《KATE(ケイト)新作》メイクマニア向けベースメイクや、くっきり二重を作る「トリプルグラデエキスパート」などが発売に♡

幅広い年代の女性たちから絶大な支持を得ているグローバルメイクブランド《KATE(ケイト)》より、「トリプルグラデエキスパート」「ザ アイシャドウ」などが新発売♡さらに、メイクマニア向けシリーズ「ST(エスティー)」の第二弾商品として、ベースメイクアイテムも同日5/1より登場します☆

トレンドメイクが簡単に叶う♡《KATE(ケイト)》

展開するグローバルメイクブランド「KATE(ケイト)」は、トレンドに敏感な若い女性にはもちろんのこと、幅広い年代の女子たちから支持を集めている超人気ブランドの一つです♡

“no more rules”というフレーズは1度は耳にしたことがあるくらい、多くの女性たちから親しまれ、トレンドメイクを簡単に実現できる、カラーメイクやベースメイクは、どれも高品質でありながら、お手頃価格で手に入ることでも人気となっています。
薔薇のように様々な魅力を持つ女性像を叶えるために登場した「ダークローズシャドウ」は、2月に新色も加わり大ヒットとなっていますよね。

もちろん、その他にも数多くのヒットアイテムが誕生していて、新作や新色アイテムが発売されるたびに、毎回大きな話題を呼んでいるんです!

昨年始動!新ライン「STシリーズ」

そんなカネボウ化粧品「KATE(ケイト)」より、昨年新たに始動したのが、“メイクマニア”向けの新ライン「STシリーズ」!

メイクが大好きで、新しいメイクに挑戦したい!というメイクマニアに向けて、なりたい自分を追求できちゃうシリーズとして大注目となりましたよね。

今回、そのシリーズより第2弾となるベースメイクアイテムが5月1日より登場します!
さらに、「KATE(ケイト)」からはアイライナーやアイシャドウなどの新作も続々発売になりますよ♪

5月1日新発売!「KATE(ケイト)」新作アイテム続々登場

昨年誕生した新ライン「STシリーズ」からは、ハイカバーコンシーラーなど、ベースメイクアイテムが、そして「KATE(ケイト)」からは、ぺんてると共同開発の「スーパーシャープライナーEX2.0」など、気になるアイテムが続々と5月1日に発売となりますよ♪

気になる全ラインナップを一足お先にチェックしていきましょう。

▶パーツスマッシュ

パーツスマッシュ

パーツスマッシュ

まずご紹介するのは、「パーツスマッシュ」(写真↑)です。

こちらのアイテムは、濃いシミ・クマ・眉毛までも目立たなくさせる、ハイカバーコンシーラーなんです!

色ムラをカバーしてくれることはもちろん、高い密着力とカバー力で、自分の眉毛の形を気にすることなく自由自在に好みの眉メイクを楽しむことが出来ちゃいます。

▶グロウボリューマー

グロウボリューマー

グロウボリューマー

そしてお次は、「グロウボリューマー」(写真↑)です。

こちらは、ベースメイクの仕上げに使用するオイルとなっていて、仕上げにお肌にのせるだけで、ハリ感のあるツヤ肌を演出してくれるんです!

肌なじみも抜群で、立体感も演出出来ちゃう優れもの♪

▶パウダーインウォータープライマー

パウダーインウォータープライマー

パウダーインウォータープライマー

そして、「STシリーズ」の新作ベースメイクアイテムとして最後にご紹介するのが、こちらの「パウダーインウォータープライマー」(写真↑)です。

パウダー配合で、オイルコントロールしながら、気になる毛穴のカバーや、肌色補正もし、さらにテカリ・くずれが気になる肌をさらさらに保ってくれる水おしろい下地となっています。

▶スーパーシャープライナーEX2.0

スーパーシャープライナーEX2.0

スーパーシャープライナーEX2.0

次に、「ケイト(KATE)」から発売となる新作アイテムについてご紹介していきますね。

まずは、注目の「スーパーシャープライナーEX2.0」
このアイライナーは、なんと大手文具メーカー”ぺんてる”共同開発の新『紡ぎ糸テクノロジー筆』を搭載した、リキッドアイライナーなんです!

1番の特徴は、より美しい極細ラインが描けるところ♪
革新的な描きやすさで、流れるような漆黒のラインが簡単に描けるアイライナーは、必見です!

▶トリプルグラデエキスパート

トリプルグラデエキスパート

トリプルグラデエキスパート

そして、こちらの「トリプルグラデエキスパート」(写真↑)は、濃淡の異なる3色が1本になったペンシル型のアイシャドウです!

