女性目線では可愛い!でも男性には理解できない!?知っておきたい男性NGメイクって?

女性からみたら可愛いメイクでも、男性からはその可愛さが理解できないメイクがあるようです...!下まぶたに赤いカラーを入れた「うさぎ目メイク」や「赤リップ」、「ブラウンリップ」などなど...。デートでオシャレにみせるためにメイクを頑張っても、理解されないのは悲しいですよね。今回はそんな時のために、男性からは良さがわからない!?メイクについてご紹介します!

自分ウケも女子ウケもばっちり!だけど...

青文字系の雑誌などでたびたび登場する、「うさぎ目メイク」や「赤リップ」。
女性からみたら、取り入れている女子はオシャレで可愛い!という印象を抱きますが、男性からみたらその良さがイマイチわからないことも...!
今回は、そんなメイクについてご紹介します。

あなたが狙うのは自分ウケ?女性ウケ?それとも男性ウケ?

男性NGのメイクって?

うさぎ目メイク

 (655109)

うさぎ目メイクとは、泣いた後のような赤い目元が特徴のメイクのこと。
くりっとした丸い目と潤んだ瞳が、透明感と守ってあげたい感を生み出してくれて可愛い!

一見男子ウケも良さそうですが、「不自然に見える」「殴られた後なの?」「病みメイク?」という意見があり、ウケは良くないようです!

やりすぎうさぎ目メイクは病みメイクと紙一重!
ほどよく赤を入れて、男性がつい守りたくなる女性を目指しましょう♪

赤リップ

 (655110)

オルチャンメイクで韓国好きな女子にも支持されている赤リップ。モード系のメイクや、セクシーな印象を作りたいときには欠かせませんよね!
赤リップが似合う女性ってかっこいい...!

でも男性からすると、「昭和な感じがする」「派手すぎて不自然」「性格がきつそう」「似合う人が少ない」などといった意見が多いようです。

確かに男性にはナチュラルメイクが支持されるので、そこからはかけ離れているのかも。
パキっとした赤リップは唇をかなり強調するので、目鼻立ちがはっきりした人でないとなかなか似合わないのかもしれません...!
自分に合った赤リップのカラーを選んでみてくださいね♪

ブラウンリップ

 (655112)

ブラウンリップと聞くと、濃いブラウンをイメージされる方が多いかと思いますが、赤っぽいブラウンや、チョコレートのようなブラウン、薄いベージュカラーなど、様々な種類があるんです!
ヌーディーな印象や、知的で抜け感のある大人っぽい印象を作りたい方にぴったりのリップです!

でも男性ウケは微妙...!?
濃すぎるブラウンリップは「血色が悪く見える」「ハロウィン?」「顔の中で唇が浮いていて不自然」と思われているかも!!

鏡で色をチェックしながらつけたり、指でぼかしたりして、不自然に見えないブラウンリップを作りましょう♪

やりすぎチークと涙袋

 (655155)

まんまるのピンクチークやぷっくりとした涙袋は、可愛らしい印象のメイクをするときに欠かせませんよね。
でもやりすぎは禁物!街でも、おてもやんのようなチークやナメクジのような涙袋メイクをしている女性をたまに見かけませんか?
不自然に見えるほど濃いチークや協調されすぎた涙袋は、男性ウケが極端に悪いんです!

女性から見たらそんなに不自然に感じなくても、男性から見ると「え、変じゃない?」と感じることもあるようです。
男性ウケを狙うなら、できるだけナチュラルにすることを心がけましょう♪

NGメイクを知ることが重要!

 (657276)

女性目線では可愛くても、男性目線ではNGなメイクって結構あるんです...!
自分ウケと女性ウケを狙うなら、今回ご紹介したメイクもどんどん取り入れて!
メイクは自己満足です♡
でもデートには控えたほうがいいかもしれません...。
シチュエーションに合わせたメイクを楽しんでくださいね♪
2018年2月20日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小顔はメイクと髪型で作れる?!顔デカ女子に試してほしい裏技

スタイル良い女性の共通点って何か知ってますか? 実は、足が長いとか細いとかよりも一番印象を左右させるのが顔の大きさなんです!

「ナチュラルメイク」の認識が男女で全然違う!?ナチュラルメイクの定義を考察

女の「ナチュラルメイク」、ただ手を抜いたメイクなんかじゃないの。

安っぽい女に認定!そのメイクと身だしなみ今すぐやめて!!

遊ぶのににちょうど良い女。女性からみても安っぽい女は確実に格下。そんな安っぽい女にならない為にも、今から紹介する「安っぽい女認定」に引っかかった方は今すぐ改善する事をオススメします。

季節が変わる度に思う「去年、何着てたっけ」問題

毎年思う「去年何着てたかわからない」。学習能力がないとかそういうことじゃない、謎の現象。

“やりすぎ日焼け対策”で不審者になってない?彼にドン引きされないためにも《可愛く日焼け対策》を♡

日に日に強くなっていく日差し。待ちに待った夏が今年もやって来ますね。本格的な夏を迎える前に準備しておきたいのが、“日焼け対策”です。しかし念入りに“日焼け対策”をしすぎて、「不審者!?」という方もよく見かけますよね。せっかくの夏なのにもったいないと思いませんか?大好きな彼にドン引きされないためにも、今年は可愛く日焼け対策を♡

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム