“かっこいい大人美”を提案!注目の新ブランド「アンプリチュード(AMPLITUDE)」いよいよデビュー♡ディレクターは、RMK創業者!

RMK創業者がディレクターを務める注目の新ブランド「アンプリチュード(AMPLITUDE)」が誕生!“かっこいい大人美”という新しい価値を提案するブランドとし、9月1日より、ベースメイクアップアイテム、限定のアイカラーパレットとチークカラーパレット等が発売になります。

注目の新ブランドがいよいよデビュー!

業界中から注目を集めていた、新ブランドがいよいよヴェールを脱ぎました!

「THREE(スリー)」を手がけるアクロが、あの人気コスメブランド『RMK』の創業者RUMIKOさんをクリエイティブディレクターに起用した新ブランドを発表。

ビューティクリエイター・メイクアップアーティストRUMIKOさんの豊富な経験と知識、そしてこだわりがふんだんに詰まった新ブランドの魅力をご紹介していきたいとおもいます☆

ブランド名は「アンプリチュード(AMPLITUDE)」

mayumi hasegawaさん(@mayumi089h)がシェアした投稿 -

「アンプリチュード(AMPLITUDE)」と名付けられたブランド名。

このブランドは、大人女性をターゲットにしたハイプレステージメーキャップブランドに仕上がっています。

世界で活躍し女性の肌を知り尽くすRUMIKOさんのもとで生み出されるアイテムは、きっと今までの常識を覆すほど、驚きと感動を与えてくれそうな予感がしてなりません!

“かっこいい大人美”という新しい価値を提案

新たに誕生するブランド「アンプリチュード(AMPLITUDE)」が提案してくれるのは、知性や色気をあわせ持ち、精神的にも成熟した“かっこいい大人美”なんだそうです。

女性たちの人生を、若く美しくあることを追い求める時を第一章と例えるなら、そのあとにやってくる第二章は生き方、考え方、愛し方までもいさぎよくかっこよく、人間美を追い求めることなのではないか…

そんな考えのもと作られたアイテムとなっているそうです。

この秋、まず登場するのは、すべての大人の女性たちが求める透き通るカバー力、みずみずしい仕上がり、上品なツヤ感を叶えてくれるベースメイクアイテム♡

早速、こだわりの詰まった期待の新ブランドより発売されるアイテムをチェックしていきましょう。

◇発売アイテムラインナップ◇

古屋美枝 Mie Furuyaさん(@miefur)がシェアした投稿 -

(写真2枚目)
■ロングラスティングリキッドファンデーション
■トランスルーセント エマルジョンファンデーション

(写真3枚目)
■フィニッシュルースパウダー
■リキッドコンシーラー

(写真4枚目)
■クリアカバーリキッドベース
■コンプリートフィットクリームベース

(写真5枚目)
■アイカラーパレット(限定)
■チークカラーパレット(限定)

▶大人の女性が求めるベースメイクアイテム

安倍佐和子さん(@abesawakobeauty)がシェアした投稿 -

何といっても、圧巻のバリエーションで揃うベースメイクアイテムは、肌の“透き通る感”を実現する納得の仕上がり!

発表会で早くもタッチアップを体験した女性たちからは、肌にピタっと密着する感じ、カバー力と適度なツヤ感、柔らかな仕上がりの素晴らしさなど、思わずため息が漏れるほどの仕上がりだったそうですよ。

2枚目の動画を再生して、アイテムラインナップを是非ご覧になってみてくださいね。

KURI NAKAGOMEさん(@kurikobeauty)がシェアした投稿 -

大人の女性が手にしたいと願う、透明感やツヤ感を叶えてくれるベースメイクアイテムは、日本人のどんな肌色にも対応できる、カラーバリエーションも充実しているんです。

世界各国の雑誌の表紙や有名ブランドの広告を手掛けハリウッド女優の専属メイクなども行ってきた、RUMIKOさん、女性たちの肌のことを知り尽くした彼女だからこその逸品と言えるのではないでしょうか…?

美香さん(@mikaamata)がシェアした投稿 -

仕上がりはもちろんのこと、洗練された大人の女性たちが持つにふさわしい、クールでスタイリッシュ、そして洗練されたパッケージデザインもとっても素敵な仕上がりとなっているんですよ!

動画を再生していただくと、高級感と気品にあふれるパッケージデザインをご覧いただくことができます。

まず目に飛び込んでくるのは、キラキラと輝くゴールドと、落ち着きとラグジュアリー感漂うブラックを基調としたパッケージ。

さすが、大人の女性に向けたハイプレステージメーキャップブランドということもあり、パッケージデザインに至るところまで、“かっこいい大人美”になっているようです。

横に流れるように描かれているロゴデザインも、繊細で美しい仕上がりとなっていますよね♪

▶限定アイテムも登場!