ひと塗りで、くっきり二重と自然な彫りの深い目もとを実現できちゃうアイシャドウとなっています。

▶ザ アイカラー・ザ アイカラーベース

単色アイシャドウも、豊富なカラーバリエーション(全26色)で新発売!
こちらは残念ながらカラバリの詳細などがまだわかっていないので、わかり次第お伝えできればと思います♪

単色アイシャドウ「ザ アイシャドウ」は、豊富な色と質感が特徴のブラウン系単色アイシャドウとなっていて、上品なツヤと透明感のある”パール”、高発色でノンパールのトレンドライクな”マット”、ゴージャスなラメの煌めきを放つ”グリッター”の3つの質感から選べます。

さらに、目元用化粧下地「ザ アイカラーベース」も発売となり、こちらを使えばアイシャドウのつきや発色が良くなり、アイメイクがより美しく仕上がります。

▶プロテクションエキスパート

 (862571)

そして、最後にご紹介するのは、こちらの「プロテクションエキスパート」(写真↑)です。

このアイテムは、みずみずしいテクスチャーのクリアジェルが、ツヤ肌に仕上げながらお肌を守ってくれるプロテクション下地となっています。

プロの仕上がり&トレンドメイクを楽しんで♡

さて、今回はカネボウ化粧品「KATE(ケイト)」の新ライン「ST(エスティー)」の第二弾となるベースメイクアイテムと、「KATE(ケイト)」新作アイテムについて一足お先にお届けしてきました。

新ライン「ST(エスティー)」から誕生するベースメイクアイテムは、高いカバー力をもち、”SNS映え”にも対応できちゃう優れモノばかり♪

そして、「KATE(ケイト)」の新作アイテムも、気になるアイテムがラインナップしていましたよね。

是非皆さんもチェックして、プロ級のメイクや、トレンドメイク、どちらも思う存分堪能してみてくださいね。
2019年3月23日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《レブロン 2019秋新作》人気すぎて定番化!新色&限定色も登場するアイパレット「カラーステイ ルックス ブック パレット」を全色レビュー♡

世界中から大人気のプチプラコスメブランド REVLON(レブロン)から、2019秋新作コスメが発売!2019年4月に限定発売されたアイシャドウパレット「レブロン カラーステイ ルックス ブック パレット」3種が定番化、そして新1種と限定1種を率いて再び登場します♡今回は定番化が決まった3種と、新色《940 インサイダー》限定色《910 プレイヤー》をレビュー!詳しく魅力をお伝えしていきます。

《シュウ ウエムラ×渡辺直美》待望の第2弾♡大注目の限定コレクションから「ルージュ アンリミテッド/マット」&「グローオン F」限定色をレビュー!

大人気メイクアップブランド shu uemura(シュウ ウエムラ)から、渡辺直美さんとのコラボコレクション『naomi for shu uemura コレクション』第2弾が登場です!2019年7月20日(土)より発売されるのは「ルージュ アンリミテッド」「ルージュ アンリミテッド マット」「グローオン F」の限定色と、キュートな限定チークケース。今回は、渡辺直美さんの情熱とこだわりがたっぷり詰まった、可愛すぎるコラボコスメをレビューしました♡

8/16発売《LUNASOL(ルナソル)》2019秋新作コレクション『ILLUMINATING COLOR GLOW』色と光で魅せる全ラインナップを紹介♡

世界中から大人気のLUNASOL(ルナソル)から、秋新作コレクション『ILLUMINATING COLOR GLOW』が2019年8月16日より発売されます。“モードな遊び心”を取り入れてリブランディングを果たすルナソルの秋新作コスメは、目を奪われるほどの美しさ。今回は、そんな大注目のラインナップを全てご紹介します!

《KATE(ケイト)2019夏新作》糸のような極細ラインが叶う『スーパーシャープライナーEX2.0』や単色アイシャドウ『ザ アイカラー』他、全ラインナップを紹介♡

大人気プチプラコスメブランド【KATE(ケイト)】から、2019夏新作コスメが登場!2019年5月1日より発売されるのは、大手文具メーカー「Pentel」との共同開発で生まれた「スーパーシャープライナーEX2.0」や、単色アイシャドウ「ザ アイカラー」など注目のアイテムばかり!今回は、そんな見逃し厳禁の新作コスメたちを一挙ご紹介しちゃいます。

KATE《ケイト ミニマルバカンスセレクション》7/15Amazonプライムデーにて先行発売!ポーチ1つでバカンスに似合う抜け感ワントーンメイクを。

KATE(ケイト)の《ミニマルバカンスセレクション》が、2019年11月1日(金)からWeb限定で発売!2019年7月15日(月・祝)深夜0時から開催される「Amazonプライムデー」では、先行発売も実施されます。一つでアイシャドウ・チーク・リップのワントーンメイクが叶う限定アイテムと、人気アイテムの限定ミニサイズとクリアポーチの全5アイテムがセットになっています。

この記事のキーワード

この記事のライター

鈴木あづみ 鈴木あづみ