メイク、本当に落ちてる?ツメが甘いクレンジングNG集

美肌は女の子の永遠のテーマ。でも肌悩みに嘆く女の子も数知れず、何を使ってもきれいにならないし諦めるしか・・?と思っているあなた、それってクレンジングが原因かも?

摩擦の王様、シートタイプ

 (644563)

わざわざ水に濡らさなくてもメイクを落とせるクレンジングシート。持ち運びなどに便利なので、よく使っている方は多いと思います。

でもクレンジングシートで拭くだけ拭いて、そのまま寝ていたりしませんか?

疲れて帰ってきて化粧を落とすのも面倒、今すぐ寝たいとき、誰にでもありますよね。そんな時に役立つシート・・さっさと拭きとって就寝?それ、絶対にNGです!!

シートでふき取る際に起こる「摩擦」。実はこれが一番お肌によくないんです。
化粧を落として肌をリセットするはずが、肌をこすって傷つけてるのと同じ・・。

さらに、シートだけでは汚れはしっかりと落ちきっていない状態なんです。ひたひたのクレンジングシートでたっぷり馴染ませれば大丈夫では?と思いがちですが、小鼻などの細かいところは落としきれていないことが多々。
せっかく時間を惜しんでクレンジングをしてるのに、これでは本末転倒です。これなら最初から洗ったほうがマシ。

メイク直し時などの部分使いにはかなり重宝します!

肌に優しい、水クレンジング

 (644564)

肌に優しいと話題になり、今では定番クレンジングの一つとなっている「水クレンジング」。敏感肌の方なんかは、重宝するクレンジングアイテムだと思います。

ですが敏感肌でもなく、普段からしっかりめのメイクをしている方、肌に優しいという理由だけで水クレンジングのみを常用してませんか?

名前にもあるように、水クレンジングは主成分が「水」です。ジェルやオイルと違って洗浄力が弱い故に、しっかりメイクには向いていないんですよね。

普段、ファンデーションやチーク、マスカラなどを割としっかり付けているにも関わらず、水クレンジングだけで済ましている方は要注意!
一度、メイクを落とした後に化粧水や乳液をコットンにつけて肌を拭きとってみてください。肉眼では見えていないファンデーションがべっとりついてくるかも・・。

「ダブル洗顔不要」の罠

 (644565)

「ダブル洗顔不要!」と謳っている商品はとっても多く、みなさんも目にしたことはあるのでは。

クレンジングができて洗顔いらずなんて、時短!しかも楽!ずぼら女子の救世主!なんて思ってしまいますが・・これ、お肌にとってはあまり良くないんですよね。

実はメイクの汚れと肌由来の汚れは別物で、クレンジングと洗顔で落とす汚れも違うんです!なので、きれいにとれていると思っている汚れも実際は残っているかもしれないのです。

ダブル洗顔不要のクレンジングを常用している方は、上記と同様に拭き取ってみると、また肌の調子が違ってくるかもしれませんよ。

日々のひと手間で、今後の肌が左右されるということです・・。

勢いにまかせ、ゴシゴシこする

 (644566)

気合を入れて濃いメイクをした日、クレンジングをしっかりと行うのは当たり前かと思います。
メイクをきれいさっぱり落とそうと、ゴシゴシと思いっきりこすっていませんか?確かに気持ちはわかりますが、やめたほうがいい!

ゴシゴシこするとしっかり落とせて肌もきれいさっぱりになった気持ちになりますよね。ところがどっこい、摩擦で肌はボロボロに。洗いあがり、肌がガサついているはず。擦れたことによってニキビができちゃう可能性も充分にあります。

クレンジングは、優しく、撫でるように落とすのが基本!

オイルを使っている方なら、なおさら強くこする必要はありません。
オイルクレンジングの場合、乳化(お湯をかけた時に白く濁る)によって落ちるようになっているのです。

きれいに、優しく、丁寧に落とすのがコツ。

これもお肌への刺激、高温で洗う

 (644567)

寒くなってくると、温かいお湯で洗いたいですよね。でも、必要以上に温度を高くしていませんか?

クレンジング、または洗顔時、どちらにも言えることですが、肌の皮脂は高温により溶けだして、必要な保湿成分までとってしまうんです。乾燥肌の方は要注意!

この理論だと脂性肌なら大丈夫では?と思いますが、肌本来の必要な保湿成分がとられてしまうので、インナードライの原因になってしまうかも・・。

その時の肌の状態によって軽く温度を変えたりするのもいいですが、洗顔は基本的にぬるま湯がベスト。

クレンジングを見直してみて

どんなスキンケアをしても肌がガサつく、どんな化粧品を使ってもニキビが治らない、それってクレンジングが原因かもしれません。
土台を綺麗にすれば、メイクのノリも全然違ってきます。

肌本来の働きを尊重して、落とすものはしっかり落とし、残すべきものは落とさない。
クレンジングを見直すだけで、美しい肌への第一歩!

目指しましょう、美肌。
2018年1月30日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【100円モニター募集】話題の『マナラ(maNara)ホットクレンジングゲル』でブツブツいちご鼻がつるん?!

ブツブツの毛穴。。。実はクレンジングが原因かも?!マツエク使用可、W洗顔不要、美容成分94.4%配合のmaNara(マナラ)ホットクレンジングゲルを【100円】で試せるお得なキャンペーンを実施中!数量限定。ふぉーちゅん編集部がお試しレポ♡

女性目線では可愛い!でも男性には理解できない!?知っておきたい男性NGメイクって?

女性からみたら可愛いメイクでも、男性からはその可愛さが理解できないメイクがあるようです...!下まぶたに赤いカラーを入れた「うさぎ目メイク」や「赤リップ」、「ブラウンリップ」などなど...。デートでオシャレにみせるためにメイクを頑張っても、理解されないのは悲しいですよね。今回はそんな時のために、男性からは良さがわからない!?メイクについてご紹介します!

時短メイクといいつつただの手抜き。ズボラ女子の適当美容あるある

毎朝ばっちりメイクして、毎晩ていねいなスキンケアとマッサージ♡なんて実際やってられない!メイク落としすらままならない、そんなズボラ女子の生態をご紹介します。

【オルビス】敏感肌さんにも安心な≪クレンジングジェル≫で毛穴もきれい♡するんと落とせてしっとりもちもち

スキンケアの中でも、クレンジングに気を使っているという人は多いのではないでしょうか。しっかりメイクが落とせて、さらにお肌に負担がないクレンジングが理想的ですよね。オルビスのクレンジングジェルは、敏感肌さんでも安心で毛穴ケアもできるメイク落としとなっています。

《「頬骨」や「そばかす」は美人の象徴!?》日本人がビックリする欧米のメイク方法とは?「ベースメイク編」

日本でも大きなブームとなった「オルチャンメイク」。お隣の国・韓国でも日本とはメイクポイントが異なり、雑誌でもたくさん特集されました。もっと遠い欧米では、「美」に対する定義が日本と大きく異なることも!? 日本人にはビックリの欧米のメイク方法をご紹介します。今回は【ベースメイク編】です。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム