2017年はフレッシュ!元気系女子メイクで自分らしく可愛くなる♡

ふわふわ可愛いを追求してきた方、2017年はもっと自分らしく、明るく楽しく見える個性を出せるメイクも挑戦してみませんか?流行りを意識するのも女の子にとって必要ですが、自分らしさを出すことも必要なことですよ♡元気系メイクをご紹介。チャレンジしてみて下さいね。

ナチュラルビューティー

ナチュラルに自分の個性を活かすメイク。誰かの真似や隠すことばかり意識したメイクではなく、たまには自分らしくいられるメイクにしてみませんか?プライベートで自分が1番のびのび出来る瞬間にメイクもちょっと変えてみましょう♡

アイシャドウ編

メイクをしていないように見せながら実はチャームポイントを引き出してくれるメイク。ベースはツヤ感を出せるよう下地とラメ入りパウダーをオン。目を意識したい方は、アイシャドウもがっつりグラデーションではなく自然と二重が綺麗に見えるつけ方で。
アイホール全体の色を整えてパールや白っぽいカラーを乗せて、まつげのキワから二重のラインまでにカラーを乗せます。ライトブラウンや濃いピンクがオススメです。
濃くないのに自然と二重がはっきり見えますよ。

リップ編

ナチュラル系、ヘルシー系でもリップを強調させながら魅せることは出来ます。ついふわふわ系のピンク、ツヤ感に流れそうですが、まずはリップペンシルで唇の輪郭をはっきりさせます。オーバーラインにせず、自分の唇の形を整えるイメージで。
オレンジや少し赤っぽいカラーでフレッシュ感を出してみましょう!口紅も良いですが、グロスやカラーリップを使うのもオススメです。

ヘルシーメイク

ビタミンカラーを使って健康的に見えるメイク。女の子らしくも見えるのにフレッシュで明るく見えるメイク術。ゴールドやオレンジ、ライトブラウンなどアイシャドウや、チークのカラーを少し変えるだけで元気系女子メイクが出来ますよ♡

アイシャドウ

明るい雰囲気を目元に出すためにベースになる白やパールは忘れずに。あまり濃い色を広めに使わず、薄いカラーをアイホールの半分くらいまでひと塗りしたあと二重のラインまで少し濃いめのカラーを乗せます。
クマやくすみを隠したい時は目元の涙袋にもハイライトや明るいカラーを乗せます。目尻ちょっと濃いめのカラーを乗せるとアイラインっぽくなりますよ。

まとめ

マットなメイクにしたい時はクリームシャドウを使ったり、チークはオレンジ系のものを使ってぼかすなど、ヘルシーメイクのポイントはカラーです。アイラインをがっつり引くよりアイシャドウをメインに使います。
笑顔が似合うヘルシーメイクで新しい年をさらに楽しんで下さいね♡
2017年1月6日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美の秘訣はレタスにあり!あの女優さんも試してるこの時期にぴったりの美容鍋とは?

12月に入り本格的に寒くなり恋しくなる鍋。キムチ鍋やちゃんこ鍋、もつ鍋、豆乳鍋などいろいろな鍋がスーパーの鍋スープの棚に陳列してありますが、美容のことを考えて食べるなら、スープは買わずに是非試してほしいのが「レタス鍋」!!

2018秋新作コスメ《エチュードハウス》もぎたてフレッシュなピーチアイ♡新「プレイカラー アイシャドウ ピーチファーム」9/7発売

エチュードハウスから新アイシャドウパレットがデビュー!2018秋新作「プレイカラー アイシャドウ ピーチファーム」が9/7より発売されます。愛されメイクが叶うピーチカラーと濃淡ベースの10色入り。全色のスウォッチやパフォーマンスをチェックしましょう♪

100%天然由来のFRESH(フレッシュ)から、夏に嬉しい日焼け止めやデオドラントが登場♡

天然由来成分にこだわったFRESH(フレッシュ)では、肌にやさしい夏のレスキューコスメがたくさん登場しています。オーガニックにこだわっているから、肌に負担をかけそうな日焼け対策や日焼け後のケアも安心してできるんです☆ この夏おすすめのアイテムを紹介します♡

《赤リップ》を主役にしても優しく、色っぽく、ヘルシーな春メイクにトライ◎

女性らしい強さや色気を漂わせる赤リップは、大人女子の間でもすっかり定番に。2018年春夏は、これまでの赤リップの印象を覆す赤リップメイクにトライ。女性の情熱や強さを象徴する赤リップを、優しくヘルシーな印象に変えてしまうメイクテクニックをご紹介します。

【コンプレックス解消メイク】若さは作れる♡年齢よりいつも上に見られるあなたにおすすめメイクテク《RMK、エチュードetc..》

いつも年齢より上に見られるのがコンプレックス、というあなた。そんなあなたもメイクの作り方次第でフレッシュな印象が手に入るんです♡あなたのコンプレックスを解消できるかもしれないメイクテクを紹介していきます♡

この記事のキーワード

この記事のライター

ay ay