【CHANEL(シャネル)】“眩いばかりに輝く自然”を称えた「レ キャトル オンブル」「カメリア ドー」など春新色コスメが3/6〜登場♡

ラグジュアリー感が漂う、世界中の女性たちの憧れ【CHANEL(シャネル)】より、“眩いばかりに輝く自然”を称えた美しすぎるコレクションが発売になります!「レ キャトル オンブル」「カメリア ドー」など、気になるラインナップをいち早くご紹介していきます♡

多くの女性を魅了するラグジュアリーブランド【CHANEL(シャネル)】

シャネルの「これにするわ」の一声で誕生したというエピソードが有名な『シャネル No.5 オードゥ パルファム』などのフレグランスをはじめ、「メイクに光を」という言葉のもと創り出される数多くのメイクアップアイテムなど、名品揃いのブランド【CHANEL(シャネル)】。

シャネルのロゴが入ったラグジュアリー感漂うパッケージは、多くの女性を魅了し、時代に流されない永遠の憧れブランドとして、確固たる地位を確立していますよね。

2020春夏コレクションは"ナミブ砂漠の絶景"が着想源!

シャネル2020春夏コレクション

シャネル2020春夏コレクション

さて、そんな【CHANEL(シャネル)】といえば、シーズンごとのコレクションに毎回大きな注目が集まりますよね。

1月3日より遂に発売がスタートした2020春夏コレクション。一生に一度は訪れたいスポットとしても名高いナミブ砂漠の絶景からインスパイアされた「DESERT DREAM ”デザート(砂漠)ドリーム”」も、現在大注目となっています☆
ブランドを代表する人気の4色アイシャドウ「レ キャトル オンブル」からは、太陽の光を受けた砂漠の砂のように、繊細な輝きが魅力的な洗練された2つの新色が登場するなど、どれも素敵なものばかりとなっています。

是非皆さんもチェックしてみてくださいね。

2020春新色コスメなどが3月6日に発売に♡

さて、2020春夏コレクションが盛り上がりを見せている中、今度は2020春の新色コスメ情報などが舞い込んできましたよ♪

写真(↑)を見て頂くと分かる通り、ブランドを象徴する“カメリア”を採用したアイテムなど、手に取るだけで特別な気分になれそうなアイテムが多数ラインナップしています。

気になる中身を早速チェックしていきましょう!

《3月6日発売アイテム》
・レ キャトル オンブル(写真↑上段左)
・ヴェルニ ロング トゥニュ(写真↑上段右)
・ルージュ アリュール インクフュージョン(写真↑下段左:左2本)
・ルージュ ココ フラッシュ(写真↑下段左:右2本)
・カメリア ドー(写真↑下段右)

・ル ブラン トーン-アップ ロージー タッチ
・グロス ルミエール
・ル ブラン ロージー ドロップス

貴重な限定アイテムをはじめとした目玉アイテムをクローズアップして、気になるカラーや魅力を詳しくご紹介していきたいと思います☆

▶レ キャトル オンブル

まずご紹介するのは、鮮やかな輝きと美しい発色でメイクアップの幅を広げてくれる、人気の4色アイシャドウ『レ キャトル オンブル』

今回は、シャネルのアイコニックなカメリアをまとった特別限定アイテムとして登場します♡
カラーは、上品さと洗練さを兼ね揃えた2色となっています。

(写真上)358:ブルー×グレーでクールでスタイリッシュな目元を演出します。
(写真下)356:ピンク×プラムで優しく女性らしいフェミニンな目元を叶えます。

【販売価格】各7,700円(税込)

▶カメリア ドー

お次もカメリアを纏ったアイテム『カメリア ドー』(写真↑1枚目左・2枚目)です。

こちらのアイテムは、唇の上でとろけるように馴染み、鮮やかな発色と輝きを与えてくれる人気リップスティック「ルージュ アリュール」が4色セットになった限定発売のパレットなんです♪

単色使いでも美発色を楽しんだり、グラデーションリップで洗練された印象に仕上げたり、リップメイクの幅が広がります。4色のリップカラーをコンパクトに持ち運びできるのも嬉しいポイントですね。

【販売価格】7,920円(税込)

写真(↑)5枚目に登場するアイテムは、ピンクの偏光パールが入り、まぶたにぬれたようなツヤをプラスするアイグロス『グロス ルミエール』です。アイシャドウの前に仕込んだり、アイシャドウの上から重ねたり、これ1つでアイメイクの質がグッと高まりそう。

【販売価格】4,510円(税込)

こちらも限定アイテムとなっているので、お見逃しなく!

