簡単ケア《スーパーセーム》クルクルするだけの洗顔をはじめよう♪

今話題の『スーパーセーム』あなたはご存知ですか?セームというのはセーム革で作られた天然コラーゲン繊維の洗顔ミトン。複雑な立体構造の極細ナノファイバーで頑固な毛穴詰まりをスッキリさせてくれる♡使い方も水分を含ませて優しくクルクルとなでるだけ。肌と同じたんぱく質で出来ているので繊維で肌を傷つける心配もなし◎ とてもシンプルな新洗顔ですよね。早速ご紹介していきます。

 (874795)

セーム革って何?

スーパーセームのセーム革とはどんなものなのでしょうか?
実は希少価値の高いものなのです。素材はスウェーデン産の食用鹿革。とても柔らかい肌触りが特徴です。それを日本で手縫いしているという本格派商品。肌のお手入れに適するまでの品質にするため、数ヶ月かけて製品に仕上げています。
ホルムアルデヒドなどは一切使わず、赤ちゃんや敏感肌用にも使える優しい商品なのです♡

普通のスキンケアでは取れない汚れを絡め取る♡

いつもの洗顔やクレンジングでは取りきれない汚れを落とすのに適しています。角質も取れるので毛穴もキュッ!と引き締まります。余分な角質を取り除くことで肌の新陳代謝を活性化♡
酸化した皮脂膜や化粧の汚れもつるんと落とし、余分な皮脂も取り除くので、ニキビ予防にも効果があるのが嬉しいですね。

使い方♡

まず、ぬるま湯か水をたっぷり含ませます。
水分を絞らずにそのまま4本指を入れて、円を描くようにやさしくなでます。
小鼻の脇や目尻は四つ折りにして先端を密着させていきましょう。
最後、顔をすすいで水分を拭き取り、いつもの基礎化粧ケアを行ってください。
なめらかで刺激がないので物足りなく感じるかもしれませんが、汚れをしっかり絡め取ってくれます。
肌への感触は、ゼリーのようなプランとした感触で吸いつきます。

実際の効果は♡

まず、肌が明るくなったように感じるほど、くすみがなくなります。角質やニキビにも良いですし、何より化粧ノリが良い♡角質が厚くなると化粧水や美容液などが浸透しにくくなるので、基礎化粧ケアする前に必須です!
スーパーセームの素材は柔らかく、肌に馴染むので、くせになるほど気持ちいいですよ。

まとめ

ピーリングケアの中でも群を抜いて、肌に優しいケアです♡敏感肌の方の角質ケアにもおすすめです。
やさしくなでているだけなのに、角質がポロポロ落ちていく感触がクセになってしまいます♡
88パーセントの女性がリピートして使いたいと言うほどの高評価!簡単に出来るのが何よりもありがたいですね。
一回目から実感できるのが嬉しい♡継続的に2、3日に一回行うのがおすすめです。是非お試しください!つるつる卵肌になりましょう♡
2016年9月8日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【どろばーゆ】≪あわ洗顔≫で毛穴知らずのもちもち肌に♪コスパが良いので続けやすい!

泥を使った洗顔を使ってみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。どろばーゆのあわ洗顔は、毛穴の汚れや古い角質をしっかり落としてくれる洗顔料です。コスパが良いので毎日の洗顔に使いやすいのも素敵!気になる口コミをチェックしましょう!

《角質&毛穴ケア》で透明感アップ!エブリッシュの「ホワイトクレイスクラブ洗顔」をチェック

洗顔で汚れを落とすのはもちろんですが、くすみやざらつきの原因になる古い角質も一緒に落ちたら嬉しいですよね。そこで今回はそんな汚れと角質を一緒にすっきり落とせる便利で優秀なスクラブ洗顔を紹介。コスパも抜群なアイテムなので、ぜひチェックしていきましょう♡

「カントリー&ストリーム」のスキンケアで“古い角質”にさようなら♡洗顔&ピーリングアイテムを編集部でレビュー!

ナチュラルコスメブランドの「カントリー&ストリーム」から、“古い角質”を除去するスキンケアアイテムをご紹介。洗い上がりのすっぴん感が気持ち良い「パウダーウォッシュAP」と、不要な角質をポロッと落とす「スキンピーリングジェル」の2つのアイテムを、FORTUNE編集部でお試ししてみました!自然派スキンケアで、メイクノリ抜群の“つるすべ肌”をゲットして♡

【スキンケア】年末は肌も大掃除を♡毛穴汚れをスッキリ除去して気分を変えよう

そろそろ年末の大掃除を始めているという方も多いのではないでしょうか。お部屋だけでなく肌も大掃除をして、来年をもっと気分新たに迎えられるようにしていきましょう!年末に実践してほしいスキンケアテクを紹介していきます♡

美肌の秘訣は洗顔にあり♡もっちり肌になる"炭酸泡洗顔"7選

今人気の"炭酸泡洗顔"は、もっちりとした美肌に導いてくれると話題に♡この記事では、デパコスからプチプラまで注目の炭酸泡洗顔をピックアップしてご紹介していきます。お肌の触り心地が格段に変わると評判の炭酸泡洗顔で、理想の美肌を手に入れちゃいましょう◎口コミと合わせてご覧ください。

この記事のキーワード

この記事のライター

Megumi Megumi