることが多くなり、ここ最近一般的にも男性の女性化が進んでいるそうです。あなたなら、自分の彼のメイク、どこまで許せますか…??

あなたは大丈夫?マットリップのはずがただの《ガザガザ・縦じわ》おブスリップ

この時期になるとやりたくなるのがマットリップ!簡単に女性らしくセクシーな唇になれる人気のメイクです。ですが、一歩間違えると乾燥したただのおブスリップに。クリスマスが来る前に、おブスリップを卒業して美人リップになる方法を今回はお教えします♡

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム