あなたもうるツヤでいい香りのモテ髪を手に入れよう!オススメのシャンプー5選!

通りすがりにふわっといい香りのする女性はやっぱり魅力的ですよね。 特に髪の毛がいい匂いの女の子は、男性からの評価も高いです。 でも、香りだけでシャンプーを選んでいませんか?それだけじゃもったいない!せっかく使うんだったら髪にいいものを使いたいですよね。今回はいい香りがして髪にもいいシャンプーを紹介します。ふわっとサラ髪でいい女になっちゃいましょう!

BOTANIST

ノンシリコンシャンプーをこの世に広めたといってもいい、ボタニカルシャンプー。
「自然の恵み」にこだわり90%以上植物性由来でできたシャンプーは、髪に潤いと輝きを与えてくれます。
比較的リーズナブルで、トリートメントも少量で髪の毛をしっとりとさせてくれるのでコスパもいいんです。

ISM

ISMのヘアケア商品は、ノンシリコンシャンプーできめ細やかな泡が特徴です。
しっかり頭皮の汚れを包み込んで溶かし、美容成分を浸透しやすくしてくれます。
そこに8種類のプリズムコーティング成分が入ったトリートメントでコーティングする事で、潤いのある艶やかな髪の毛にしてくれます。香りも5種類あって好きな香りを選ぶのもいいですね。

L.O.G

ノンシリコンシャンプーで洗うときしむ…といった難点を解決したのがL.O.Gのオイルシャンプー。アルガンオイルやホホバオイルなどといった、世界各地から厳選した5種類の貴重なオイルを贅沢に配合している為、しっとりやわらかな洗い上がりを実現。
傷んだ髪でもサラサラ、うるつやになるといった口コミが多く寄せられています。

LOVEST

LOVESTは「やさしい」をテーマに11種のアミノ酸・3種のヒアルロン酸で保湿、そして2種のダメージ補修成分を贅沢に配合しています。髪のダメージをケアしながら潤いを持続し、なめらかでまとまりのある髪に仕上げてくれます。また、ヘアカラーの色落ちを防止してくれるので色がすぐ落ちてしまってガッカリ…なんてことも解決してくれます。

Loretta

ロレッタのシャンプーはアルガンオイルやシアバターといった、こだわりぬいた天然素材が使われいます。
素髪を活かしたベタつかない自然な仕上がりを実現しました。パッケージデザインも可愛らしく多くの女性に支持されています。

しっかりケアしてモテ髪をつくろう!

モテ髪

モテ髪

いかがでしたか?
今回ご紹介させて頂いたのは、香りが持続してくれるのはもちろんのこと、しっかりとケアもしてくれるハイクオリティーのシャンプーだと思います。
皆さんもシャンプーにこだわって、いい香りの髪で女子力アップしちゃいましょう♡
2017年6月6日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【SABON(サボン)】のシャンプーでリラックスしながらサラサラ髪に♡オイル配合でスペシャルケアにも!

特別な日の前にはちょっと良いシャンプーを使いたいなんていう人もいますよね。そんな人にぴったりなのがSABONのシャンプーです。良い香りでリラックスしながらサラサラ髪を作れるというSABONのシャンプーの口コミをご紹介します。

【ザ パブリック オーガニック】使うと幸せな気持ちになれる!人気の《スーパーポジティブシャンプー》の口コミをチェック♡

疲れて帰ってきた時に、シャンプーの香りでリラックスしたいという人は多いのではないでしょうか。ザ パブリック オーガニックのスーパーポジティブシャンプーは、幸せな気持ちになれる香りが特徴のアイテムです。気になる口コミをチェックしてみましょう。

【LUSH(ラッシュ)】柑橘系の香りで保湿力も高いシャワージェル!≪オリーブ収穫祭≫の口コミをチェック♡

ラッシュのオリーブ収穫祭は、柑橘系の香りが人気のシャワージェルです。保湿力が高いのでお肌の乾燥が気になる人にもおすすめ!シャンプーにも使えるという便利なシャワージェルの口コミをチェックしてみましょう!

《ボタニスト》ブルームシリーズより、4種類の『サクラの香り』が1/18~予約販売開始!サクラの香りで新しい自分を後押し

植物由来の原料を使用している《ボタニスト》から、2019年春限定『サクラの香り』が登場。「初桜・夜桜・葉桜・満開の桜」と4種類のサクラの香りで、新年度を迎える自分を後押しをしてくれます。春特有のダメージから髪・肌を守りながら、春の香りに包まれてみませんか?

美容師さんも絶賛!?ドラッグストアで買えるシャンプー6選♡【ボスタニト/ダイアン/ハニーチェetc】

ドラッグストアで販売されているシャンプーの品質がどんどん向上していると話題になっています。このページでは、ドラッグストアで買えるおすすめのシャンプーを6つピックアップしてご紹介♡手軽に購入できて、かつ美髪へと導いてくれるシャンプーをまとめてみました!

この記事のキーワード

この記事のライター

みやもん みやもん