美香さん(@mikaamata)がシェアした投稿 -

豊富なラインナップで登場するベースメイクアイテムと同日、限定のアイカラーパレット(左)とチークカラーパレット(右)も発売となります。

ブランド誕生の今だけしか手にすることが出来ない、ハートがびっちりと引き詰められたような愛らしさ溢れるアイテムに…♡

アイシャドウパレットは、ナチュラルな煌きが素敵なカラーがセットされていて、1色使いでも、グラデーションにしても魅力的な目元を演出できます。
ブラウン系のカラーが配色されていて、どんなシーンでも使え、落ち着きのある上品な女性のマストハブなパレットです。

さらに、チークパレットも、自然な血色をプラスし、パッと明るく華やかな幸福感あふれる頬をメイクしてくれます。

どちらも忙しい現代の大人女性たちにうれしい、テクニックいらずで美しい仕上がりが叶うところもポイントです!

注目の新ブランドをお見逃しなく!

今日は知る人ぞ知る、ビューティクリエイター・メイクアップアーティストのRUMIKOさんがクリエイティブディレクターを務める、大注目の新ブランド『アンプリチュード(AMPLITUDE)』について、ブランドの魅力と、9月1日より発売となるアイテムについてお届けしてきました。

まず9月にはベースメイクアイテムが誕生となりますが、来春にはポイントメイクアイテムも登場するようですよ!

“かっこいい大人美”という、今までにない新しい価値を提案してくれるブランド。
そんな「アンプリチュード(AMPLITUDE)」は、大人女性の肌悩みに応える機能を備えたアイテムによって、大人の女性たちに自信を与えてくれることでしょう…

是非皆さんもこだわりの詰まった素敵なアイテムを、体感してみてくださいね。
2018年7月4日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《M·A·C》アイコニックな高発色アイシャドウ「スモール アイシャドウ」新色が発売!3つの質感を楽しめる全36色のスウォッチをご紹介

2019年10月4日(金)より、M·A·C(マック)のアイコニックライン「スモール アイシャドウ」から全36色が新色として追加発売されます。デリケートなお肌のことを考えて作られた、高発色でブレンドしやすいアイシャドウ。今回は、豊富なカラーバリエーションと質感を誇る「スモール アイシャドウ」の新色、全36色をFORTUNE編集部が一挙にご紹介します。

《OPERA(オペラ)》大人気の「リップティント N」&「シアーリップカラー RN」限定色が11/28〜発売!冬に映える洗練された赤リップに

OPERA(オペラ)の「リップティント N」「シアーリップカラー RN」から、2019年11月28日(木)より冬の限定色が各1色ずつ発売。“Night Light”をテーマに、東京の街と、そこに瞬く光の両方の魅力を映し出した、冬の‘透ける赤リップ’2色です。今回は、遠くで静かに光るネオンサインの美しさや、街の光からインスパイアされた、OPERA(オペラ)冬の限定色をFORTUNE編集部がご紹介します。

《マキアージュ 新作》ひと塗りでナチュラルな色っぽさ。“薄膜フィルム”の『ドラマティックルージュ N』全色レビュー!

大人気 MAQuillAGE(マキアージュ)のリップアイテムに新テクスチャーが仲間入り!「マキアージュ ドラマティックルージュ N」が2019年10月21日(月)より発売されます。フィルムのような薄膜の艶で、さりげない色っぽさを演出してくれる、大人女子必見の新作リップ!全8色(うち限定3色)をレビューしました。

2019春夏コスメ☆《RMK》より、“カラーダンス”をテーマとした遊び心をプラスする鮮やかなカラーコレクションが発売に!

豪華メイクアップキットが登場しているクリスマスコレクションが盛り上がりを見せている中、早くも2019春夏カラーコレクションが発売になります。今回は、カラーダンスをテーマに、鮮やかなカラーアイテム「ア カラーゲーム アイズ&チークパレット」「カラーポップアイズ」などのアイテムが続々登場☆

《RMK 2018秋新作》今年の秋メイクにはこれ♡限定「ミッドナイトフラワー リップグロス 02」「ミッドナイトフラワー ブラッシュ 03」をレビュー

人気コスメブランド RMK(アールエムケー)から、8/10より2018秋冬新作コレクションが発売スタート♡”GLOW IN THE DARK”をテーマとした、鮮やかな限定商品が並ぶコレクションです。そんな新作アイテムから「ミッドナイトフラワー リップグロス《02 スパークルダスク》」「ミッドナイトフラワー ブラッシュ《03 ヴィクトリアンローズ》」をレビュー!

この記事のキーワード

この記事のライター

鈴木あづみ 鈴木あづみ