雨ニモマケズ美しく♡雨の日も髪の毛が広がらない「amenimo(アメニモ)」のヘアケアをレビュー♡

雨の日は湿気で髪の毛がうねうね・パサパサ。髪が広がってヘアスタイルが全然キマらなくて憂鬱!雨の日のどんより気分を晴れやかにしてくれるキュートなヘアケア製品があるんです。雨が楽しくなる「amenimo(アメニモ)」をご紹介します!

湿気で髪がうねる・パサつく・広がる

 (726054)

雨や湿気で髪の毛がうねり、パサつき、広がってボサボサ・・・。特にちょうど梅雨の時期は髪の毛の悩みが気になりますよね。髪の毛がキマらないと気分もちょっと落ちてしまうのが乙女心。

そんな雨や湿気が気になる時期にぴったりのヘアケアアイテムがあるんです♡

『雨の日でも、髪、広がらない。雨の日が楽しくなるシャンプー。』がコンセプトの「amenimo(アメニモ)」は、独自のクセ毛抑制テクノロジー処方でクセやうねりを抑え、雨の日でもしっとりまとまる髪の毛へ導いてくれるシャンプー。

ボトルもとってもキュートな「amenimo(アメニモ)」から

・アメニモ H₂O バランスケア シャンプー
・アメニモ H₂O バランスケア トリートメント
・アメニモ H₂O バランスケア ヘアマスク
・アメニモ H₂O バランスケア ヘアオイル

こちらの4アイテムをレビューしていきます!

なぜ雨や湿気で髪の毛が広がるの?

 (726055)

そもそも、なぜ雨や湿気で髪の毛が広がってしまうのでしょうか?そのしくみを簡単に説明します。
髪の内部には「水分を吸収しやすいタンパク繊維」と「水分を吸収しにくいタンパク繊維」の2種類が存在しています・人によってそのタンパク繊維の数に差があり、このバランスに偏りがある人は、クセ毛になりやすいんです。

髪はもともと外気の影響を受けやすく、雨で湿度が高まると、この「水分を吸収しやすいタンパク繊維」が外気の湿気を吸収して膨らむことで、髪にうねりが生まれ、広がりの原因になってしまうんです。
湿気による髪の広がりを抑えるには、髪の水分バランスを整え一定に保つことが大切なんです。

「amenimo(アメニモ)」シリーズの特徴

「amenimo(アメニモ)」シリーズは、クセや広がりを抑えるために「髪の水分バランスを整える」ようはたらきかけてくれます。
【クセ毛抑制テクノロジー処方】
①毛髪内部の水分蒸発を防ぎ「湿気」から髪をガード
②毛髪内部構造にアプローチして、髪の主成分であるケラチンタンパク質やアミノ酸誘導体をはじめ、ダメージケア成分を補給
髪内部の水分バランスを整えてくれるから、クセやうねり・広がりを根本的にケアして改善へ導いてくれるんです。

アメニモ シリーズをレビュー♡

アメニモ H₂O バランスケア シャンプー

 (726056)

ボトルデザインの緑と水色は、さらさらとした雨が振り、水に濡れる植物を表現しているそうです。
 (726057)

《使用方法》
髪と地肌を十分に濡らした後、適量を手に取り、泡立てながら地肌をマッサージするように洗い十分にすすぎます。
 (726060)

きめ細かくてクリーミーな泡立ちです。洗髪後のきしみやパサつきは全くなく、優しい洗い上がりとしっとり感で髪がきちんとまとまり感動します!リーフィーローズの香りは、柔らかで心地よく癒されます。

アメニモ H₂O バランスケア トリートメント

 (726058)

ボトルの黄色と水色は、雨上がりのイメージ。雨に指す光が表現されています♡
 (726059)

《使用方法》
シャンプー後軽く水気をきり、適量を手に伸ばし髪に十分なじませます。その後よくすすぎます。

濃厚なクリームタイプのトリートメントです。毛髪内部にケラチンタンパク質やアミノ酸誘導体を届けてくれるから、クセやうねりを抑えてまとまる髪に導いてくれます。しっとりしますが、重たくなりすぎません。

アメニモ H₂O バランスケア ヘアマスク

 (726062)

紫と水色で、潤い溢れるみずみずしさが表現されています。

こちらのヘアマスクは、クセ・うねり抑制成分がヘアトリートメントの3倍配合されています。トリートメントでは物足りない方や、よりしっかりとケアをしたい方はこちらがおすすめ。
 (726066)

《使用方法》
シャンプー後軽く水気をきり、適量を手に伸ばし髪に十分なじませ、その後よくすすぎます。

トリートメントよりもふんわり柔らかめのテクスチャーです。洗髪後の髪の質感も、こちらの方が毛が柔らかくなりました。ハリのある質感よりもやわらかな質感を目指している方はこちらがおすすめです。
自分のなりたいヘアや髪質に合わせて選んでいくことが大切です◎

