整形級の仕上がりに!今ドキ『涙袋メイク』のHOW TO♡

カワイイ女の子の象徴といえば『涙袋』ですよね♡もともと涙袋がないという方でも、実はメイクで作れちゃうんです!このページでは、整形級の仕上がりになる今ドキ『涙袋メイク』の方法をご紹介していきます◎憧れのぷっくり涙袋をメイクでGETしてみませんか?

≫ 涙袋がほしい…

『涙袋がほしい!』と願う女性は決して少なくありません。

そんな方におすすめしたい、涙袋メイクのHOW TOをご紹介していきます。涙袋は、アイメイクの印象を決める重要なパーツでもあります。目頭に白ラメを入れる涙袋メイクはもう時代遅れ!今ドキの涙袋メイクの方法をチェックしていきましょう◎

≫ 今ドキ『涙袋メイク』HOW TO♡

POINT① ▷ 密着度の高いアイカラーを選ぶ

涙袋に入れるアイシャドウは『密着度が高いもの』を選びましょう◎

手持ちのアイシャドウを活用したい場合は、アイシャドウベースを涙袋に入れるのもアリです。クレヨンタイプのアイカラーは、先が細くなっていて涙袋に色をのせやすいのでおすすめ♡色をのせたあと指でぽんぽんと馴染ませるとより密着します。

おすすめコスメはこれ♡

ヴィセリシェの【クレヨン アイカラー】は、ツヤ感のある発色と密着度が高いところが魅力のコスメです♡ウォータープルーフタイプになっているので、涙や汗、皮脂にも強く、涙袋メイクに最適なアイテムではないでしょうか◎立体感も出してくれるのでぷっくり感も演出できます。

POINT② ▷ ラメライナーでキラキラ感を

白ラメを涙袋にがっつり入れる時代は終わりましたが、やはりキラキラ感というのは取り入れたいです◎

ポイントは、ラメをのせたあと必ず指で馴染ませること。ラメ感が強すぎると時代遅れな印象になりかねません。それから、黒目のした部分にラメを入れることで瞳に反射してうるうるな目に♡粘膜近くにキラキラを入れるのも効果的です。

おすすめコスメはこれ♡

エチュードハウスの【ティアーアイライナー】は、透明感のあるラメがポイントのラメライナーになります。細かなところにもラメがのせやすく、理想の涙袋メイクを叶えるのに欠かせないコスメです♡ラメの種類も複数あるので、なりたいイメージに合わせて選ぶことができます。

POINT③ ▷ ナチュラルに"影"を入れる

涙袋メイクで最も重要なのは『ナチュラルな影』です!

影が不自然だと、せっかくの涙袋メイクが台無しに。ちょっぴり物足りないくらいかな?というくらい控えめに仕上げるのがベターです。それから影を太く入れすぎないこともポイント。少しずつ、控えめに、様子を見ながら入れていくことが大切です◎

おすすめコスメはこれ♡

KATEの【ダブルラインフェイカー】は二重用のアイライナーですが、涙袋メイクにも活用できます。影を入れたあとは綿棒などで軽くぼかしてあげるとより自然な影に♡極細タイプなので、ナチュラルな影も描きやすいです。

≫ ぷっくり涙袋を手に入れよう!

いかがでしたか?今回は、今ドキの『涙袋メイク』のHOW TOをご紹介しました♡涙袋に入れるアイカラーによっては、印象が大きく変わってきます。遊び心のある涙袋メイクが今流です◎是非チャレンジしてみてくださいね!
2018年2月9日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《2018クリスマス限定》12月1日発売!KATE「ダークローズシャドウ」贅沢なラメが輝く2種をレビュー

11月1日に発売される新作アイシャドウ「ダークローズシャドウ」の限定カラー2種が12月1日に発売!特別な季節に映える贅沢なラメの輝きが魅力的なアイシャドウです。ホリデーシーズンを盛り上げてくれる華やかな3色がセットされています。売り切れること間違いなしなので今から要チェックですよ!

《デカ目メイク》仕上がりは整形級!?ぷっくり涙袋を作る3つのポイントをご紹介します♡おすすめコスメも!【ケイト・エチュードハウスetc】

ぷっくりとした涙袋の作り方をご紹介します。憧れのぷっくり涙袋は、実はメイクで簡単に作れちゃうんですよ♡おすすめコスメやアイテムと合わせて見ていきましょう!ぷっくり涙袋を作るポイントを3つにまとめてみました。ナチュラルなぷっくり涙袋を手に入れたいと思っている方は必見です!◎

ナチュラルに超盛れる!KATEから【2月1日】に発売された《極薄ライナー》でひとまわり大きな目元を♪

でか目を作るのって、メイクをするうえでとっても大切ですよね。でも大人女子らしくメイクを濃くしずに盛りたいというあなた♡KATEから2月1日に発売された「極薄ライナー」を使えば理想のメイクが実現できますよ♡

1つでアイ・リップ・チークのメイクができるアイテムを使えば統一感バツグンのワントーンメイクが仕上がります♪

2017年秋冬の流行メイクテクのひとつ「ワントーンメイク」。フェイス全体のカラーの印象を統一することで、こなれ感バツグンのメイクが仕上げられるテクニックが、1つのアイテムで完成してしまうかもしれませんよ♡

黒コーデでも地味な印象にならないプチプラアイメイクをご紹介!赤が印象的な上品で華やかな仕上がり♡

寒い季節になると黒や茶色など、暗めの色の服を着ることが多くなりますよね!秋冬の服の印象は夏よりも地味...。そう思う方もいるかもしれません!そこで今回は、黒コーデでも地味に見えない、黒コーデに映えるメイクを紹介していきたいと思います!◎

この記事のキーワード

この記事のライター

佐藤みおり 佐藤みおり