【30代・40代におすすめのリップグロス4選】失敗しないデパコス&口コミ人気No.1カラーは?

30代・40代の皆さんに大人気のデパコス リップグロス&人気カラー3色を口コミから厳選してご紹介します。気になる荒れやべたつき、乾燥などをクリアした高パフォーマンスのアイテムをチェックします。失敗しないお気に入りのカラーがきっと見つかりますよ。

30代・40代の失敗しないデパコスのリップグロス&人気カラー

光沢感をプラスして、ツヤめく魅力的な唇が叶うリップグロス。
デイリーに使うリップコスメとしては、口紅やリキッドルージュがメインになっている方が多いですよね。
プラスアイテムとなるグロスは、高価なデパコスとなると特に失敗したくないもの。

今回はそんな30代・40代の皆さんにおススメの、大人気デパコス リップグロス&カラーをご紹介します。

ハイブランドと言っても、グロスで気になるのが、べたつきや皮剥け、乾燥や色持ち。
さらに香りやカラーニュアンスなどの好みも分かれるところです。
リップグロス4選では、口コミから特に優秀なアイテムを厳選していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

大人気&優秀なリップグロス4選

DIOR「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」

今年2019春に潤いをアップしてリニューアル。
「いつもストックして無いと不安」という程リピーターの多い人気No.1グロスです。

「どのリップでも乾燥して剥けていたけど、やっと落ち着いた」とリップ難民だった方に大好評。
ふっくらと透明感あるツヤリップに仕上がるだけでなく、グロスなのに持ちが良いのも高ポイントです。
現在発売中の全8色のバリエーションの中で、揺るがない人気色が『001 ピンク』。
肌色を選ばず、様々なリップカラーに合わせて使えるライトピンクは、プレゼントにも喜ばれています。
DIOR ディオール アディクト リップ マキシマイザ...

DIOR ディオール アディクト リップ マキシマイザー リップグロス

No.2人気は、バックステージ限定色の『012 ローズウッド』です。
フレッシュでヌーディーな色みで、あらゆるシーンで活躍してくれます。
サマーシーズンには『007 ラズベリー』も人気度がアップ。
スッキリした甘さのミントの香りも夏におススメです。

CHICCA「メスメリック グラスリップオイル」

2019年1月にデビューし、今年上半期ベストコスメに輝いたCHICCA(キッカ)のリップグロスです。
澄んだツヤツヤ感がしっかり表れ、多彩なラメが遊び心いっぱいの仕上がりに。
しっとりオイルで持ちが良く、まとめ買いする方も多い、注目度上昇中のアイテムです。

大人っぽい色みの濃淡全10色の中で、No.1人気色は鮮やかな陽光を想わせる『02 サンシャインラブ』(上下写真)。
イエローのグロスはあまり発色しないイメージですが、きちんと黄みが感じられ、イエベの方はブルー系カラーをなじみやすくする効果も。
他ブランドなら限定色になりそうな、カラフルなバリエーションがレギュラー販売されているのも魅力の「メスメリック グラスリップオイル」。

ブルべの方におススメしたい爽やかなパステルブルーの『01 シーガル』、神秘的なビビッドラベンダーの『05 ミーミーミー』が続いて人気です。

CHICCAはこの秋新作を最後にブランド終了が公表されています。
ぜひ今の間にCHICCAリップをチェックしておいてくださいね。(販売は2020秋まで在庫が無くなり次第終了となります)

M·A·C「リップガラス」

M·A·Cのアイコン的リップグロスである「リップガラス」は、唇を潤いで守りながら、薄付きでキレイな発色のガラスのようなツヤリップが続くのでおススメです。

現在全33色ものレギュラー色が販売中の「リップガラス」は、多彩なニュアンスで好みが分かれていますが、シマーなピーチベージュの『シー スルー』(上写真)・ダスティなプラムトープ ブラウンの『スパイト』(下写真)・ミッドローズ ピンクの『キャンディ ボックス』などヌーディー系が人気です。
MAC リップガラス スパイト

MAC リップガラス スパイト

『シー スルー』『スパイト』『キャンディ ボックス』はミニサイズの「リップガラス リトルマック」でも発売されていますので、お手頃価格で購入できます。
下記のサイトではスウォッチもご覧になれますので、チェックしてみて下さいね↓

クレ・ド・ポー ボーテ「ブリアン ア レーブル エクラ」

上品なツヤ発色や高級感にあふれたコスメデザインが際立つ、クレ・ド・ポー ボーテのリップグロスです。
快適な付け心地で、べたつかずになめらかに唇を整え、ナチュラルな血色感のぷるんとしたリップに仕上がります。
リキッドコスメで気になる方が多いアプリケーターも、使いやすいと評判。
「グロスとしては落ちにくい方で飲食してもキレイ」と色持ちにも満足している方が多いです。

