男はドン引き!?勘違いしがちなモテメイクにご注意!

MAXまで濃くした眉やラメラメすぎるリップ。自分では「かわいい!」と思っているメイクも、男性からするとドン引き…なんてことがあるかも。女友達とパリピ~なんて日はいいと思うけれど、大切なデートの日や合コン街コンでモテたい時は少し個性を抑えていきましょう。

濃すぎ盛りすぎ!そのモテメイク、ドン引きされてない?

 (630752)

メイクの系統も多様化している今日この頃、お気に入りのメイクが誰しもあるはず。
女たるもの美にこだわる姿勢は決して間違いではありません。気になる男性の前となるとなおさら気合も入る入る!…ですが


そのメイク、本当にモテてる?


気合を入れすぎてばっさばっさのマツエクしてませんか?
オルチャン意識し過ぎて塗りたくり顔面蒼白ゴリゴリ太眉オッケーバブリーな事には?
ラメラメグリッターモンスターどこのドラァグクイーンだよ状態なんてことには?

力み過ぎてまるで安い居酒屋の割合を間違えたハイボールのように「飲めたもんじゃない」濃厚メイクになってしまうと、
ただでさえナチュラルメイク好きが多い男性からはドン引きされること間違いなしですよ。

まるでミュージカル、そんな目で見つめないでマジで。

 (630753)

誰もウケ狙いでメイクしてるわけじゃない。
自分が一番美人な状態になりたいから頑張るの。

でも、塗ればいいってもんじゃないというのもまたしかり。

そのマツエク、長すぎません?
合コンで「マッチ棒何本乗せれるの(笑)」なんて言われた日にはネタ要員一直線ですので、サロンに行く際は今一度よく考えてみましょう。

ダブルライン、要る?
くっきり二重は憧れますが、それはあくまで女性の憧れ。舞台役者の化粧を施したの?ってレベルのばっちりメイクはもはや自己満でしかないかも。
もしデート中、いい雰囲気の時に滲んじゃったらどうするんですか…!
彼はありのままのあなたが好きなはず。

眉毛の濃さにはご注意!
ここ何年か太眉が覇権を握っているため感覚がマヒしがちですが、濃すぎる眉は違和感しかありません。これこそバブリーやないかい!
ライトブラウン辺りのブロウでふんわり仕上げるくらいならまだしも、
果てしなく黒に近い茶でグリグリ塗りたくった濃い眉に清楚系ファッションなんてかました日には……。
女性から見ても「眉の太さと濃さがアンバランスだな」という方はよく見かけますので、こちらは普段から注意しておきたいですね。

ラメが効き過ぎた唇は誰も吸い寄せられない説

 (630754)

星空のように細やかなものから、ホログラムのようなラメが施されたリップは、デパコスプチプラ問わず続々発売されています。
ブルーやパープルのラメグロスも近頃人気ですよね。私も大好きです。
光の当たり具合や角度で見るたびに全く違うニュアンスになって、鏡を見るたびにっこりしちゃいます。

でも、重ねすぎていませんか?塗りすぎていませんか?
さりげなくきらめくぐらいでいいのに、ギラギラに塗っていませんか?
女子会でラメリップをがっつり塗るのもまた一興。インスタ映えにも一役買ってくれますが…
男ウケはあまり良くないみたい。

透明感が出る程度のラメ感ならモテメイクに活用してみてもいいかもしれません。
もはやグリッターでは?というぐらいの大胆なラメはちょっとお休み。

ピンク推しすぎ!差し色程度で入れてあげて…

 (630757)

ピンクは誰しもが思わずキュンときちゃうお色。
じんわりほのかに血色を出す程度のチークを施してほろ酔い演技なんかしてみたり。
ちょっと鼻につくけれど、まぁモテメイクとしては無くはない。

しかし、ピンクマジックに味をしめてピンク縛りのメイクになってしまうのは絶対NG!
アイシャドウもピンク
チークもピンク
リップもピンク
挙句の果てにネイルやお洋服までピンクだと…そういう女の子が好きって方がいると良いですが。
モテにおけるピンクは、さり気なく使われているからこそ丁度いいんです。

上手に使えばピンクは強い味方です。
パーソナルカラーによっても似合うピンクのお色味も違ってくるので、自分のお顔をよく理解してピンクと向き合ってあげてください。
陰で「林〇ぺー・パ〇子」と襲名されないためにも。

男性はやっぱりナチュラルメイクがお好き

 (630759)

「でも、派手なメイクが好きな男子だっているもん!」

確かにいるかもしれません。
しかし、ナチュラルメイク派の男性がやはり多いので、まずは多数派のニーズに応えていった方が賢明です。シャドウのお色を一色減らすだけでいいのですから。
最初から少数派を探すとなるととても大変だと思います。

「メイクを落とした時のギャップがあっていいじゃん!」

ここで勘違いしてはいけないのは、男性はナチュラルではなくナチュラル"風"に幻想を抱いているということ。
シミ一つない絹のような素肌に飾り気のないぱっちりおめめがご所望なのです。

あと、派手メイクをろくに指摘せずおだててくる同性の甘言には絶対に騙されないでください。

男と女の「かわいい」の違いに気付こう!

 (630760)

女性誌の表紙は発色重視のばっちりメイク、男性誌はかなりのナチュラルメイクだ!
という比較がSNSでも話題になっていました。

そりゃあ自分が使うコスメなんだから、発色は良いに越したことはない。
カラーメイクだって、みなさん自分に似合うお色をちゃんと吟味していると思います。
ただ、少し塗り過ぎつけ過ぎ気味…なんてことはないでしょうか。
女友達と遊びに行く日はメイクも多少はハジけてもいいかと思います。
しかし、彼とお出かけの日や、素敵な男性をGETしたい勝負時には、相手が求めるものを考慮してあげましょう。

恋愛は支え合い、想い合うもの。
自分本位でなく、相手に合わせるのが上手い女がモテるのです。結局のところ。
2018年1月11日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

その衝動買いちょっと待った!“可愛さ”だけで選んでない?コスメ選びの失敗あるある

SNSでたくさん「いいね」がもらえるフォトジェニックなコスメたち。可愛い見た目に一目惚れして、思わず衝動買いしてしまったという経験はありませんか?しかし、いざ使用してみると「思っていたのと違う」。今回はそんな「コスメ選びの失敗あるある」をピックアップ。

だめだと言うのは分かってる…!分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー

毎日面倒なメイクや、スキンケア、髪の毛・ネイルのケア。ネットで調べるまでもなく、悪影響なことは分かっているんだけど、ついついやってしまいがちなクセや我慢できないこと、忙しい時や疲れた時にサボってしまうことってありますよね。

『秋バテ』って知ってる?過ごしやすい時期こそしっかりとした美容ケアを◎

『秋バテ』という言葉をご存知ですか?夏が過ぎてやっと過ごしやすくなってきた今『秋バテ』に要注意です!またこの時期はお肌の調子も下降気味に、、、。そんなあなたにぜひチェックして欲しい◎『秋バテ』対策とこの時期の美容法をご紹介致します♡

何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

「あぁ、歳とったんだなぁ…」アラサー、アラフォー世代がおばさんになったと感じる瞬間

自分が10代の頃、20代・30代の自分ってもっと綺麗で外見も内面もスマートな大人になっているイメージだったけど、いざ自分がなってみると「あれ?こんなはずじゃ…」中身はまだまだ年齢に追いついていなくても、外見や身体の至る所に悲しいかな、年齢は付きまとうものなのです…。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム