お顔のむくみスッキリ!自宅でマッサージ

朝起きたら顔のむくみがひどい。そんな時のマッサージ方法をご紹介。 小顔になりたい全ての女性へ。 小顔整形などたくさんお金をかける前自宅で簡単マッサージから始めみませんか。むくみがとれるだけで顔がすっきりしますよ。

美顔ローラー

リファ

大人気のリファ。
セルライトやむくみをコロコロするだけで解消できる便利な美顔器です。
ボールとボールの間で脂肪をつまみながらマッサージするのでむくみの解消にとても効果的です。
面倒な指先を使うマッサージやプロの技がなくても簡単に小顔になれますよ。
販売価格 24300円
ローラーは簡単に使えますが使いこなせるかどうかが効果を最大限に発揮できるかどうかにかかわります。
図のように順番や方向を守ってリンパを促します。
1おでこ
2鼻からこめかみへ
3口元からこめかみへ
4耳下からデコルテへ
5 目元から目尻へ
6顎下から口元へ
7デコルテ周り
8 こめかみ周り
9目尻から目元へ

マッサージクリーム

リファ以外にも自宅で簡単にマッサージができます。
マッサージの方法を覚えておくと飲みすぎた日の夜や、休日にマッサージしてむくみを防止したり、小顔マッサージがいつでも出来るようになるので自分のためにもなり、旅行中に友達にしてあげると好評ですよ。
色々な方法がありますが、基本のマッサージ方法だけを覚えておくといつでも役立つのでとても便利ですよ。

マッサージの方法

クリームやオイルをつけてマッサージします。
1おでこや頬のリンパを促します
顎先から耳下まで押し流す×3
小鼻から頬骨の下にかけておし流す×3
目元からまぶたを撫でてこめかみを押す×3
口角を半円書くようにおし流す
鼻の頭サイドをすりあげる×3
まゆの始まりからおでこへ向かって押し上げこめかみまでくるくるおし流す×3

2顔のリンパマッサージをしたあとは首までリンパを流します。
手の平でフェイスラインつつんで耳まで持ちあげる×3
顎から首までおし流す×3
全ての工程は右左両方行う

まとめ

文章にしてみると難しそうに見えますが何回か練習してみて下さい。
コツをつかむと簡単でリンパをしっかり捉えられるようになりますよ。むくみやセルライトもリンパを流すことで解消され小顔効果に繋がります。
マッサージクリームやオイルはクレンジングと合わせた物が多いのでマッサージしたあとは洗顔や基礎化粧品をしっかりして保湿をしてマッサージ完成です。
マッサージはむくみ解消や小顔効果があるだけでなくアロマやフレグランスを香りながらするとリフレッシュ効果もありますよ。
2016年10月16日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ひと吹きするだけで小顔に♡【CHARM TREE】の美容液ミストがすごい!

女の子なら誰でも憧れる小顔。フェイスラインにシュッとひと吹きするだけで、小顔効果が生まれる話題のCHARM TREE(チャームツリー)って知ってる?話題の美容液ミストをご紹介♡

むくみ解消!パンパンな脚の原因ってなんなの?女性必見です!!

これからの季節、汗をかく機会も減り身体を動かすのも億劫でどうしてもむくみやすくなってしまいますよね。 身体を冷やすとむくみやすくなるのは分かっていますが、冬は寒いし冷やすつもりなんてなくても勝手に冷えちゃうんだよ!なんて人も多いんでは? 冷え症の人もむくみやすいのでマッサージをしてむくみゼロの脚を目指してパンパンな脚とおさらばしましょう!

クナイプ 新作《リフレッシュスプレー》5/5〜限定発売中!PC作業が原因の首・肩・腰のコリを癒し、おうち時間の息詰まりがちな心をリフレッシュ

Kneipp(クナイプ)の新カテゴリーアイテム『リフレッシュスプレー』が、2020年5月5日(火)より数量限定で発売されています。おうち時間やリモートワークが増えている今、多くの方々が悩んでいる首・肩・腰のコリをハーブの力によって癒し、ひんやりとした清涼感と心安らぐ香りが心にまでアプローチしてくれます。思いきりスポーツができるようになったら、運動後のマッサージスプレーとしても使用できます。

【セルヴォーク】美しいメリハリ顔を作るなら《インフィニトリー カラー》がマスト!

立体感のある小顔に憧れるなんていう人も多いですよね。そんな素敵な小顔はメイクで作ることができちゃうんです。美しくメリハリのあるメイクを作れるセルヴォークのインフィニトリーカラーについて口コミをご紹介します。

2019年秋新作♡8月1日~限定発売【キャンメイク】の《クリームシェーディング》でメリハリ小顔を手に入れよう

大人気の【キャンメイク】から新しくクリームタイプのシェーディングが2019年8月1日に登場します。パウダータイプのシェーディングは持っていても、クリームタイプは持ってないという方が多いと思うので、ぜひこの機会に挑戦してみて下さいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

ay ay