【Dholic】コスメライン『CREE'MARE(クリマレ)』のお店が東京新宿・大阪・名古屋・福岡にオープン?!

韓国ファッションのブランド『DHOLIC』からコスメセレクトショップ『CREE'MARE(クリマレ)』がオープンすることが分かりました!日本未上陸のブランドも登場するということで注目が集まっています!!

大人気の韓国ファッションブランド【DHOLIC(ディーホリック)】

【Dholic】

韓国テイストのファッションがプチプラで手に入ると人気のブランド『DHOLIC(ディーホリック)』

通販からはじまり、レディース、レディース+、メンズなど幅広く取り揃えており
最近ではリアル店舗も人気のブランドです。

韓国ファッションのブランド『DHOLIC』

【Dholic】のコスメライン『CREE'MARE(クリマレ)』

コスメ セレクトショップ

そんな、大人気の『DHOLIC(ディーホリック)』からコスメのセレクトサイトである『CREE'MARE(クリマレ)』がスタートしました!

日本でも人気の韓国のコスメブランドである「エチュードハウス(ETUDE HOUSE)」や「ミシャ(MISSHA)」や
日本では取り扱いの無いブランドなど総勢約50ブランドを扱うコスメサイトになっています。

クレマオリジナルブランド♡VAVI MELLO(バビメロ)

『CREE'MARE(クリマレ)』のオリジナルコスメとして
babydoll(ベビードール)をイメージした可愛いコスメライン「VAVI MELLO(バビメロ)」も発売されています。

VAVI MELLO(バビメロ)

韓国のオルチャンメイクらしい、リップやアイシャドウ、アイラインなどが発売されています。
「マット」「シマー」「グリッター」の全てのテクスチャーが楽しめるバレンタインボックスが発売されているのですが、なんと全12色が1900円というプチプラで手に入るから驚きです♡

『CREE'MARE(クリマレ)』1号店が新宿にオープン!

8月下旬、コスメセレクトショップ『CREE'MARE(クリマレ)』の日本第1号店となるお店が新宿にオープンすることが分かりました!!

東京に続いて9月には「大阪」「名古屋」「福岡」にも順次お店がオープンする予定になっているようです。。
DHOLICオリジナルブランドであるVAVI MELLO(バビメロ)をはじめ日本初上陸のコスメを含め、20ブランド以上取り扱いされるそうです!!

美容大国、韓国のコスメがいち早く試せるというだけあって注目ですね♡オープンが楽しみです!
2017年8月15日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

VAVI MELLO(バビメロ)の《ハートウィンドウリップティント》新色が1/7〜発売中!花にインスパイアされた2種が登場

DHOLIC(ディーホリック)のオリジナルコスメライン「VAVI MELLO(バビメロ)」の人気ティント《ハートウィンドウリップティント》の新色が、2020年1月7日(火)より発売されています。春に咲く“ヒヤシンス”と、長い期間咲き続ける“サルビア”にインスパイアされた2色の新色が、みずみずしい光沢のオイルタイプと儚げなマットのベルベットタイプで登場します。

【2017年】秋冬メイクにも大活躍♡韓国のプチプラコスメ7選

日本でも変わらず人気を集めている韓国コスメ。質が高いコスメをプチプラでGET出来るところも嬉しいですよね♡そこで今回は、今年の秋冬メイクに使える韓国のプチプラコスメをピックアップしてみました◎秋冬のコスメ選びに迷っている方は必見ですよ♡これからの季節に大活躍すること間違いなしです!

【全部2000円以下!】決定版♡絶対ゲットすべき2017年秋新作プチプラリップはこれだ!

2017年秋も、たくさんプチプラリップが発売されて話題になっていますよね♡でもたくさんありすぎてどうすればいいのか分からないというあなたに、2000円以下のプチプラリップの中でもすでに優秀だと話題になっているアイテムを紹介します♡

【全部2000円以下!】決定版♡マストバイな秋新作アイシャドウ紹介します♪

そろそろ今年の秋メイクを決定したいというあなた♡優秀な新作が豊富な秋なので、どれをゲットしようか迷っているという方も多いのではないでしょうか♡そんなあなたのために、2000円以下でゲットできるプチプラ優秀アイテムを紹介していきます♡

【2017秋コスメ】ALL1,000円以下の「新作ティント」5選♡セザンヌ、キャンメイクetc…

様々な質感のリップが大豊作の今季、その中でもやはり気になるのがプチプラでGETできる「ティント」。今回は、この9月から10月にかけて発売となる注目の「新作ティント」をご紹介します。どれも1,000円以下で手に入るので要チェックですよ♡

この記事のキーワード

この記事のライター

武内希 武内希