【ヘアスタイル】ピンクカラーで可愛いモテヘアに☆普通のじゃ満足できないあなたに!

みなさんは美容室に行くときにカラーの色を迷うことありませんか?今期はピンクカラーも大人気!ピンクをいれるだけで可愛らしくなるカラー☆強くみえがちなピンクカラーなんかもありますがピンク+ブラウンなど混ぜたら優しい雰囲気にもなりますよ!是非自分にあうピンクカラーを参考にチェックしてみてください!

■まずはピンクブラウンから♪

まだピンク系に挑戦したことのない方は、優しい雰囲気のでるピンクブラウンから入ってみてはいかがですか?ピンクをいれることで上品さもひきだしてくれますよ♪

カラー(ピンクブラウン)

少しピンク入れるだけでお洒落度もましますね☆

カラー(ピンクブラウン)

可愛い系女子にもピンクブラウンあいますね♪華やかにみえます!

秋らしい雰囲気がいっきにでますね♪ピンクが強めではないので洋服にもあわせやすいです☆

■オススメのピンクグラデーション♪

人と違うピンクにしたいのならピンクグラデーションはオススメ!ピンクグラデーションは透明感のあるガーリーな雰囲気にもなれますよ♪ピンクの色に慣れてきたらためしてもいいと思いますよ!
毛先に濃い目のピンクを入れるだけでピンクブラウンと違うイメージができますよね!毛先だけピンクいれるのも可愛らしい色になりますね♪

ピンク(グラデーション)

ポイント、ポイントでのグラデーションが素敵ですね☆髪をアップにするとわかりやすいですよね!
ボブくらいの長さでもグラデーションは似合いますよ♪

■透明感のある外人風のピンクで☆

憧れる外国人風のカラー!アッシュ系、ラベンダーカラーの色をプラスするだけで外国人風そのままに♪よりかわいくなりますよ!ピンクアッシュで、外国人カラーを紹介したいと思います♪

カラー(ピンク外人風)

こちらはラベンダーとピンクであわせているみたいです!外人風の色合いでカジュアル系の洋服にもにあいそうですよね☆

ピンク(外人風)

くすみ感がお洒落ですよね☆ピンクがつよすぎてないとこがいいですね!

ピンク(外人風)

ピンクの色が派手すぎずアレンジしだいでさらに可愛く☆
全体的にピンクがきいてて可愛らしいですよね☆

■自宅でピンクカラーを楽しもう☆

美容室には行きたいけど、今月は金銭的に余裕がなかったり時間がないときは自宅でピンクカラーに染めちゃいましょう!
自分でカラーをするときには事前準備が必要ですが手順さえおさえていれば誰でも自宅でカラーが染めれますよ!
ヘアカラーする前に・・・。
1、前洗いの必要はないです!(ただし、髪の汚れがひどい場合は事前に洗う必要はあります)
2、パーマをかけた後は一週間は期間をおいてくださいね!
3、目のあらいクシで髪をよくとかしてほつれをのぞき、クシ通りをよくしておいてください!
4、乾いた髪に使用してくださいね!

■まとめ

ピンクのカラー入れるだけでも女の子らしさが一気にでますよね!私もピンクカラーは可愛いのでよくいろんな方のインスタなどで参考にしています!自宅でも簡単にヘアーカラーはできるので自分のお気に入りを見つけてピンクカラーに挑戦してみてくださいね!
2016年10月13日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪もメイクもネイルも…この冬は【モーブピンク】でモテ女子に♡

この冬はモーブピンクが熱い!ヘアにもメイクにもネイルにも全部取り入れやすいモテカラーとして注目度大です。トレンドのクスミ系なのでピンクなのに可愛らしくなりすぎず大人女子にピッタリ。絶妙なカラーで上品さや色っぽさを演出します。そんなこの冬オススメなモーブピンクの取り入れ方を紹介します。

ヘアカラー後の色褪せは「髪色サプリ」で解決!染めたての綺麗なカラーを持続させよう♡

ヘアカラーの後、時間が経つとどうしても色が褪せてきてしまうことに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そんなヘアカラーをきれいなまま保てるアイテムが「髪色サプリ」です。その実力や口コミについてチェックしていきましょう。

ヘアケアしながら塗ってたった5分で染まる!【ラバーズチャーム】の《ティントヘア》で1週間だけオシャレな抜け感カラーを手に入れよう♪

「ちょっとイメチェンをしたい」「オシャレをもっと楽しみたい」という時には、髪色を変えてみるのがおすすめ。今回紹介する【ラバーズチャーム】の《ティントヘア》はお家で気軽に髪色を変えることができるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【クイスクイス】の1週間だけのヘアカラー《デビルズトリック》で特別な自分へ♡たった5分で素手で染めれるセルフカラー!

髪を染めるのは時間もお金もかかるので、カラー選びなど慎重になる方が多いと思います。しかし「たまには思いっきり鮮やかな派手カラーにも挑戦したい」という方も多いはず。そこで今回はそんな方にぴったりのアイテムを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

manapopo manapopo