画像詳細 《ジルスチュアート 2019秋新作》透明感&きらめきの「エターナルクチュール アイズ シマー」が8/2発売♡スウォッチ付きで全色レビュー!! - ふぉーちゅん

《ジルスチュアート 2019秋新作》透明感&きらめきの「エターナルクチュール アイズ シマー」が8/2発売♡スウォッチ付きで全色レビュー!! の画像

画像:ジルスチュアート2019秋コレクション「エターナ...

この画像が掲載されている記事

《ジルスチュアート 2019秋新作》透明感&きらめきの「エターナルクチュール アイズ シマー」が8/2発売♡スウォッチ付きで全色レビュー!!

《ジルスチュアート 2019秋新作》透明感&きらめきの「エターナルクチュール アイズ シマー」が8/2発売♡スウォッチ付きで全色レビュー!!

ジルスチュアートから2019年8月2日に秋コレクションが登場。こちらの記事では、真珠にインスパイアされたラインナップから、透明感のあるきらめく目元へ導く「エターナルクチュール アイズ シマー」を全色スウォッチ、メイク方法付きでご紹介します。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《M·A·C》アイコニックな高発色アイシャドウ「スモール アイシャドウ」新色が発売!3つの質感を楽しめる全36色のスウォッチをご紹介

《M·A·C》アイコニックな高発色アイシャドウ「スモール アイシャドウ」新色が発売!3つの質感を楽しめる全36色のスウォッチをご紹介

2019年10月4日(金)より、M·A·C(マック)のアイコニックライン「スモール アイシャドウ」から全36色が新色として追加発売されます。デリケートなお肌のことを考えて作られた、高発色でブレンドしやすいアイシャドウ。今回は、豊富なカラーバリエーションと質感を誇る「スモール アイシャドウ」の新色、全36色をFORTUNE編集部が一挙にご紹介します。
数多のコスメを試したコスメオタク猛者による《廃盤したら困る!一生手放せないコスメ》7選を紹介!

数多のコスメを試したコスメオタク猛者による《廃盤したら困る!一生手放せないコスメ》7選を紹介!

私たちFORTUNE編集部は沢山のコスメを扱いレビューをしています。素敵な製品に触れる一方で「これだけは手放せない!」「これが廃盤になったら私は死ぬ!」といった"お気に入りのアイテム"があります。この記事ではそんなコスメオタクの一生を添い遂げてほしいコスメ7選をご紹介します。
《マキアージュ 新作》ひと塗りでナチュラルな色っぽさ。“薄膜フィルム”の『ドラマティックルージュ N』全色レビュー!

《マキアージュ 新作》ひと塗りでナチュラルな色っぽさ。“薄膜フィルム”の『ドラマティックルージュ N』全色レビュー!

大人気 MAQuillAGE(マキアージュ)のリップアイテムに新テクスチャーが仲間入り!「マキアージュ ドラマティックルージュ N」が2019年10月21日(月)より発売されます。フィルムのような薄膜の艶で、さりげない色っぽさを演出してくれる、大人女子必見の新作リップ!全8色(うち限定3色)をレビューしました。
《OPERA(オペラ)》大人気の「リップティント N」&「シアーリップカラー RN」限定色が11/28〜発売!冬に映える洗練された赤リップに

《OPERA(オペラ)》大人気の「リップティント N」&「シアーリップカラー RN」限定色が11/28〜発売!冬に映える洗練された赤リップに

OPERA(オペラ)の「リップティント N」「シアーリップカラー RN」から、2019年11月28日(木)より冬の限定色が各1色ずつ発売。“Night Light”をテーマに、東京の街と、そこに瞬く光の両方の魅力を映し出した、冬の‘透ける赤リップ’2色です。今回は、遠くで静かに光るネオンサインの美しさや、街の光からインスパイアされた、OPERA(オペラ)冬の限定色をFORTUNE編集部がご紹介します。
《ジルスチュアート 新作》毎月発売されるフレグランスアイカラー「クリスタルブルーム ジェリービジュー」から10・11・12月発売のカラーをレビュー

《ジルスチュアート 新作》毎月発売されるフレグランスアイカラー「クリスタルブルーム ジェリービジュー」から10・11・12月発売のカラーをレビュー

ジルスチュアート(JILLSTUART)から、2019年9月から2020年7月にかけ毎月発売される限定のアイカラー「クリスタルブルーム ジェリービジュー」。今回は、10月25日発売「03 Snow」、11月22日発売「04 New Year's Eve」、12月20日発売「05 Promised Love」の3色をレビューしました。ブランドのアイコニックフレグランス「クリスタルブルーム」の香りを閉じ込めたジェリーアイカラーをぜひチェックしてください♡

この記事のキュレーター