小顔はメイクで手に入れよう!愛され『小顔メイク』のコツ

『小顔』は女性の永遠の憧れ。でも、顔の大きさを変えるのは、難しいですよね。小顔は、メイクで簡単に手に入れましょう!今回は取り入れやすい小顔メイクの方法をご紹介します。

小顔メイクは立体感で作る!

女性なら誰しも憧れる『小顔』。
簡単に小顔に見せたいのなら、小顔メイクがおすすめですよ。
いつものメイクに少しだけアレンジを加えるだけで完成します。
まず、小顔メイクの基本は顔に『立体感』を演出することです。
立体感を作ると、顔が引き締まって見えすため、
いつものメイクより、小顔に見せることが可能なのです。
顔に立体感をプラスする具体的な方法としては、
顔に影を作る「シェーディング」と、
顔に高い部分を作る「ハイライト」が代表的。
まず、この2つのテクニックをマスターして、小顔メイクにトライしてみましょう。

シェーディング

パレット

パレット

髪の生え際からフェイスラインにはシェーディングをオン。
耳の横あたりや、フェイスラインの裏側は塗るのを忘れやすいので気をつけましょうね。

シェーディングの選び方

シェーディングは自分の肌色より、2トーンくらい暗めの色をチョイス! 
自分の肌色と近すぎるシェーディングは、陰影が付きにくいからです。 
でも、逆に暗すぎるとわざとらしくなるので、悪目立ちをしてしまいます。 
フェイスラインに馴染ませて、少し暗いかなと感じる程度がベストです。 
シェーディングはマットなタイプがおススメです。
パールタイプは光で反射するので、顔が膨張して見えてしまう場合も。  
マットタイプは肌に近い質感を出すことができるので、
影としてより自然に立体感を演出できますよ。 
 

ハイライト

ハイライトを仕込む場所は、Tゾーン、目の下の三角ゾーン、上唇の山、アゴ先の5ヵ所です。

ハイライト選び方

ハイライトのカラーは明るめのピンクや、明るめのベージュ系の色がおススメです。
白すぎる色を選んでしまうと、浮いて見えてしまい、
不自然な印象になってしまいます。
肌馴染みの良いピンクやベージュ系は、メリハリのある立体感をナチュラルに演出してくれますよ。
デイリーメイクのハイライトは、ラメやパール感が控えめなタイプをチョイス!
パールやラメが強すぎると、肌がギラギラして、頑張りすぎな印象に。
パールやラメの強いハイライトは、パーティなどの華やかメイクの際に使用することをおすすめします。

『平行太眉』で小顔に

小顔メイクの眉は平行で太めです。
目と眉の間を狭くすると、顔の縦幅が小さく見えますよ。
眉が細目の方はちょっと太めにトライしてみませんか?
顔の中で、眉の面積が増えると、小顔に見える効果が生まれます。
眉下をプラスして描くことで、眉と目の距離が縮みます。
そして、目の錯覚で目も大きく見えますよ。
眉尻付近を、アイブロウペンシルやパウダーで埋めた後、
アイブロウマスカラで毛並みを整えましょう。
自分の眉に合ったカラーを選び、自眉と自然に馴染ませるのがポイントですよ。

小顔はつくれる!

いかがでしたか?
いつものメイクにちょっとプラスするだけで、
愛され小顔メイクが完成しますよ!
是非試してみて下さいね♪
2017年9月25日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今話題の【外国人風メイク】をするには?コントゥアリングのやり方とコスメ♡

最近SNSでも話題の【コントゥアリング】通称【外国人風メイク】ってご存知ですか?今回はそんな大人気のメイク方法をご紹介します。

【小顔メイク】フェイスをもっと小さく見せたいなら「斜めライン」を強調してみて♡【シェーディング】

小顔なひとってそれだけでかわいいですよね。自分もそんな女性に近づくために努力はしているけど、あと一歩理想に近づけていない気がする、というあなたは「斜めのライン」を強調してメイクをすると、もっと小顔な印象がゲットできますよ!気になるメイク方法をご紹介します♡

忙しい朝も!美人度UP◎《立体感メイク》が叶う優秀コスメ5選!

忙しい朝も簡単に立体感のあるフェイスにメイクアップ♡立体感メイクを叶えてくれる優秀コスメをご紹介します。テクニック要らずで誰でも簡単に立体感のある美人顔が叶うので、是非参考にしてみてください!

憧れの小顔に♡なりたい自分になれるおすすめのスティックタイプのシェーディングコスメ♪

できるだけ小顔になることって、女性の憧れともいえますよね♡なりたい自分にもっと近づくためにも、メイクで小顔を作っていきたいというあなたにおすすめの、スティックタイプのシェーディングコスメを紹介していきます♡

《コンプレックス解消メイク》平たい顔族を脱出する秋冬のトレンドメイクテク♡

誰にでもフェイスにコンプレックスってありますよね。そんなコンプレックスの中でも、「平たい顔」であることがコンプレックスというあなたにおすすめの、秋冬ならではのコンプレックス解消トレンドメイクテクを紹介していきます♡

この記事のキーワード

この記事のライター

山崎 有宇 山崎 有宇