夏のダメージがなかったことに! コラーゲンを再生させる効果的な方法☆

夏に日焼けをしてしまった方、紫外線を浴びるとシミやシワの原因になります。。コラーゲンを再生させて、美肌を目指しましょう☆

コラーゲンとは?

コラーゲンとはタンパク質の一種で、皮膚や筋肉、臓器など人間の体の約30%を占めています。不足すると肌は保湿力がなくなり、シミやシワの原因をつくり、肌だけなく骨粗しょう症や骨の病気になりやなくなります。またコラーゲンが含まれる化粧品には肌の表面を保湿させることはできても、角質層まで浸透しないと言われています。

牛すじは天然のコラーゲンが豊富◎

牛すじは牛のアキレス腱部分のことで、「ヒドロキシプロリン」と呼ばれる天然のアミノ酸の一種が豊富に含まれていて、コラーゲンの主要成分です。化粧品の保湿剤として使用されています◎また肌に弾力を与えるエラスチンや軟骨やじん帯を構成するコンドロイチンも含まれています◎肌だけでなく体にも良いのです☆牛すじは固いので煮込み料理が最適です◎

ビタミンCと一緒に取る◎

 (875903)

コラーゲンを再生させるには、ビタミンCが必要不可欠です。ビタミンCが不足するとコラーゲンが正常に生成しなくなってしまいます。。

パプリカはビタミンCが豊富◎

パプリカにはビタミンCだけでなくビタミンEやビタミンAなどのビタミンも豊富に含まれています◎

赤パプリカ

ビタミンCが緑ピーマンの2倍も含まれており、赤パプリカの成分である「カプサイシン」は発汗作用があり新陳代謝を良くする働きがあるので、ダイエット効果もあります◎

黄パプリカ

黄パプリカに含まれるルテインは紫外線やブルーライトを浴びてダメージを受けた網膜を保護し、活性酸素を除去する働きをします。緑内障や白内障の改善が期待されています◎

オレンジパプリカ

オレンジ色のパプリカは一番栄養素が高くビタミンCは緑ピーマンの3倍、βカロテンは20倍も含まれていてます◎

パプリカは熱に強い◎

ビタミンCは熱に弱く加熱すると壊れてしまうという性質があります。ですが、パプリカに含まれるビタミンPはビタミンCを加熱することによる熱から保護してくれる働きをします◎また油と一緒に調理をするとβカロテンの収効率が良くなりますので、色々な料理に使える優秀な食材です☆味も甘みが強いのでピーマンの苦味が苦手な人にオススメです☆

継続することが大事

実は老化は20代から始まっています。。エイジングケアは早ければ早いほど良いので健康に良い食事をして内側からもキレイになりましょう◎
2016年9月3日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【カレントラボ】近赤外線からお肌を守る!さらっと伸びる《ディフェンスクリーム》が使いやすい♡

紫外線だけでなく、近赤外線もお肌にダメージを与えるって知ってましたか?そんな近赤外線からお肌を守ってくれるのがカレントラボのディフェンスクリームです。さらっと伸びて使いやすいというディフェンスクリームの口コミをチェックしてみましょう。

紫外線対対策にぴったり♡【オルビス】のおすすめの《ベースコスメ》を一挙紹介「パウダー/BBクリームetc」

紫外線はシミやソバカス、たるみ、シワなど様々な原因になるのでしっかり対策していきたいですよね。そこで今回はそんな紫外線対策にぴったりな【オルビス】の《ベースコスメ》を紹介。パウダーからファンデーション、BBクリームまで幅広く紹介していくので、ぜひお見逃しなく♪

紫外線対策は早め早めに!おすすめの《UVスプレー》を紹介 今年の新作アイテムも【サボリーノ/サンカットetc】

紫外線対策は美肌になるためにとっても大切ですよね。そこで今回はそんな紫外線対策が気軽にできるおすすめの《UVスプレー》を紹介。気になる今年の新作アイテムも出てくるので、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

【アネッサ】パーフェクトUV スプレー アクアブースターで手軽に紫外線対策をしてみて♡

紫外線対策のために日焼け止めを体全体に塗るのって大変ですよね。アネッサのパーフェクトUV スプレー アクアブースターを使えば、手軽に全身紫外線ケアができますよ。スプレータイプで汗や水にも強い、とっても便利なパーフェクトUV スプレー アクアブースターを詳しくご紹介します。

1月に日焼け止めは必要?【おすすめの日焼け止め】と冬の時期の紫外線について紹介

気温が下がったり曇り空が多くなる冬は、うっかり紫外線対策をおろそかにしてしまいがち…。美容に敏感な女子でも「冬に日焼け止めって必須なの?」と疑問に思う方も多いはず。そこで今回は今シーズンの紫外線の強さや、おすすめの日焼け止めをピックアップして紹介します☆

この記事のキーワード

この記事のライター

sayu sayu