イタクならない【ツインテール】って?大人可愛い簡単おすすめヘアアレンジを紹介♡

ツインテールをしたいけれど、もうこの歳だし!と思ってしていない方も多いはず。そこで今回は、そんな方におすすめする大人可愛いツインテールアレンジを紹介します。不器用な方でもできる簡単なヘアアレジもあるので、ぜひ参考にしてみて下さい♡

ツインテールはやっぱり可愛い♡

Nozomi . Sさん(@non51_)がシェアした投稿 -

いろいろなヘアアレンジがありますが、ツインテールは昔から人気が高いですよね!しかし、大人になるにつれて少ししにくくなるヘアアレンジでもあります。

ストレートでのツインテールは、幼く見えてしまう可能性もありますし、どことなくイタイ印象にもなりがち!ですが、少しアレンジを加えることで、ツインテールもイタくならずに大人可愛いヘアアレンジに変わります♡

おすすめツインテールアレンジを紹介♡

最初に紹介するのは、ルーズなツインテールヘアアレンジ♡作り方はとても簡単で、最初に緩くなツインテールを作り、くるりんぱを内側から外側にしてあげます。そしてその後が大事なポイントが、少しづつルーズに髪の毛を崩してあげることです♡

崩し方のポイントは、親指と人差し指を使って一束一束づつ丁寧に少しづつ崩していくこと。上手に崩してあげることによって、髪にエアリー感が出て一気に凝った印象に変わります♡このヘアアレンジは忙しい朝などにもできるほど簡単なので、ぜひ前向きに挑戦してみて下さい♡
ベレー帽を被る時にはこのヘアアレンジがおすすめ♡こちらもくるりんぱを使うヘアアレンジで、誰にでも簡単に作れるツインテールアレンジです。先ほどと同様で最後に丁寧に崩すこともとても大切なポイントですが、ツインテールを作る位置も大事♡

真横にツインテールを作ってしまいますと、どうしても幼い印象になってしまうので、真横ではなくやや後ろに作るようにしましょう♡そうすることで一気に大人っぽくなりますし、オシャレなツインテールアレンジに変わります♡

Yoshidaさん(@9yosshi_13)がシェアした投稿 -

髪の長さがボブやセミロングの方にもくるりんぱアレンジはおすすめ♡最初にツインテールを作る一番髪の根元に近いゴムからくるりんぱを始めると、また先ほどのアレンジと印象が変わりよりフェミニンな印象に♡

くるりんぱをする方向によってもまた雰囲気は変わってきますので、ぜひ自分に合ったヘアアレンジを探してみて下さい!
最後に紹介するのは、編み込みのツインテールアレンジ♡編み込みはやや難易度が高めですが、一度は試したいヘアアレジの1つです。

編み込みのツインテールアレンジは、髪が短めの方にもおすすめ♡この時も後れ毛を出してルーズにしたり、耳をふんわり隠したりすると、一気にこなれた感が出せるので丁寧に少しづつ崩してあげてみて下さい♡

今日はツインテールで決まり♡

おすすめツインテールアレンジは、いかがだったでしょうか?♡ぜひここで紹介したことを参考に、お気に入りいのツインテールアレンジを見つけてみて下さいね♡
2018年2月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017秋冬】マフラーやストールに合う秋冬したいアップスタイル♡

寒くなるとマフラーやストールの使用頻度が増えますよね。首周りにボリュームが出るので髪の毛はとりあえず一つに結ぶ、という人も多いのではないでしょうか?しかし毎回同じヘアスタイルばかりでは飽きちゃいますよね。そんなマンネリで困っている人に...マフラーやストールを巻く時にオススメなヘアスタイルを紹介します。

知っておくと便利♡結婚式などにおすすめする自分でできる【ヘアアレンジ】を動画で紹介♡

メイクや服装なども大事ですが、結婚式などではヘアアレンジもとても大切♡服装はシンプルでも、ヘアアレンジがとても素敵だと一気に華やかにエレガントに変わります。そこで今回は、そんな大事なヘアアレンジを紹介♡ぜひ参考にしてみて下さいね♡

毎日のヘアスタイリングにぴったり♡【リーゼ】のヘアケアアイテムを一挙紹介♡

忙しい朝などは簡単で綺麗にヘアスタイリングを完成させたいですよね♡そこで今回は、そんな方におすすめするリーズのヘアケアアイテムを一挙紹介♡ストレートヘアかパーマまでいろいろなアイテムが揃っているので、ぜひ参考にしてみて下さい♡

失敗しない「シースルーバングの巻き方」簡単なコツで天使のような" ふんわりカール "に♡

ふんわり抜け感のある「シースルーバング」が今女子の間で大人気♡しかしシースルーバングは毛量も少なめなので、前髪カールで失敗してしまう女子が続出…。そこで今回はシースルーバングを巻くコツと、おすすめのスタイリングを紹介します♡前髪がガタガタになってしまう方、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

さくら ゆうこ さくら ゆうこ