カネボウの最高級ブランド《SENSAI(センサイ)》日本デビュー!9/4発売のスキンケア「ASシリーズ」からムース状化粧水、乳液、クリームをレビュー

カネボウ化粧品から、欧州を中心に世界中で展開されている最高級コスメブランド『SENSAI(センサイ)』が2019年9月4日(水)ついに日本でも発売開始!シルクのような肌触りを叶えるスキンケア「ASシリーズ」から、ムース状化粧水「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」・乳液「センサイ AS フルイド」・「センサイ AS クリーム」をレビューしました。

カネボウから世界展開中の最高級ブランド『SENSAI(センサイ)』が日本デビュー!

画像:SENSAI(センサイ)スキンケア ASシリーズ

カネボウ化粧品から、欧州を中心に40ヵ国以上展開されている最高級コスメブランド『SENSAI(センサイ)』。
高品質なスキンケアやメイクアップ製品が2019年9月4日(水)、日本でもついにデビュー!

百貨店に『SENSAI(センサイ)』ブランドの世界観を発信するカウンターが登場し、日本をはじめとしたアジアに向けての旗艦店となります。

シルクのような肌に導くスキンケア『SENSAI(センサイ) ASシリーズ』

画像:SENSAI(センサイ)スキンケア ASシリーズ

『SENSAI(センサイ)』は高貴な小石丸シルクの美にインスパイアされた、日本の美意識と科学にもとづくブランド。
小石丸シルクとは、日本原種で高品質の貴重なシルクのこと。通常のシルクよりも繊細なのに強くしなやかで、驚くほどのなめらかさと、内側から発光するような艶を放つ素材です。
『SENSAI(センサイ)』はそんな小石丸シルクのような奥深い美を追求しています。


『SENSAI(センサイ)』の中核となる「ASシリーズ」は、小石丸シルクのようななめらかな感触やしなやかさ、上品な艶めき、キメ細やかでハリのある肌などを徹底的に研究し、先端科学の力で実現してくれるスキンケアシリーズです。

パッケージも小石丸シルクのしなやかな質感や神々しい輝きが表現されています。
立体感のあるドレープ模様や、ホワイト×ゴールドのグラデーションが美しいデザインです。


今回は「ASシリーズ」のムース状化粧水「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」・乳液「センサイ AS フルイド」・「センサイ AS クリーム」の使用感などを詳しくご紹介していきます。

肌が艶めくムース状化粧水「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」

画像:SENSAI「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」

SENSAI「ASシリーズ」の化粧水、「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」は少し変わったムース状。
炭酸泡のローションで、化粧水のみずみずしさと美容液の濃密なうるおいとを併せ持っています。

保湿成分の小石丸シルクエキスやチョウジエキス、シソエキスなどが配合されており、肌をいきいきと艶めかせて、シルクのようにしなやかな肌へと導いてくれるアイテムです。

画像:SENSAI「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」

プッシュすると繭のような弾力のある、濃密でキメ細やかな泡が出てきます!
直径3cmほどを手にとって顔全体になじませて使います。

弾力があるので泡がすぐに崩れず、肌の上でハンドプレスするとなめらかに、溶け込むように広がります。

画像:SENSAI「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」

毛穴よりも小さなマイクロバブルが、心地よく肌(角層)のすみずみまで浸透します。

なじませるとしっとりサラサラとしたシルキィな感触に!
肌にうるおいをしっかり届けて、いきいきと艶めくしなやかなシルクスキンへと導いてくれます。

フローラル・バルサミック・ムスキィの高級感ある香りが、優雅なスキンケアタイムを演出。
仕上がりの質感も、つけている時の心地よさも追求されていることが分かります。

みずみずしく弾むような乳液「センサイ AS フルイド」

画像:SENSAI「センサイ AS フルイド」

「センサイ AS フルイド」はみずみずしく弾むような感触の乳液。
化粧水同様、小石丸シルクエキス配合で、やわらかさとハリを両立し、シルクをまとったような肌に導く乳液です。

画像:SENSAI「センサイ AS フルイド」質感

化粧水のあと、ポンプ5押し程度を手にとり、顔全体になじませて使います。

シアーな艶めきのシルクのような、やわらかいテクスチャー。

画像:SENSAI「センサイ AS フルイド」

肌の上でもよく伸び、なめらかなつけ心地。
みずみずしく豊かなうるおいに満ちて、内側から艶めくようなもっちりとした肌に仕上げてくれます。

軽やかなのに濃密な感触「センサイ AS クリーム」

画像:SENSAI「センサイ AS クリーム」

「センサイ AS クリーム」は軽やかなのに濃密な、吸い付くような密着感のあるクリーム。
小石丸シルクの特徴を肌に再現することを目指して、上質な艶肌に導いてくれるクリームです。

