【2017夏スキンケア】毛穴撫子からしっとりピーリングジェル発売。

女性にとって夏の最大の敵は何と言っても紫外線。毛穴の汚れやお肌のくすみでお悩みの方も多いのでは。そんな女性たちの悩みを解決してくれるのが、株式会社石澤研究所から新発売された【毛穴撫子(けあななでしこ)しっとりピーリング】です。

毛穴撫子 しっとりピーリングとは

 (461478)

毛穴撫子 しっとりピーリングは、お肌の古い角質や汚れによるくすみ・毛穴の黒ずみなどをボロボロと落とし取ってくれる夢のようなアイテムです。普段のクレンジングや洗顔だけでは落としきれない肌の汚れをしっかり落としてくれる優れものです。商品に含まれている重曹(炭酸水素Na)が角質をやわらげ、ナデシコエキス(カワラナデシコ種子エキス)がキメを整えてくれます。保湿に優れたヒアルロン酸も配合されているので、肌の乾燥も防いでくれます。

重曹とナデシコエキスのヒミツ

美容成分 重曹・撫子エキス

美容成分 重曹・撫子エキス

重曹のちから

肌荒れの一番の理由はお肌のターンオーバーの乱れであると言われています。肌の角質は一定の周期ごとに入れ替わりますが、これがうまくいかないと毛穴の黒ずみやくすみの原因になります。重曹はこのターンオーバーの正常化を促します。重曹は溜まった古い角質をやわらげ、角質の入れ替わりをスムーズにします。角質をやわらげることによって、黒ずみの原因である角栓も取り落としやすくなります。

ナデシコエキスのちから

ナデシコエキスは肌のくすみを取り、キュッと毛穴を引き締めることによってキメを整えてくれます。

毛穴撫子 しっとりピーリング 使用方法

編集部も使ってみました

可愛いイラストに加え、ラブリーなピンク色ジェルです。
 (461481)

①お化粧のクレンジング後、または洗顔をする前に十分に水分を拭き取ります。適量(3~5プッシュ)を手のひらにとり、優しくマッサージをするようにお顔全体に広げます。この時目と唇の周りは避けるようにします。
 (461485)

②お肌に溜まった古い角質や汚れがポロポロとカスとなって落ちます。カスがお顔に残らないようにしっかりと丁寧に洗い流します。
※「毛穴撫子 しっとりピーリング」は洗顔料の代わりにも使用できますので、ピーリング後に洗顔料を使用する必要はありません。週2~3回を目安にご使用ください。
 (461487)

画面に向かって右手が使用後です。毛穴が目立ちにくくなり、白さが増しました。

毛穴撫子シリーズ 愛され続けて10周年

毛穴ケア 【毛穴撫子】10周年

毛穴ケア 【毛穴撫子】10周年

2007年3月「重曹スクラブ洗顔」発売から始まった【毛穴撫子シリーズ】は、今年2017年3月に10周年を迎えました。2015年には従来のスキンケア商品に加えて「歯磨撫子重曹つるつるハミガキ」も発売され、10周年目の毛穴撫子シリーズとして「毛穴撫子 しっとりピーリング」が今回新発売されました。

毛穴撫子シリーズが愛され続ける理由

毛穴撫子シリーズが10年にもわたって愛されてきた理由は、確かな品質と満足度に加え、可愛いパッケージにもあります。敏感肌や乾燥肌の方も使用できるようにナデシコエキスなどの肌触りなめらかな素材を使い、どなたでも安心して使っていただけるように工夫されています。またパッケージの可愛さにまでこだわっているので、女性がついつい手にとってしまうようなデザインですね。

miさん(@lostgirlmi)がシェアした投稿 -

毛穴撫子しっとりピーリング💕

私の大好きな石澤研究所さんのアイテムです😆💕
ころんとした可愛いフォルムにほんのりピンク色のピーリングジェルです🐰💕
敏感肌にも安心🌸
洗い上がり後はつるつるスベスベになれるし肌にも優しい使用感なので今後ともお世話になります💁💕
最近使ったお気に入りの#ピーリング ◡̈♥︎
@ishizawalab #石澤研究所 の#毛穴撫子 #しっとりピーリング 💡
.
まずピンク色で可愛い♡笑
香りなどはなくとってもみずみずしいジェルで、優しく肌を撫でると他のピーリングと比べると柔らかめのポロポロが出てきます。
ピーリングとしては優しい使い心地で、薄肌の私にも使いやすかったです。
使った後は毛穴も引き締まってる感じがあるし、これからも定期的に取り入れていきたいアイテムです♡。゚.(*♡´◡` 人´◡` ♡*)゚♡ °・
このようにしっとりピーリングを使用した女性たちから、素晴らしい評価を受けて居ます。

