プチプラだからたくさん揃えられちゃう!CANMAKEの新作コスメ特集


20150925164650 様々なコスメでメイクをしていく中、多くの女性が思うことはいかに安くいいものをとりそろえるかということ。 安くても良いものはしっかりお肌になじんで手放せないアイテムになることも! そこで今回は多くの女子が普段のお化粧で取り入れているプチプラコスメの代表、 『CANMAKE』新作コスメに注目してみたいと思いますよ。

まぶたの血色とホリ深でハーフアイメイクに挑戦

item_eye065 シークレットカラーアイズ:650円
血色風赤シャドウが魅力的なこちらのアイシャドー。 下まぶたに赤みを仕込むことで、肌の透明感がUP! ふんわり仕込むのが、リアルな血色に見せることができますよ。 ナチュラルにホリ深をつくる、光と影のカラーマジック。 なめらかに密着するハイライトがこだわりです。  

ゼリーみたいにぷるっとしたスティック状のリップグロス

item_lip025 ジェリースティックグロス:650円
体温でとろ〜りとろけるようになじむ不思議なテクスチャー。 スルスルッと唇に溶けこむような なめらか質感で、唇ぷるっぷるが演出できちゃう。 口紅級の発色と、グロス級のぷっくりツヤ感でリップメイクはこれ1本で完璧です。  

便利な3色MIXで、眉メイクからノーズシャドウまでこれ1つで完成!

item_eye040 ミックスアイブロウ:600円
3色のグラデーションで自分にぴったりの眉色をデザインでききちゃう。 パウダータイプでしっとりとした質感。 ノーズシャドウにも使用できちゃうのが魅力的ですよ。  

こんなのほしかった!じゅわっと色付くリップ&チーク

item_base057 リップ&チーク ジェル:600円
リップにもチークにも使えるジェルタイプ。 体温でとろけるテクスチャーで肌にのせるとじゅわっととろけちゃうんです。 スッと肌になじみます。ベタつかずに長時間肌に密着してくれますよ!

おわりに

いかがでしたでしょうか? 安くても画期的なアイテムばかりで是非たくさんの色を揃えてみたくなっちゃいますよね! 秋らしい新作コスメを取り入れてますます女子力をアップさせてみましょう☆
2016年10月19日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《YSL 2019春新作コレクション》フェミニンな目元をつくれる「メイクパレット シマーラッシュ」他、春に大活躍の3アイテムをレビュー!

大人気コスメブランド【YSL(イヴ・サンローラン)】から、2019春新作コレクション『SPRING LOOK 2019』が1月4日(金)より限定発売に!“SHIMMER RUSH”をテーマにした今回のコレクションは、ハッピーな気分になれる柔らかで愛らしいラインナップ♡今回は、メイクパレット・フェイスパレット・アイライナーの使用感や色味を詳しくご紹介しちゃいます。

《2019春コスメ》ゲランからムーン&スターモチーフが刻まれた「キスキス リップ」が1/11限定発売

ゲラン(Guerlain)から、2019年1月11日(金)に「スプリング コレクション 2019」が全国で限定発売になります。今回のテーマは“MORNING LOVE-モーニングラブ”。 春の朝の光からインスパイアされたメイクアップ コレクションの中から、ホログラムがキラキラと輝くキスキスリップ「#575ライラック ムーン」「#543ピーチ スター」の2種をご紹介します!

2016年秋!最新プチプラコスメ情報!【キャンメイク・ヴィセ・KATE編】

キャンメイク、ヴィセ、ケイトなどプチプラコスメブランドから秋の新作情報が届きました!

2019春新作《シュウ ウエムラ》人気リップから新色登場「ルージュ アンリミテッド」新22色&「シアーシャイン」新1色をレビュー♡

アジアをはじめ、世界中から愛されるコスメブランド【シュウ ウエムラ】から、2019春新作『shu:REDコレクション』が1月1日(火)より発売されます。究極の赤“RD163”をテーマとした大胆で魅惑的なラインナップから、今回は「ルージュ アンリミテッド」新22色と「ルージュ アンリミテッド シアーシャイン」新1色の色味や使用感を詳しくご紹介します♡

2019春新作《シュウ ウエムラ》これが究極の“赤”。新作リップ&人気リップの新色《RD163》をレビュー

シュウ ウエムラ2019春新作『shu:RED コレクション』は、青みも黄みもない究極の“赤”をテーマにした繊細かつダイナミックなコレクション!今コレクションの主役となるべく生まれた新色《RD163》を中心に展開されるラインナップから、今回は限定パッケージで登場する「ルージュ アンリミテッド」シリーズ3種の新色《RD163》をレビュー!

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki