【これが残念女子】言ってあげたい!気になるあの子の残念メイクあるある

「あの人メイクで損してる・・」そんな人、街中で見かけたことはありませんか?もしくはそんな友人が身近にいるという方は、意外と多いのではないでしょうか。今回は、よく見る「残念メイク女子」を紹介していきます。

リップがオーバーしすぎ女子

 (628213)

今メイク好き女子の中で流行っている「オーバーリップ」。元の唇よりも1,2ミリほどオーバーにリップを塗り、セクシーな分厚いリップを手に入れられるメイクです。

石原さとみやアンジェリーナジョリーの全てとは言わない、せめて、せめて唇だけでも取り替えたい!という女性も多く、唇がセクシーな女子に魅力を感じる男性もやはり少なくないはず。
そしてそれを意識しすぎた結果、誕生するのが「唇オバケ」になります。

「口紅はみ出てるよ」「口大きいね!」赤いリップを塗った日には「バブリー」なんてことも言われそうな唇をしている女子、結構います!

遠目や写真で見ると自然な唇も、実物を見れば違和感しかない気がするんですよね。外に出かける前に唇を突き出した自撮りを一発かました後、今日は石原さとみ意識♡とSNSにアップし、食事で消えたらこまめに直す。色々めんどくさそう。

顔の陰影つけすぎ女子

 (628214)

海外セレブや海外アーティスト、外国人男性にやたらの憧れを持っている女子にありがちなのが「シェーディングやりすぎ女子」です。顔に陰影をつけ、立体的に見せるためのフェイスメイクである「シェーディング」、海外の方々のはっきりした顔立ちによく映える!

一方アジア人の皆様、やりすぎると歌舞伎役者になります。

特に多いのはノーズシャドウやりすぎてる人。鋭利なしゅっとした鼻のはずが鬼奴状態になっているアレです。でも低い鼻を高く見せたいというのはよくわかるし、薄すぎる顔をどうにかしたいのもとってもよくわかります。ついついやりすぎちゃいますよね。
あと周りの人はそれちょっと歌舞伎だよって注意して欲しい。

つけまつげ取れがち女子

 (628215)

まつ毛エクステやまつ毛パーマが世界中に普及した時代ですが、つけまつ毛を付けている方もまだまだいますよね。何度も使えるしお金もかからない、様々なデザインを好きなように選べてツケマ最高!!!って方、周りにもいますが、よく目元押さえていませんか。

風が強く吹く日、髪のボサボサに加えてまつ毛もファサファサ動いている人。つけまのりも家に忘れ、友人と喋る時、お店に入る時、いつでもどこでも目元を気にして取れないように押さえている人、純粋に可哀相。その辺の薬局でつけまのり買って渡してあげたい。かゆそうなので・・。

涙袋なめくじ女子

 (628216)

涙袋って大事なんです!涙袋があるだけで、顔の印象って全然違うんですよね。丸目やたれ目が強調されて、可愛らしい顔になれるんです。芸能人を見てみてください。ドラマに出ているあの可愛い女優さん、バラエティに出ているあのタレントさん、雑誌の表紙になっているあのモデルさんまで。割と多いんですよ、涙袋ある人。

さて一般人の皆さんですが、本物の涙袋と思うくらいメイクで自然に作る方もいます。ですが平らな目の下に不自然な線を引き、なめくじばりの白い色を塗って「やっぱ涙袋作ると盛れる(笑)」と言って何十枚と自撮っている人も数知れず。引いた線が滲んで、クマみたいになって体調悪い人もよくいますね。

これも加減が大事。がっつり書けばいいってもんじゃないです。目の筋トレなんかもあるので、それやりましょう。

そのメイク、変!

女をダメにする残念メイク。身近にそんな子がいたら、それ変だよ!もっと良いメイクがあるよ!って教えてあげてください。どうか。可哀相だからお願いします。
2018年1月9日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《「若々しく」見られたいのに「若作り」してませんか?》痛いアラサー、勘違いオバサンになってしまう「若作り」とは?

いつまでも「若々しく」見られる女性って憧れますよね。でも一歩間違えれば「若作り」になってしまいます。その違いは一体なんなのでしょうか?「若作り」に見られるメイク、「痛い」ファッションをしていないですか?痛いアラサー、勘違いオバサンにならないようにするには?

《欧米では「タラコ唇」がセクシー!? 「涙袋」は理解されない!?》日本人がビックリする欧米のメイク方法「ポイントメイク編」

日本では美人の象徴として、涙袋を作るメイク方法が紹介されたり涙袋用のコスメが発売されていますが、実は欧米では理解されないメイクって知ってました?日本ではあまり好まれない「タラコ唇」が欧米ではセクシーだと人気って本当?国が変われば「美」の定義も全然違う!? 日本人が驚く欧米のメイク方法「ポイントメイク編」をご紹介します。

美人の秘訣は「メイク前後のアレコレ」♡日頃のケアに加えたい“ひと手間”とは?

メイクもファッションも気合いを入れて頑張っているけど、なかなか代わり映えしないというあなた。「これ以上何を頑張ったら良いんだろう」と悩んではいませんか?今回はそんなあなた提案したい「メイク前後のアレコレ」をご紹介。美人への道のりはちょっとした“ひと手間”にあったんです!

女性目線では可愛い!でも男性には理解できない!?知っておきたい男性NGメイクって?

女性からみたら可愛いメイクでも、男性からはその可愛さが理解できないメイクがあるようです...!下まぶたに赤いカラーを入れた「うさぎ目メイク」や「赤リップ」、「ブラウンリップ」などなど...。デートでオシャレにみせるためにメイクを頑張っても、理解されないのは悲しいですよね。今回はそんな時のために、男性からは良さがわからない!?メイクについてご紹介します!

時短メイクといいつつただの手抜き。ズボラ女子の適当美容あるある

毎朝ばっちりメイクして、毎晩ていねいなスキンケアとマッサージ♡なんて実際やってられない!メイク落としすらままならない、そんなズボラ女子の生態をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム