次世代型♡フローフシのまつ毛美容液は瞼に塗ってまつ毛をケアする?!

従来のまつ毛美容液といえば、マスカラと同じコームでまつ毛に塗るタイプでしたが、フローフシのまつ毛美容液は次世代型!まぶたに塗ってまつ毛を伸ばす、新しいタイプの美容液です。

瞼の血流環境こそがまつげケアのカギ

まつ毛の土壌とも言えるのが瞼の血流環境。この瞼の血流を整えることが重要です。フローフシのまつげ美容液は瞼全体に塗ってケアするという、新発想の商品です。

アイクリームとしても使える

保湿成分であるエンドミネラルが配合されており、肌にも優しい。
贅沢に配合されているので、目の下、瞼、目尻に塗ってケアするのも◎
潤いによりハリのある目元になります。

マッサージもプラスしてケア

美容液を瞼全体に塗ってマッサージしながら目元の血流を促進しましょう。
ツボ押しをする時、キャップの先端が使えるようになっているので、試してみてくださいね♡

マッサージ♡
・目頭からこめかみに向かって目の周りの骨を沿うように優しく滑らせます。強くすると摩擦で皮膚が傷つくのでやさしく行ってください。

・ツボを押さえてみましょう!
眉毛の始まりの窪み(さんちく)
目頭の窪み(せいめい)
下瞼中央、クマができるラインの真ん中(しょうきゅう)
ゆっくりツボ押ししてくださいね。
視界もスッキリしてきます♪

・最後にもう一度だけ全体的に滑らせて、こめかみを押して終わり♡

眼精疲労もとれます。
マッサージを行っていくと、ほんのり温かくなって血流の流れがよくなることが実感できます。

1日1回指で塗るだけなので簡単ケア。
夜のスキンケアの一番最後に使ってください。
使用量は片目で米粒一つ程度。

眉毛にも♪マツエクとも相性◎

太眉が流行っているので、まつげが薄くて悩んでいる方には特におすすめ。保湿効果もあるので、潤った目元の印象に♪
マツエクとも相性が良いのは嬉しいですね。地まつげへの負担が大きいので必ずケアすることをおすすめします。エクステを傷めないジェル状美容液なので安心してケアできます。

まとめ

いかがでしたか?
欧米人のような長くて太いまつ毛を目指せます♡
日本人の平均は6.8㎜に対して欧米人は8.1㎜
フローフシでケアすると、8.1㎜も夢じゃないですね♡
まつげ育成のモニターでも、体感実績が97%
口コミ体験でここまで満足度が高いと、試したくなります♡
成分もやさしくできており、色素沈着がおこらないもので作られているので敏感肌でもOK

ナチュラルメイクが流行っている今、アイラインで濃いメイクをするのではなく、自然なまつげの長さが重要なカギを握っています♡
年齢とともにまつげも細く抜けやすくなるので、早めのケアがおすすめです。
まつげケアから美意識を高めていきましょう♡
2016年8月6日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【プチプラコスメ】日本のドクターズブランド、箸方(はしかた)化粧品のスキンケアが凄いらしい♡

驚きのプチプラ価格で、さらに効果が凄い!とSNSで話題になってるスキンケアブランド「箸方(はしかた)化粧品」。国内のドクターズブランドという事もあり安心して使える箸方化粧品の商品を口コミと合わせてご紹介します!

【フローフシ】注目の「LIP38℃」ついに発売!みんなの口コミをチェック♡

発売前から「欲しい」の声がたくさん。コスメ好きのみんなが待ってたフローフシの「LIP38℃」がついに発売となりました。SNSにはさっそく口コミがたくさん掲載されています。どんな口コミが掲載されているのかチェックしてみましょう♪

【キャンメイク】ステイオンバームルージュのティントが人気!口コミを集めてみました

キャンメイクから4月に発売されたステイオンバームルージュのティントタイプが非常に人気となっています。トレンドのティントタイプの商品なので試してみようと考えている人も少なくないと思いますが、その前にぜひ、口コミをチェックしてみてください。

【優秀コスメ】バイバイまつエク!マスカラとマスカラ下地で自慢の自まつ毛美人♡

まつエクを卒業したくないですか?自まつ毛で自慢のまつ毛を手に入れましょう♡自まつ毛を育てることはもちろん!マスカラ下地とマスカラでまつエクに負けない魅力的な目元に仕上がります◎おすすめのマスカラとマスカラ下地をご紹介します!

《イッツデモ×スカルプD》限定ミニーマウスデザインのまつ毛美容液シリーズが3/16〜イッツデモ数量限定発売!

スカルプDの『まつ毛美容液』『まつ毛美容液プレミアム』『ボリュームマスカラ』の限定ミニーマウスデザインが、2020年3月16日(月)より全国のIT’SDEMO(イッツデモ)にて数量限定で発売されます。春らしい華やかさと、思わず見惚れるほど愛らしいミニーマウスを楽しめる限定コラボデザインです。

この記事のキーワード

この記事のライター

Megumi Megumi