▶ル ブラン ロージー ドロップス

こちらも注目のアイテム『ル ブラン ロージー ドロップス』(写真↑1枚目中央)です。

お肌に内側から発光するような輝きと、透明感を引き出してくれる、ほんのりピンクがかったリキッドハイライターとなっています。

頬の高いところに乗せてツヤをプラスしたり、ファンデーションの前にお顔全体に仕込んで、ツヤ美肌に仕上げることも叶います。

【販売価格】6,600円(税込)

リップ&ネイルからは2020春新色がお目見え♡

どれも見逃せない、限定発売アイテムのほかに、人気アイテムからは2020春新色がお目見えとなりますよ♪

大人気ネイルカラー『ヴェルニ ロング トゥニュ』からは、ゴールドパールが輝くコーラルと、モーヴ トーンのスイート ピンクが登場します。

明るい発色と輝きを同時にもたらし、時につやめく唇に仕上げてくれる、人気のリップスティック『ルージュ ココ フラッシュ』からは、ローズウッド(112)と、ブライトコーラル(114)がお目見え♡

深く鮮やかに発色し、ウルトラマットな仕上がりを実現するリクィッド リップカラー『ルージュ アリュール インクフュージョン』からは、限定カラーのフューシャピンク(832)と、スイートなコーラルが春らしい新色(830)が登場します。

心躍る春の新色コスメの登場を、楽しみに待ちましょう!

2020春は、唯一無二の色香を纏い、多彩に花を開かせて…♡

さて、今回は、時代を超えて世界中の女性たちから愛されているブランド【CHANEL(シャネル)
】より、2020年3月6日に発売となる春コスメについてお届けしてきました。

2月1日より発売となる「ルージュ アリュール カメリア」と同じく、ブランドを象徴する“カメリア”の花を纏った特別なアイテムがラインナップしています。

どのアイテムも、唯一無二の色香を纏ったメイクを楽しむことのできるものばかりとなっていて、手に取った瞬間特別な気持ちにさせてくれる素敵な内容となっていましたよね。

人気アイテムからも春色がお目見えし、こちらも見逃せません!

是非皆さんも手に取って、カメリアの花のように多彩に花を咲かせるようなメイクを楽しんてみてはいかがでしょうか…?
2020年1月14日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《カイリジュメイ 2020新作》チョコの香りつき♡レース柄彫刻の赤リップ 「フレイム ショコラリップ」で中国メイクを先取り!リムーバもついたお得なセットをレビュー

フラワーリップが人気の香港発のコスメブランド『Kailijumei(カイリジュメイ)』から、彫刻入りの「フレイム ショコラリップ」が2020年1月1日(水)新発売!甘いチョコの香りつきで、繊細なレースが彫刻された赤リップと、落ちにくいリップも落とせる専用リムーバーのお得なセットです。#ワンホン#チャイボーグなどのハッシュタグで流行りの『中国メイク』ができる、「フレイム ショコラリップ」をお試ししてみました!

アメリカンヴィンテージ調の《BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)》「ラグジュアリー クリーミーサテン リップスティック」をレビュー!レトロ可愛い #タイコスメ

#タイコスメ として日本でも話題となっている、レトロ可愛いナチュラルコスメブランド『BEAUTY COTTAGE(ビューティーコテージ)』。LUXURYシリーズの「ラグジュアリー クリーミーサテン リップスティック」はアメリカンヴィンテージ調の高級感あるリップカラー!なめらかな質感が心地よい「クリーミーサテン」の色味や使用感などご紹介します。

《1/21発売》エクセル「スキニーリッチシャドウ」から新色「SR10 ピオニーブラウン」が登場!パープルが溶け込む絶妙なピンクブラウンパレット♡

メイクアップブランド『エクセル』から、ブラウンベースの4色パレットアイシャドウ「スキニーリッチシャドウ」の新色「SR10(ピオニーブラウン)」が2020年1月21日に登場!パープルのニュアンスが溶け込むピンクブラウンパレットで春メイクを楽しんで♡

【THREE(スリー)】より“FEED YOUR INNER CHILD”がテーマの「シーズンコレクションキット2020」が3月3日発売に♡

本来持っている女性の魅力を引き出すメイクアップアイテムが大人気のコスメティックブランド【THREE(スリー)】より、年に1度のスリーの日(3月3日)にちなんだ限定コレクションが登場します♡気になる限定アイテム「シーズンコレクションキット」「ネイルポリッシュ」についてご紹介していきます☆

【シャネル2019夏新作】クルーズコレクション!美しいカラーニュアンスが大絶賛☆限定「オンブル ルミエール グロス」など6/1限定発売

シャネルクルーズビューティーの美しすぎる新作コスメが登場!特別限定の「オンブル ルミエール グロス」や「レキャトル オンブル」、春新作「ルージュ ココ フラッシュ」や「ルージュ ココ グロス」「ヴェルニ ロングトゥニュ」限定色など豪華なラインアップの速報です♪

この記事のキーワード

この記事のライター

鈴木あづみ 鈴木あづみ