大人シックな印象に可愛らしさをプラスしてくれる【下まぶたメイク】に使ってほしいアイテム♡

冬のメイクはシックで深みがあって、落ち着いた大人の印象を作れますよね♡でも大人な印象の中に可愛らしさを少しでもプラスしたいというあなたは、「下まぶたメイク」にプラスするのがおすすめ♪大人可愛くメイクを仕上げるアイテムを紹介します!

大人で落ち着いた冬のメイク

冬のトレンドカラーって、深みがあってシックで落ち着いた印象がつくれるので、大人女子にはぴったりですよね。トレンドカラーを思いっきり使って、季節を楽しんでいる、という方も多いのではないでしょうか。でも落ち着いた雰囲気だけでなく、可愛らしい雰囲気もしっかりプラスしていきたい、という方いませんか?

でも可愛らしさもほしい!

冬の落ち着いた雰囲気を崩さないまま、可愛らしい印象をプラスしたいというあなた。実は下まぶたメイクに可愛らしさをプラスすれば、それだけで印象が「大人可愛く」作れるんですよ♡今回は冬のシックなメイクと一緒に採用してほしい、下まぶたメイクに使えるアイテムを紹介していきます♪

メイクを大人可愛く仕上げる「下まぶたメイク」

マスカラ

下まぶたメイクを可愛らしく仕上げる第一歩として、マスカラはしっかり塗っていきましょう。マスカラをしっかり塗って下まつ毛を強調するだけでも十分可愛らしさはプラスされますよ!
下まつ毛のマスカラをうまくぬれるか心配、というあなたにおすすめしたいのがランコム グランディオーズ ウォータープルーフ。25度にカーブしたブラシが目の形にフィットしてくれるので、下まぶたにもとっても塗りやすいんです!

明るめカラーで涙袋をぷっくり♡

涙袋がぷっくりした目元って、それだけで可愛らしいですよね。上まぶたにはシックなカラーでメイクをしていても、下まぶたに明るめカラーのシャドウを乗せるだけでも涙袋を強調できますよ!
おすすめなのがエチュードハウス ティアーアイライナー。下まぶた専用のライナーで、上品なパールがナチュラルな涙袋メイクをアイテムひとつで完成させてくれます♡極細のペンでラインも引きやすいので、メイク初心者でも扱いやすいアイテムですよ!

暖色をプラスするのも◎

下まぶたにさりげなく暖色カラーをプラスするのもおすすめ。冬のシックで深みのある印象を崩さずに、ふんわりした印象もしっかり作ってくれますよ♡暖色系アイカラーに挑戦したことがない、というあなたでも、気軽に試してみることができますよ♪
おすすめなのがボビイ ブラウン リュクス アイシャドウ リッチ ラスター 01リキッドマーキュリー。肌にぴったりフィットしてくれるテクスチャで奥行きある印象を作ってくれるので、しっとりとした大人のピンクメイクを作ってくれます♪ツヤ感も演出して大人の色気もバツグンに仕上がりますよ!

さりげなく可愛らしさをプラスしましょう♡

シックで落ち着きのある冬メイク。大人な印象をつくれますが、しっかり可愛らしさもつくっていきたいというあなたは、「下まぶたメイク」に特にこだわって大人な雰囲気は壊さないまま、さりげなく可愛らしさをプラスしてくださいね♡
2017年12月6日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どの角度から見てもかわいいあなたに♡横顔をもっとかわいく作るメイクテク!

日々メイクの研究をしている、というあなた。前から見たときの印象は考えていても、横顔についてはあまり考えたことがない、という方も多いのではないでしょうか。そんなあなたにおすすめしたい、【横顔】をもっとかわいく見せるメイクテクを紹介していきます!

《コンプレックス解消メイク》強めの印象をふんわり女性らしい印象に変えるメイクテク♡

ナチュラルにメイクをしてもどうしても印象が強くなってしまうのがコンプレックスというあなた♡そんな悩みも、印象をふんわり女性らしく仕上げるテクニックを使えば、一気に解消することができますよ♡おすすめのテクニック紹介します!

コンプレックスはメイクでカバーしよう!知っておきたいコンプレックス解消メイク♡

誰にでもコンプレックスってありますよね。メイクをするとき、そのコンプレックスをカバーしようと工夫すると思いますが、コンプレックスを解消できるテクニックを使えば、もっともっとあなたの理想のメイクができるかもしれませんよ!

秋も冬も同じメイクなんていやだ!秋から冬にメイクをチェンジするテクニック♡

もう少しすると、季節が秋から冬に変わりますよね。夏から秋に変わったときはメイクもチェンジして気分を変えることができたけど、秋から冬にチェンジするときはどうしたらいいの?と悩んでいるあなたにおすすめのテクニックを紹介していきます♡

はっきりした目元をつくれる「囲み目メイク」をナチュラルな秋冬シックな印象に仕上げるテク♡

少し前のトレンドだった「囲み目メイク」。もう古いし印象が強くなりすぎてしまいそうと思っている方いませんか?実はテクニックによってはとってもナチュラルに、かつはっきりとした目元を作れるようになるんですよ!

この記事のキーワード

この記事のライター

木戸みほ 木戸みほ