オフが簡単♡落ちにくいのにオフが簡単な"アイライナー"4選

アイライナーは落ちにくいことももちろん重要ですが、デリケートな目元に使うものなので"オフが簡単"という点も重要なポイントです◎そこで今回は、お湯や石けんで落とせるアイライナーを中心にピックアップしてみました。優秀かつオフが簡単なアイライナーに注目ですよ♡口コミも合わせてご紹介します。

アイライナー① ▷ ドーリーウインク

ドーリーウインクの【リキッドアイライナーⅢ】は、描きやすい細筆タイプのリキッドアイライナーですね。水、汗、擦れにまで強いアイライナーで、時間が経っても綺麗なままラインをキープしてくれるアイテムです♡ブラックとブラウンの2色展開となっています。
とにかく落ちないアイライナーですが、お湯で簡単にオフすることができます。目元は非常にデリケートですので、お湯でやさしく落とすことができるのは嬉しいポイントです♡真夏の暑い時期でさえ滲んだり、パンダ目になったりしないのでおすすめ◎

アイライナー② ▷ メイベリン

メイベリンの【ハイパーシャープ ライナー R】は、理想のアイラインを描ける人気のアイライナーです。こちらのリキッドタイプで、大胆なラインから繊細なラインまで自由自在♡インクフィルムを採用しており、水や汗に負けないウォータープルーフ処方となっています。
発色ももちろん、色持ちもいいので幅広い世代の女子たちが愛用しているアイライナーですね。クレンジング不要でオフできるところも好評価◎擦っても落ちないほど優秀なアイライナーなのに、オフはするっと落とせてしまう不思議なコスメです♡

アイライナー③ ▷ ロゴナ

ロゴナの【アイライナーペンシル デュオ】は、1本で2つのアイラインが楽しめるペンシルタイプのアイライナーです♡柔らかな芯でするするとアイラインが描けるので、口コミ評価も非常に高いんですよ◎まぶたに引っかかることなくまつげの間を埋めることができます。
どうしても崩れやすいイメージがあるペンシルライナーですが、こちらは崩れることなくしっかりとラインをキープしてくれます♡綿棒などでぼかすとより落ちにくくなるのでおすすめです◎オフも簡単にできるということで、持っていて損はないコスメとなっています。

アイライナー④ ▷ デジャヴュ

デジャヴュの【ラスティンファインa 筆ペンリキッド】は、美容成分が配合されたリキッドアイライナーです。皮脂や汗、擦れにも負けないウォータープルーフタイプで、アイラインの引きやすさにも定評のあるコスメとなっています♡
こちらのアイライナーはお湯で簡単にオフすることが可能です。発色も良く、ブラックだと少しキツいと感じる方はブラウンがおすすめ♡はっきりとしたラインを自然に演出してくれるので、持っていて損はありません。

最後に

いかがでしたか?今回は、優秀なのにオフが簡単なアイライナーをご紹介しました。どれも手頃なお値段で購入できるので、気になるものがあったら是非GETしてみてくださいね♡
2017年9月7日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アイメイクを簡単に落としたい方必見♡クレンジング不要洗顔料のみで落とせる《プチプラアイコスメ》を紹介【スウィーツスウィーツ/キャンメイクetc】

どんなに綺麗にアイメイクが仕上がっても落とすのが大変なアイコスメは、自然とだんだん使わなくなりますよね。そこで今回は綺麗な仕上がりなのに落とすのが簡単な優秀な《プチプラアイコスメ》を紹介。注目の新作アイテムもあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね♡

結局どれが良いの?ふぉーちゅん編集部で人気のアイライナーを比較してみました!

アイメイクに必要不可欠なアイライナー。落ちづらさや描きやすさ、色味など...実際に編集部で人気のアイライナーを比較してみました♪

【2017秋冬コスメ】キラキラ♡メタリックなアイメイクで目元に煌めきを

この秋のトレンドキーワードの一つ『メタリック』。アイメイクで大人可愛く取り入れてみませんか?この秋気になるメタリックなアイメイクをご紹介します。ぜひ、秋のメイクに参考にしてみてくださいね!

【2017トレンドメイク】遊び心をお洒落に♡まだまだ熱い《カラーライナー》に注目!

2017年はシーズンを問わずにカラーライナーが大活躍!なりたい印象を叶えてくれる優秀コスメです。カラーライナーを取り入れてメイク上級者に♡注目のカラーライナー&おすすめカラーをご紹介します!

【プチプラ】2019年秋冬トレンド♪おすすめの「テラコッタカラー」の《アイシャドウ&アイライナー》をピックアップ!

「アイメイクには、その時のトレンドカラーを取り入れたい」という方は多いと思います。そこで今回はそんな方におすすめの「テラコッタカラー」の《アイシャドウ&アイライナー》を紹介。どれもプチプラで優秀なアイテムばかりなので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

この記事のキーワード

この記事のライター

佐藤みおり 佐藤みおり