あなたはどのヘアになりたい!?秋の新作ショートヘアスタイル特集


秋冬は首元にストールを巻いて『ぽふっ』としたあたたかいイメージになりたい! あえてすっきり首元を見せてシャープでシンプルな大人の印象を与えたい!などなど。 ショートスタイルならではの『なりたいスタイル』がきっとそれぞれありますよね。 今日は秋の新作として今注目されているショートヘアをいくつかピックアップしてみたいと思いますよ。

大人の美シルエットエアリーショートボブ

頭や顔の形にお悩みなら美しく見えるコチラのショートボブスタイルがおすすめ! 後頭部にボリュームを出す事でキレイな丸みを出し、襟足にかけて首を細く見せた美しいシルエットが魅力的です。 ちょっぴり前下がりのデザインを取り入れることで顔周りもカバーしてくれますよ。 【オーダー詳細】 長さ・・・ショート カラー・・・8トーンのアッシュベージュ パーマ・・・直毛の場合はかけると良い  

大人のシンプルクールショートヘア

自然な丸みで顔まわりをすっきりさせた女性らしいシルエットのショートヘアスタイル。 スライドカットを取り入れる事で動きとやわらかさ演出してくれますよ。 根元をふんわりと起こしながらドライして、ワックスで毛先に揉み込んで動きを出すのがセットのポイント。 朝、時間のない人でも簡単に出来ちゃう、通勤にもおすすめのヘアスタイルですよ。 【オーダー詳細】 長さ・・・ショート カラー・・・カラー13レベルのハニーベージュ パーマ・・・直毛の場合はかけると良い  

オーダー殺到中♪小顔愛されショートボブ

キレイなシルエットをとことん追究した、ショートスタイルが世代を問わず大人気! オイルをつけて自然にドライすることでツヤとカラーの魅力を引き立たせることができますよ。 直毛の人は、トップと前髪にカーラーを巻くとふんわり感を出す事ができます。 【オーダー詳細】 長さ・・・ショート カラー・・・カラーは明るめのベースを生かした10トーンのプラチナアッシュ パーマ・・・なし  

ナチュラルショート

フロントをあえて重めにしたレイヤーベースが印象的なショートスタイル。 表面にスライドカットを入れることで動きのあるヘアスタイルが実現できますよ。 ウェット時にオイルをつけハンドドライし、ソフトワックスで束感を出すことで柔らかい印象を演出可能ですよ。 【オーダー詳細】 長さ・・・ショート カラー・・・7トーンのダークブラウンベース パーマ・・・なし

おわりに

秋のショートヘアスタイルはちょっぴりヌーディでナチュラルなカラーリングを取り入れることがポイント! ヘアケアの時間も短時間で済ませる事ができ、ワックス1つで無造作な雰囲気を出せるお手軽さが魅力的です。 秋のヘアスタイルにお悩みお人は是非、ショートヘアでシンプルに落ち着いた大人の女性を演出してみてはいかがでしょうか?
2015年9月6日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元美容部員 和田さん。プロデュースカラコン《リッチスタンダード アンビエンスシリーズ(全2色)》4/11〜発売中!自信を瞳にプラス

元美容部員 和田さん。がプロデュースするカラーコンタクトレンズ『RICH STANDARD AMBIENCE series(リッチスタンダード アンビエンスシリーズ)』が、2020年4月11日(土)より発売されています。第1弾となる今回は、美しさと可愛らしさを両立してくれるナチュラル仕上げな2色の2weekレンズがラインナップです。瞳に自信というオーラを与えてくれます。

【NOR.(ノール)】の《エアフィットリップカラー》でナチュラルだけどドキッとする唇を手に入れよう♡その他のおいすすめアイテムもチェック

「普段使いするリップは、頑張りすぎないナチュラル印象のものを使いたい」という方は多いと思います。そこで今回はそんな方にもおすすめの【NOR.(ノール)】の《エアフィットリップカラー》を紹介。思わず集めたくなる素敵なカラーも揃っているので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

みずみずしいシアーな発色が可愛い!リニューアルされた【キス】の《メルティシアールージュ》のおすすめカラーを紹介♡

パキッとした発色のリップも素敵ですが、肌馴染みの良いシアーな発色のリップもとても使いやすく、ナチュラルな可愛さをプラスしてくれますよね。そこで今回はそんなシアーな発色を楽しめる【キス】の《メルティシアールージュ》を紹介。1つで5機能もある優秀なリップなので、ぜひお見逃しなく♪

【セルヴォーク】美しいメリハリ顔を作るなら《インフィニトリー カラー》がマスト!

立体感のある小顔に憧れるなんていう人も多いですよね。そんな素敵な小顔はメイクで作ることができちゃうんです。美しくメリハリのあるメイクを作れるセルヴォークのインフィニトリーカラーについて口コミをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki