画像詳細 《ボビイ ブラウン》2019夏新作「モルトン ドラマ アイ パレット」をレビュー!“溶融金属”が着想源の新フォーミュラで濡れツヤ&多次元の輝きを叶える♡ - ふぉーちゅん

《ボビイ ブラウン》2019夏新作「モルトン ドラマ アイ パレット」をレビュー!“溶融金属”が着想源の新フォーミュラで濡れツヤ&多次元の輝きを叶える♡ の画像

BOBBI BROWN ボビイ ブラウン モルトン ド...

この画像が掲載されている記事

《ボビイ ブラウン》2019夏新作「モルトン ドラマ アイ パレット」をレビュー!“溶融金属”が着想源の新フォーミュラで濡れツヤ&多次元の輝きを叶える♡

《ボビイ ブラウン》2019夏新作「モルトン ドラマ アイ パレット」をレビュー!“溶融金属”が着想源の新フォーミュラで濡れツヤ&多次元の輝きを叶える♡

2019年5月10日に《BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)》の2019夏新作「モルトン ドラマ アイ パレット」が限定発売されます!MOLTEN METAL(溶融金属)からインスパイアされた新フォーミュラが濡れたようなつやめきを与え、カラーパールが多次元な輝きを実現するアイパレットです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《OPERA(オペラ)》大人気の「リップティント N」&「シアーリップカラー RN」限定色が11/28〜発売!冬に映える洗練された赤リップに

《OPERA(オペラ)》大人気の「リップティント N」&「シアーリップカラー RN」限定色が11/28〜発売!冬に映える洗練された赤リップに

OPERA(オペラ)の「リップティント N」「シアーリップカラー RN」から、2019年11月28日(木)より冬の限定色が各1色ずつ発売。“Night Light”をテーマに、東京の街と、そこに瞬く光の両方の魅力を映し出した、冬の‘透ける赤リップ’2色です。今回は、遠くで静かに光るネオンサインの美しさや、街の光からインスパイアされた、OPERA(オペラ)冬の限定色をFORTUNE編集部がご紹介します。
《マキアージュ 新作》ひと塗りでナチュラルな色っぽさ。“薄膜フィルム”の『ドラマティックルージュ N』全色レビュー!

《マキアージュ 新作》ひと塗りでナチュラルな色っぽさ。“薄膜フィルム”の『ドラマティックルージュ N』全色レビュー!

大人気 MAQuillAGE(マキアージュ)のリップアイテムに新テクスチャーが仲間入り!「マキアージュ ドラマティックルージュ N」が2019年10月21日(月)より発売されます。フィルムのような薄膜の艶で、さりげない色っぽさを演出してくれる、大人女子必見の新作リップ!全8色(うち限定3色)をレビューしました。
《M·A·C》アイコニックな高発色アイシャドウ「スモール アイシャドウ」新色が発売!3つの質感を楽しめる全36色のスウォッチをご紹介

《M·A·C》アイコニックな高発色アイシャドウ「スモール アイシャドウ」新色が発売!3つの質感を楽しめる全36色のスウォッチをご紹介

2019年10月4日(金)より、M·A·C(マック)のアイコニックライン「スモール アイシャドウ」から全36色が新色として追加発売されます。デリケートなお肌のことを考えて作られた、高発色でブレンドしやすいアイシャドウ。今回は、豊富なカラーバリエーションと質感を誇る「スモール アイシャドウ」の新色、全36色をFORTUNE編集部が一挙にご紹介します。
ボビイ ブラウンの2019夏限定「クチュール ドラマ アイ シャドウ パレット」8/2発売!美しい10色セットのアイシャドウをレビュー

ボビイ ブラウンの2019夏限定「クチュール ドラマ アイ シャドウ パレット」8/2発売!美しい10色セットのアイシャドウをレビュー

ボビイ ブラウンから10色入りアイシャドウパレット「クチュール ドラマ アイ シャドウ パレット」が2019年8月2日より限定発売!永遠に愛されるクチュールファッションからインスパイアされた、アバンギャルドなカラーの新作アイシャドウパレットを、使用感など詳しくご紹介します。
【ボビイ ブラウン 新作】プロのテクニックが簡単に「エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット」を全色レビュー|7/5~限定発売

【ボビイ ブラウン 新作】プロのテクニックが簡単に「エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット」を全色レビュー|7/5~限定発売

ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)から2019年7月5日より限定発売される「エッセンシャル マルチカラー アイシャドウ パレット」全5色をFORTUNE編集部がレビュー!スウォッチと2パターンのメイク方法付きでご紹介します。プロのテクニックを簡単に再現できるカラー&テクスチャーをぜひご堪能ください。

この記事のキュレーター