アメニモ H₂O バランスケア ヘアオイル

 (726068)

ピンクと水色の女の子らしいカラー。外出先でもふわっと香る軽やかな香りを表現しているとのことです。
 (726067)

《使用方法》
ドライヤーのブロー前やスタイリング前に、1〜2プッシュ分を手の平に伸ばし、髪の中間から毛先にかけて塗布した後、手ぐしを通して揉み込むように髪全体になじませます。濡れた髪・乾いた髪どちらにも使用できます。

さらりとしたテクスチャーで、しっとりとまとまりツヤが生まれます。お出かけ前に使用することで、ふんわりと良い香りが日中も続きます。
 (726069)

使用後は髪の毛がまとまりツヤが出ました。雨の日に使用しましたが、外出しても髪の毛が広がりづらく1日過ごすことができました!

アメニモマケズ、美しく。

 (726081)

雨や湿気で髪の毛がキマらないと気分も憂鬱になってしまい、余計に外出したくなくなってしまいます。

「雨だから仕方ないよね」と嘆くのはもったいない。こんな時こそ、普段のケアを見直す良い機会だと捉えて、前向きに自分と向き合うチャンスです。これをきっかけに新しいコスメや美容法との出会いがあるかもしれません。

雨が降り続く夜も、ポジティブカラーでお洒落なボトルの「amenimo(アメニモ)」の製品を使用したら、気分も晴れやかになれるかもしれませんよ。アメニモマケズ、美しく凛として過ごしていきましょう♡

商品情報

「amenimo(アメニモ)」

アメニモ H₂O バランスケア シャンプー
480mL / 1,400円(税抜)

アメニモ H₂O バランスケア トリートメント
480mL / 1,400円(税抜)

アメニモ H₂O バランスケア ヘアマスク
200g / 1,400円(税抜)

アメニモ H₂O バランスケア ヘアオイル
80mL / 1,600円(税抜)
ふぉーちゅん編集部・小倉
この記事を書いた人は
FORTUNE編集部
小倉
2018年6月27日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ヘアケア】くせ毛やうねりが気になる人へ♡新ブランド《amenimo(アメニモ)》から雨の日に最適なアイテムが5/2に登場!

梅雨の時期のくせ毛やうねりなどといった残念ヘアにならないために。2018年5月2日に新登場の【amenimo(アメニモ)】のヘアケアアイテムなら、雨の日も快適に過ごせますよ♪雨上がりのような爽やかなパッケージで、成分や香りにも注目です。今回は、2018年5月2日に発売される「amenimo(アメニモ)」のヘアケアアイテムを4選詳しくご紹介します。

2019秋新作《マキアージュ(MAQuillAGE) 》高密着ジェリーファンデーション「ドラマティックジェリーコンパクト」をご紹介。まるで“キレイな素肌”を叶えてくれる

この時期特に気になるのが、汗・皮脂によるテカリや化粧崩れ。そこで今回ご紹介したいのが、8月21日発売の化粧持ちに優れたファンデーション「マキアージュ ドラマティックジェリーコンパクト」。なんと、13時間も化粧持ちが実証されているんです!(※マキアージュ調べ)是非、まるで“キレイな素肌”が叶う、マキアージュの高密着ジェリーファンデーションで、快適な夏をお過ごしください。

《ロレアル パリ新作》秋の目元を彩る16色セットの『アイシャドウ メガパレット』やエレガントな新作チーク『ル バー ア ブラッシュ』を全色レビュー♡9/13発売

ロレアル パリより「アイシャドウ メガパレット」全2種と「ル バー ア ブラッシュ」全7色が2019年9月13日に発売されます。16色がセットになったアイシャドウパレットに、エレガントなカラーが揃うパウダーチークがあれば、秋冬のメイクアップがもっと楽しくなりますよ♪FORTUNEオススメのメイク方法と併せてご紹介します。

マジョリカ マジョルカ新作《シャドーカスタマイズ》8/21発売の新3色に既存色を合わせた全19色を一挙レビュー!

資生堂の《マジョリカ マジョルカ》より、単色アイシャドウ「シャドーカスタマイズ」の新3色が2019年8月21日(水)〜発売となります!今回はそんな2019秋新作「BE330 マサラチャイ」「BR331 シナモン」「BR332 胡桃」と、既存16色を合わせた全19色をレビューします。

9/13先行発売《NARS(ナーズ) 2019秋新作》サテン「リップスティック」全19種をレビュー☆官能的なサテンの光沢を纏って

《NARS(ナーズ) 》よりブランド25周年を祝し、挑発的なリップスティックラインナップ『ICONIC LIPSTICK COLLECTION』が2019年9月20日より登場!先行発売は9月13日です。マット・サテン・シアーの圧巻の全60種がラインナップ。ピグメントがリッチに配合された革新的なフォーミュラが、ワンストロークで官能的なエレガンスルックを叶えてくれます。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE FORTUNE