画像:SENSAI「センサイ AS クリーム」質感

軽やかなのにリッチなテクスチャー。

化粧水の後、直径約1cmほどを顔全体に伸ばして使います。
伸ばすと肌に吸い込まれるように浸透。なめらかで手が吸い付くような肌に。

こちらも小石丸シルクエキス配合で、保湿力も高いので、リッチで濃厚な感触を求めている方や乾燥肌の方にもおすすめです。

画像:SENSAI「センサイ AS クリーム」スパチュラ

スパチュラつきなので、衛生的に使えて安心です。

小石丸シルクの奥深い美しさを肌で体感して

画像:SENSAI(センサイ)スキンケア ASシリーズ

繊細でありながら強くしなやか、なめらかで内側から発光したような輝きと艶感。
そんな小石丸シルクのような肌をとことん追求して再現した、SENSAI(センサイ)の最高級スキンケア「ASシリーズ」。
優雅で包み込むような香りもスキンケアを楽しませてくれます。

最高品質のシルクスキンを叶えてくれる『SENSAI AS シリーズ』を、ぜひあなたも体感してみてくださいね。

商品情報

カネボウ化粧品
『SENSAI AS シリーズ』
全3アイテム

「センサイ AS マイクロ ムース トリートメント s」
容量:90mL
価格:18,000円(税抜)

「センサイ AS フルイド」
容量:80mL
価格:18,000円(税抜)

「センサイ AS クリーム」
容量:40mL
価格:18,000円(税抜)


2019年9月4日(水)発売
2019年9月2日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクアレーベル《ホワイトケア》《バウンシングケア》《バランスケア》全9種の高機能化粧水・乳液・クリームが8/21発売!大人の肌悩みを“まるごとケア”

資生堂のアクアレーベル(AQUALABEL)が展開していた、「シミ予防・ハリ・乾燥」のそれぞれにアプローチする3つの高機能スキンケアラインが進化し、2019年8月21日(水)よりリニューアル発売されます。シミ予防の《ホワイトケア》、ハリケアの《バウンシングケア》保湿・肌あれケアの《バランスケア》が展開され、大人女子が抱える肌悩みを化粧水・乳液・クリームの3ステップで“まるごとケア”してくれます。

<キールズ夏祭り>Kiehl's LOVES JAPAN限定エディション!トナー・クリーム・エッセンスが限定パッケージで登場

キールズから、古来より夏の風物詩であり、地域のつながりを築く伝統の「夏祭り」をテーマにした限定パッケージが登場!キールズNO.1人気の3製品「カレンデュラ トナー」「クリーム UFC」「DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス」が盆踊り会場や、浴衣をきた犬など日本らしさあふれるアイコンがちりばめられたパッケージを纏って発売となります。

誕生35周年を迎える<雪肌精>がリブランディング!新シリーズ「クリアウェルネス」誕生

2020年5月で誕生35周年を迎えた、株式会社コーセーを代表するスキンケアブランド『雪肌精』がリニューアル!ブランドロゴの刷新など、全面的なリブランディングを実施すると同時に『雪肌精』の新シリーズとして「雪肌精 クリアウェルネス」(10品目10品種、ノープリントプライス)と同シリーズの限定品(2品目2品種、ノープリントプライス)を2020年9月16日より発売します!今回は、そんな気になる雪肌精の新作を一足お先にお試しレポート。

DHC 新スキンケアシリーズ《ULUMiNISTA(ウルミニスタ)》2/24発売!“肌フローラ”をサポートして忙しくても透明感とツヤが宿る肌に

DHCの新スキンケアシリーズ《DHC ULUMiNIST(ウルミニスタ)》が、2020年2月24日(月)より発売されます。ラインナップは、化粧水・乳液・オールインワンジェルクリーム・日中用クリームの4品です。健やかな肌環境の鍵を握る“肌フローラ”のバランスを整えるため、塗る乳酸菌「潤肌フローラ成分」と美容保湿成分を配合。どんなに忙しくても透明感のあるツヤ肌が続く肌環境に整えてくれます。

《ちふれ2020春夏新作》イオン専売の「美白 リッチ モイスチャーシリーズ」2月下旬新発売!化粧水&乳液で美白とエイジングケアにアプローチ!

プチプラでスキンケアからメイクアップまで優秀なコスメが揃った『ちふれ』から、エイジングケア&美白を目的とした「美白 リッチ モイスチャーシリーズ」が2020年2月下旬新発売!イオングループ専売品の美白化粧水と美白乳液を、ひと足早くレビューしました。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE FORTUNE