人気No.1カラーはレッドピンクの『スターダスト』(写真)。偏光パールの輝きや顔を明るく見せてくれるピンクが大人女子に支持されています。(メイク例は最後の写真をご覧くださいね)
続いての人気色が、肌なじみの良いピンクブラウンの『チャーム』(写真)と、シアーで高発色のローズレッド『ファイアールビー』(下写真)。
「カラーが全部華やかで大人可愛い」と言われる「ブリアン ア レーブル エクラ」らしく、どちらも魅力的です。

お気に入りのリップグロスでステキなチャンスを

30代・40代におススメのデパコス リップグロス4選&人気カラーをお届けしました。

大ヒットとなっても進化し続けるDIOR「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」、カラフルなバリエーションとハイパフォーマンスが叶うCHICCA「メスメリック グラスリップオイル」、肌なじみの良いニュアンスカラーが実用的なM·A·C「リップガラス」、華やかで品格のあるクレ・ド・ポー ボーテ「ブリアン ア レーブル エクラ」といった、仕上がりもテクスチャーも高品質なブランドが揃っています。

ぜひお気に入りのリップグロスで、ステキなチャンスを捕まえて下さいね。
2019年7月9日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジルスチュアート<マイブラックドレス>初コフレ&2019冬新作リップ登場!「ブラックチュール コレクション」と「ルージュ ティントインドリーム」全色をレビュー

ジルスチュアートから2018年10月に誕生したメイクアップライン<マイブラックドレス(My Black Dress)>の新作コスメが11月30日に登場!<マイブラックドレス>初のコフレ「ブラックチュール コレクション」&シリーズ初のティントタイプのスティックリップ「ルージュ ティントインドリーム」と要注目アイテムがラインナップ♡<マイブラックドレス>2019冬新作コスメの全ラインナップをご紹介します!

《OPERA(オペラ)》大人気の「リップティント N」&「シアーリップカラー RN」限定色が11/28〜発売!冬に映える洗練された赤リップに

OPERA(オペラ)の「リップティント N」「シアーリップカラー RN」から、2019年11月28日(木)より冬の限定色が各1色ずつ発売。“Night Light”をテーマに、東京の街と、そこに瞬く光の両方の魅力を映し出した、冬の‘透ける赤リップ’2色です。今回は、遠くで静かに光るネオンサインの美しさや、街の光からインスパイアされた、OPERA(オペラ)冬の限定色をFORTUNE編集部がご紹介します。

《エスティ ローダー 2019クリスマス》「メークアップ コレクション 2019」が10/25発売!大人気のリップやスキンケアを11種セット

エスティ ローダーから2019年10月25日よりクリスマスコフレが順次発売に。FORTUNE編集部は、大人気の「ピュア カラー エンヴィ リップスティック」やアイシャドウとチークがセットされたパレット、スペシャルサイズの「アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ」など11種がオリジナルバッグに入った「メークアップ コレクション 2019」をピックアップ。気になる全ラインナップを詳しくご紹介しますよ♪

ウズ(UZU)待望の新作はリップ!「38℃ / 99℉ リップスティック <トウキョウ>」と「38℃ / 99℉ リップトリートメント」を全色レビュー

フローフシ(FLOWFUSHI)から誕生したグローバルブランド“ウズ(UZU)”から、第2弾新作が9月27日に登場!フローフシ(FLOWFUSHI)のアイコニック「LIP38℃ リップトリートメント」シリーズと同じく、「唇温度=38℃」の理想的な血色感と潤いを叶える新作リップ「38℃ / 99℉ リップスティック <トウキョウ>」と「38℃ / 99℉ リップトリートメント」を全色レビューします♡

コフレドール“SWITCH!COLORS”がテーマの2019冬新作コスメをレビュー!「アーティクリエーター アイ&フェイス」やルージュの新色,「Wカラーマスカラ」11/16発売

コフレドールから"SWITCH!COLORS"をテーマとした2019冬の新作コスメが登場!もっと自由にメイクを楽しめるアイシャドウ&フェイスカラーパレット「アーティクリエーター アイ&フェイス」や、「スキンシンクロルージュ」の新色&限定色、立体感のある唇を作る「コントゥアリップデュオ」、2色セットの「Wカラーマスカラ」が発売されます。オンラインショップ限定10/18発売の「アーティクリエーター アイ&フェイス」EX01と合わせて一挙ご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

倖実 愛衣結 倖実 愛衣結