プチプラだからたくさん揃えられちゃう!CANMAKEの新作コスメ特集


様々なコスメでメイクをしていく中、多くの女性が思うことはいかに安くいいものをとりそろえるかということ。 安くても良いものはしっかりお肌になじんで手放せないアイテムになることも! そこで今回は多くの女子が普段のお化粧で取り入れているプチプラコスメの代表、 『CANMAKE』新作コスメに注目してみたいと思いますよ。

まぶたの血色とホリ深でハーフアイメイクに挑戦

item_eye065 シークレットカラーアイズ:650円
血色風赤シャドウが魅力的なこちらのアイシャドー。 下まぶたに赤みを仕込むことで、肌の透明感がUP! ふんわり仕込むのが、リアルな血色に見せることができますよ。 ナチュラルにホリ深をつくる、光と影のカラーマジック。 なめらかに密着するハイライトがこだわりです。  

ゼリーみたいにぷるっとしたスティック状のリップグロス

item_lip025 ジェリースティックグロス:650円
体温でとろ〜りとろけるようになじむ不思議なテクスチャー。 スルスルッと唇に溶けこむような なめらか質感で、唇ぷるっぷるが演出できちゃう。 口紅級の発色と、グロス級のぷっくりツヤ感でリップメイクはこれ1本で完璧です。  

便利な3色MIXで、眉メイクからノーズシャドウまでこれ1つで完成!

item_eye040 ミックスアイブロウ:600円
3色のグラデーションで自分にぴったりの眉色をデザインでききちゃう。 パウダータイプでしっとりとした質感。 ノーズシャドウにも使用できちゃうのが魅力的ですよ。  

こんなのほしかった!じゅわっと色付くリップ&チーク

item_base057 リップ&チーク ジェル:600円
リップにもチークにも使えるジェルタイプ。 体温でとろけるテクスチャーで肌にのせるとじゅわっととろけちゃうんです。 スッと肌になじみます。ベタつかずに長時間肌に密着してくれますよ!

おわりに

いかがでしたでしょうか? 安くても画期的なアイテムばかりで是非たくさんの色を揃えてみたくなっちゃいますよね! 秋らしい新作コスメを取り入れてますます女子力をアップさせてみましょう☆
2015年10月4日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2016年秋!最新プチプラコスメ情報!【キャンメイク・ヴィセ・KATE編】

キャンメイク、ヴィセ、ケイトなどプチプラコスメブランドから秋の新作情報が届きました!

《キャンメイク》2021夏新作コスメ情報!人気「パーフェクトスタイリストアイズ」を含む3品から新色が誕生

CANMAKE(キャンメイク)から、2021年夏の新作コスメ情報が到着!2021年6月下旬より、人気コスメ『クイックラッシュカーラー』『パーフェクトスタイリストアイズ』『カラフルネイルズ』の新色&限定色が発売されます。トレンディなオレンジや、ビーチをイメージした爽やかなカラーなど、夏の日差しに似合う彩りが揃います。

キャンメイク大人気「パーフェクトスタイリストアイズ」新色No.24 メロウミルクティーが可愛すぎた!

CANMAKE(キャンメイク)から、2021年春の新作コスメ情報が到着!2021年3月下旬より、人気コスメ『パーフェクトスタイリストアイズ』の新色と、『クイックラッシュカーラーセパレート』『カラフルネイルズ』の限定色が発売されます。また、同時期に人気No.1『マシュマロフィニッシュパウダー』もリニューアル発売!さらに『マシュマロキープベース』も限定復活します。今回は、そんな5品をFORTUNE編集部が詳しくレビューします♡

キャンメイク 2021春新作コスメ《パーフェクトエアリーアイブロウ》他、人気コスメの新色をご紹介!

CANMAKE(キャンメイク)から、2021年春の新作コスメ情報が到着!1本でふんわり眉に仕上げる新作アイブロウペンシル『パーフェクトエアリーアイブロウ』の他、人気コスメ『シルキースフレアイズ』『ラスティングリキッドライナー』『ステイオンバームルージュ』の新色が2021年2月下旬より発売されます。今回は、そんな4品のスウォッチや使用感レビューをご紹介します♡

Visée(ヴィセ)2021春コスメ 2in1アイカラー《ダズリング デュオ アイズ》他3品が発売!

Visée(ヴィセ)から、2021年春の新作コスメ情報が届きました!マスクを着用していても、画面越しでも、美しく映えるメイクをつくってくれる『ダズリング デュオ アイズ』『ジューシィ シロップ ダズル』『フィルタースキン リキッド』『フィルタースキン リキッド キット』が、2021年2月16日(火)より発売されます。濡れ感カラーと大粒パールの2色がセットされた2in1アイカラーなど、新作コスメのラインナップをチェック。

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki