SNS映えも抜群【ココスター 】の《リップマスク》でぷるんとキュートな唇を手に入れよう♡

潤いのあるぷるんとした唇は、女性としてとても魅力的ですよね。しかし日頃からケアをしていないと、いつの間にかガサガサ唇になっていることも!そこで今回はそんな方にもおすすめの【ココスター 】の《リップマスク》を紹介します、

ぷるんとキュートな唇になりたい

唇は汗も皮脂もでないので、ダメージを受けやすいパーツです。
年齢も出やすい場所でもあるので、唇ケアは日頃からしっかり行うのが大切。

そこで今回は【ココスター 】の《リップマスク》を紹介。
日頃のケアプラス、集中ケアをすればワンランク上のぷるんとキュートな唇が手に入るので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【ココスター 】の《リップマスク》を紹介

唇のデザインが可愛い【ココスター 】の《リップマスク》。
思わず目を惹く《リップマスク》で、SNSでも評判のアイテム。
唇の集中ケアにぴったりで、ぷるんとしたうるつやリップへと導いてくれます。

ハイドロゲルが唇にピタッと密着してくれるので、使いやすさも◎
唇のキメを整えて潤いやツヤを与えてくれるので、「唇の縦じわが気になる」「かさかさ唇をどうにかしたい」という方にぴったりです。

顔のパックはしても、なかなか唇のパックはしないという方が多いと思うので、ぜひこの機会に試してみて下さいね!

使い方

1、洗顔後に唇とその周りと綺麗に拭きとる
2、付属のスパチュラでリップマスクを取り出し唇に密着させる
3、約10分~15分置く
4、リップマスクを外して、残ったエッセンスを優しく馴染ませる

5~10分でOKなので、忙しい時にも◎
終わった後はべたつきもなく、しっとりとした潤いが続きます。
寝る前にすると次の日のリップメイクのノリも変わるので、デート前などに使うのがおすすめ。
気になるお値段は2500円になります。
種類はレッドとピンクの2種類。
レッドの方はローズの香り付きで、使う度に香りにも癒されます。

ピンクは無香料になるので、香りが苦手という方はこちらがおすすめ。
使い終わった後は小物ケースとしても使うことができるので、リップマスクを使った後も楽しめます。

こちらもおすすめ

ハート型カプセルにエッセンスを閉じ込めたココスターの「プランプリップ カプセルマスク 」。
ナイトパックに、昼はリップグロスとしても使えるお得なアイテムです。

カプサイシンが配合されているので、ぷっくりとしたボリュームのある唇に導いてくれるカプセルマスク。
天然由来のオイルも配合されているので、潤い効果もばっちりです。

使い方は簡単で、ハートのカプセルの先端をちぎって、唇にエッセンスを塗るだけでOK。
唇デザインの入れ物も可愛いので、インスタ映えも抜群です。

唇の集中ケアをはじめよう♪

【ココスター 】の《リップマスク》は、いかがだったでしょうか?

見た目も可愛く、思わず使うのが楽しみになるアイテム。
自分にはもちろんプレゼントなどにもおすすめなので、ぜひ前向きにチェックしてみて下さいね。
2019年8月11日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ココスター】インパクト抜群!《リップマスク》で可愛くぷるぷる唇を作っちゃおう♡

リップをしっかりケアしておきたいという人は多いですよね。ココスターのリップマスクは、密着力が高くたっぷり潤いを与えてくれるアイテムとなっています。インパクト抜群のルックスも素敵なココスターのリップマスクについて口コミをご紹介します。

見た目もかわいい『リップパック』3選♡韓国コスメも。【トリーモニー/チューシー/エチュード】

集中的にリップケアを行いたい時は『リップパック』がおすすめ!このページでは、見た目もかわいいリップパックを3つ厳選してご紹介していきます♡リップクリームやスクラブだけでなく、リップパックを活用してぷるぷるの唇を手に入れてみてはいかがでしょうか。是非最後までご覧ください◎

唇、紫外線でダメージ受けてない?choosyのリップパックが可愛くて実力抜群!

紫外線を受けると、肌はダメージを受けてしまいます。それは、唇でも同じことです。ダメージを受けた唇は、しっかり保湿してケアをしてあげることが重要です。唇をケアするために使える、choosyの可愛いリップパックをご紹介します。

思わず集めたくなる♡ワーナー・ブラザースキャラクターとコラボした【ドド】の《シーツリーアート リップバーム》を紹介

キャラクターとコラボしたコスメは、思わず集めたくなる見逃せないアイテムですよね。今回紹介するのはワーナー・ブラザースキャラクターとコラボした【ドド】の《シーツリーアート リップバーム》。ポップな見た目が可愛いアイテムなので、ぜひお気に入りを探してみて下さい。

実録!映えのためなら子供だって利用してしまうインスタ命な女子の闇とは…。

インスタ映えという言葉が当たり前のように浸透した昨今!飲食店がインスタ映えを狙ったメニューを出していたり、観光地がインスタ映えスポットを作ったり、インスタグラマーという職業もすっかり根付いたくらいに、Instagramによる経済効果は計り知れません…。「いいね」がたくさんつくともちろん嬉しいものですが、そんなInstagramに取り憑かれてしまったばかりに、度を超えたインスタ映えを狙う女子の闇が…。実際にいたインスタ命女子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

さくら ゆうこ さくら ゆうこ