歯磨撫子 重曹つるつるハミガキ『どこでも歯みがきセット』 数量限定販売

撫子シリーズ10周年を記念して、『歯磨撫子 どこでも歯みがきセット』が数量限定で新発売です。専用キャップのついた歯ブラシとセットになっていますので、持ち運びにとても便利です。学校やオフィスなど、いつどこでも真っ白な歯を手に入れましょう。数に限りがございますので、お早めにご購入ください。
 (461493)

一度黄ばんでしまった歯を真っ白に戻すことは難しいですよね。特にコーヒーや紅茶をよく飲む方やタバコを吸う方は、歯の黄ばみに関するお悩みが多いのではないでしょうか。歯磨撫子 重曹つるつるハミガキは、普段の生活の中で黄ばみを無くしてくれるアイテムです。

重曹パワーで黄ばみを除去

重曹 黄ばみ除去成分

重曹 黄ばみ除去成分

大きく二つのパワーに分かれます。
①タンパク質分解成分です。タンパク質は歯のヤニによる黄ばみの主な原因で、これを分解し黄ばみを浮かせます。
②浮いた黄ばみを優しくスクラブし、からめとります。

天然由来成分100%

天然由来 歯磨き

天然由来 歯磨き

100%安心して使っていただくために、天然素材のみを使用しています。
・100%植物由来の石けん素地を使用することによって、ちょうど良い泡立ちになります。ハミガキ後に飲食をしても味が変わりません。
・天然塩が歯茎を引き締めます。
・ペパーミント精油によりさわやかな自然の香りで、ハミガキ後はお口スッキリです。

まとめ

毛穴撫子 しっとりピーリング

毛穴撫子 しっとりピーリング

いかがでしたか?今日は10年にもわたり愛され続けている【毛穴撫子シリーズ】の新商品「毛穴撫子 しっとりピーリング」と数量限定販売の「歯磨撫子 重曹つるつるハミガキ『どこでも歯みがきセット』」をご紹介しました。どちらも試してみる価値ありアイテムです。ぜひこのアイテムを使って美肌と真っ白な歯を手に入れてください!
2017年8月3日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アメリカンヴィンテージ調の《BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)》「ラグジュアリー クリーミーサテン リップスティック」をレビュー!レトロ可愛い #タイコスメ

#タイコスメ として日本でも話題となっている、レトロ可愛いナチュラルコスメブランド『BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)』。LUXURYシリーズの「ラグジュアリー クリーミーサテン リップスティック」はアメリカンヴィンテージ調の高級感あるリップカラー!なめらかな質感が心地よい「クリーミーサテン」の色味や使用感などご紹介します。

《カイリジュメイ 2020新作》チョコの香りつき♡レース柄彫刻の赤リップ 「フレイム ショコラリップ」で中国メイクを先取り!リムーバもついたお得なセットをレビュー

フラワーリップが人気の香港発のコスメブランド『Kailijumei(カイリジュメイ)』から、彫刻入りの「フレイム ショコラリップ」が2020年1月1日(水)新発売!甘いチョコの香りつきで、繊細なレースが彫刻された赤リップと、落ちにくいリップも落とせる専用リムーバーのお得なセットです。#ワンホン#チャイボーグなどのハッシュタグで流行りの『中国メイク』ができる、「フレイム ショコラリップ」をお試ししてみました!

デートにおすすめ!《BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)》ピンクローズシリーズで集中ボディケア♡フェミニンケアや可愛いデオドラントアイテムも!

医師開発のナチュラルコスメブランド『BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)』。『ピンクローズ』シリーズは、有機栽培のブルガリアローズを使った贅沢なボディケア!デリケートゾーンの悩みに寄り添って、すみずみまでフェミニンケアができるボディソープやボディジェル、デオドラントクリームをレビューしました!

《BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)》ビクトリアンロマンスの「メモリーオブラブ オードパルファン」は忘れられない香り。レトロな練り香水やミニ香水も!

#タイコスメ として日本でも話題になってきている、レトロ可愛いナチュラルコスメブランド『BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)』。人気のヨーロピアンヴィンテージ調の香水、『Victorian Romance(ビクトリアンロマンス)』シリーズは、デパコスに似ていると話題にもなりました。そんなビクトリアンロマンスの香水「メモリーオブラブ オードパルファン」には練り香水やミニ香水もあるんです。どんな香りなのか?使い方は?実際にお試ししてみました。

《1/21発売》エクセル「スキニーリッチシャドウ」から新色「SR10 ピオニーブラウン」が登場!パープルが溶け込む絶妙なピンクブラウンパレット♡

メイクアップブランド『エクセル』から、ブラウンベースの4色パレットアイシャドウ「スキニーリッチシャドウ」の新色「SR10(ピオニーブラウン)」が2020年1月21日に登場!パープルのニュアンスが溶け込むピンクブラウンパレットで春メイクを楽しんで♡

この記事のキーワード

この記事のライター

趙 享求 趙 享求