600円でうるツヤほっぺ♡CANMAKE「クリームチークティント」が売切必至

SNSで話題沸騰中の「クリームチークティント」はもうチェックしましたか?ぷるんっと可愛いほてりほっぺになりたい女子必見!CANMAKEから登場した「クリームチークティント」をご紹介します。

流行のティントがチークにも登場!

プチプラコスメで大人気のCANMAKEから、6月1日に「クリームチークティント」が発売されました。早速SNSを中心に、薄づきなのに落ちにくい!とオシャレ女子の間で話題沸騰中なんです。
今回は、そんな「クリームチークティント」の魅力をたっぷりとお届けします。売切れ前に是非チェックしてみて下さいね。

「クリームチークティント」3つの魅力

すっぴんみたいなうるツヤほっぺに

みずみずしいオイルがお肌に溶け込み、ナチュラルなぷるんっと可愛いほっぺに仕上げてくれるんです。クリームチーク特有の内側からにじみ出るようなほてりほっぺを長時間キープしてくれますよ。
見た目より薄づきなので、ポンポンと馴染ませるだけでぷるんっとうるんだほてりほっぺを叶えてくれます。なめらかフィットのスポンジつきで手を汚さず、軽い使用感でサラッと快適に使えるのも人気の秘密です。

ティントでつけたての発色が長持ち

時間の経過と共に色がしっかりと定着するティント処方で、じんわり汗ばむ季節でもぷるんっと可愛いほっぺが長時間持続します。上にファンデーションを重ねてもよれにくく、汗や皮脂が出やすい夏の強い味方なんです。

プチプラ600円で可愛いカラバリ

 (412936)

なんといっても600円というプチプラが魅力♡カラバリはヘルシー可愛い「01 フレッシュポップメロン」、スイートな血色を叶える「02 ハッピーストロベリー」、限定色の「03 ピオニーメロウ」の3色展開です。シェル型のケースも乙女心をくすぐりますね。
特に限定色の「ピオニーメロウ」は、華やかでありながら可愛らしい表情をつくってくれると大人気なんです。売切れ必至なので狙っている方は要チェックですよ。

みんなのうるツヤほっぺをチェック!

では次に、みんなのうるツヤほっぺを動画で見てみましょう。
ナチュラルに仕上げたい時は指塗りがオススメ、濃くしたい部分だけスポンジを使うと立体感が出せますよ。夏の陽差しに映えるキラキラのアイメイクにもマッチしますね。
付属のスポンジを使えば均等にムラなく仕上がるので、クリームチーク初心者さんにもピッタリです。涙袋の下にチークをのせて、外側に向かって横長に入れるのがポイントですよ。

夏もほっぺを可愛く彩っちゃおう♡

いかがでしたか?化粧崩れが気になる夏でも、クリームチークティントならぷるんっと可愛いほっぺがキープできます。
是非この夏はクリームチークティントをGETして、貴女もうるツヤほっぺを叶えてみませんか?
2017年6月27日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《NARS 新作》大人気 ORGASM 2019秋の限定ミニセット『オーガズムファンタジートリオ』をレビュー!

メイクアップブランド NARS(ナーズ)から、2019年10月11日(金)より「NARS オーガズムファンタジートリオ」が限定発売に!カルト的人気を誇るアイコニックシェード「ORGASM(オーガズム)」ですが、今回はリップバーム・チーク&ハイライター・リップティントの限定ミニセットで登場です。常に世界中から暑い視線を浴びるオーガズムの限定アイテム、見逃せません♡

800円でツヤ&血色ほっぺ♡マリブの「焼きチーク」が今季トレンドの予感大

チークはクリーム?パウダー?いいえ!「焼きチーク」が今季のトレンドなんです。「Malibu Beauty(マリブビューティー)」から誕生した「焼きチーク」がSNSで話題沸騰中、その魅力をたっぷりとお届けします。

【2017夏】オール1,500円以下♡今すぐGETしたい「新作プチプラコスメ」8選

美容業界では夏の新作コスメラッシュです!全部欲しいという欲張り女子のために、今回はオール1,500円以下で手に入る優秀プチプラコスメを一挙ご紹介します。

永遠の愛されカラー♡オシャレ女子6人がGETした「ピンクリップ」をチェック

毎シーズン各ブランドから様々なカラーのリップが登場しますが、オンもオフも活躍度が高いのはやっぱりピンクです。必ず1本はおさえておきたい「ピンクリップ」。そこで今回は、オシャレ女子がこの夏にGETしたお気に入りの「ピンクリップ」をご紹介します。

崩れない!テカらない!夏にオススメの「優秀プレストパウダー」10選

化粧崩れやテカりが気になる夏はプレストパウダーが必須!今回は、この夏にオススメの「優秀プレストパウダー」を一挙ご紹介します。プチプラからデパコス、新作から定番商品まで盛りだくさん♡

この記事のキーワード

この記事のライター

朝霧ゆう 朝霧ゆう