今春も注目される事間違いなしの血色カラー!いろんな部分に『赤』メイクを取り入れよう♪


昨年からとにかく人気がある血色カラーの赤メイク。 ウサギのような印象があることで『うさぎメイク』と呼ばれていたり、ぽってりリップ&血色チークなど、ヘアメイクアーティストのイガリシノブさんが提案するメイクとして『イガリメイク』と読んでいる人も多くいますよね♪ そんな赤メイクが今春も大注目の予感満載! ポイントで赤メイクを取り入れてじんわり色っぽ顔を作ってみませんか?

マスカラ

100000001003022803_10204 クレアモード crea mode デコラガール DECORA GIRL マスカラ 美容液 レッド:1,620円
こちらは塗りながらまつげもケアできちゃうデコラガール赤マスカラ。 ウォータープルーフだけどお湯で簡単オフ出来ちゃうお手軽なカラーマスカラですよ♪ カービングブラシで目頭・目尻もひと塗りでエクステ級のボリューム! 赤メイクとしては下まつ毛の目じりなどにちょこっと乗せるのがポイントですよ♪  

アイシャドウ

anajs0100022_mob2 アナスイ アイシャドウ アナレッド:1,100円
鮮やかな発色とパールがキレイなアナスイ赤アイシャドウ。 個性的なカラーリングで泣いた後のようなほんのりとして血色を演出する事ができます。 オリジナルパウダーベースで色ぐすみのない鮮やかな発色を実現してくれますよ。  

チーク

SHOHIN_PL_C5_688601_pc マジョリカ マジョルカ ブラッドオン:1,026円
赤チークはマジョリカ マジョルカの数量限定でクリームタイプのチーク&リップカラーに注目。 ほおに唇にヌードな血色感をプラスしてくれる多才なアイテム。 指先で色をのせることでじんわりと赤みをプラスして恋する女子のほっぺを演出。 手持ちのチークやリップの下地として使えば、色味が変わりまた違った取り入れ方も出来てGoodですよ☆  

ルージュ

ajkgfh 資生堂 インテグレート グラマラスルージュ(エナメルラスター) RD405:1,296円
ちょっぴり特殊な赤ルージュと言えばインテグレート グラマラスルージュ。 ふっくらとした美しい形の唇に仕上げてくれるのつや色ダイヤル式リキッドルージュなんです。 必要な分だけ出して、そのまま塗れる新感覚ルージュ。 唇へのフィット感にすぐれたスパチュラでくっきりとしたラインを描く事ができますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか? このほかにもアイライナーやアイブロウ、フェイスパウダーにまで赤をがっちり取り入れたメイクアイテムが登場しているほど、今や浸透している赤メイク。 2016年の干支でもある申年にちなんでハッピーカラーとして取り入れてみるのも気分転換になるかもしれませんよ♪
2016年2月15日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【情報解禁】<イガリシノブ>がクリエイティブディレクターを務める新ブランド『BABYMEE(ベイビーミー)』が6月末デビュー!

コスメブランド『WHOMEE(フーミー)』を手掛ける、ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブさんが、クリエイティブディレクターを務める新ブランド【BABYMEE(ベイビーミー)】が6月末より新たに誕生!今回は、2020年7月26日(日)に全国発売となる新商品を一挙にご紹介します。

「フーミー(WHOMEE)」×ディズニーストア共同企画!ミッキー&ミニーモチーフのコスメ3月10日発売に♡

ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブがプロデュースする大人気コスメブランド「WHOMEE(フーミー)」と、ディズニーストアが夢の共同企画を発表!ミッキー&ミニーモチーフのメイクアップアイテムやコスメ雑貨が、3月10日より全国のディズニーストアで限定発売されます♪ 今日は気になるラインナップをご紹介していきたいと思います。

イガリシノブプロデュース<WHOMEE(フーミー)>からスキンケアシリーズ誕生!化粧水・乳液をレビュー

ヘアメイクアーティストのイガリシノブさんがプロデュースするコスメブランド『WHOMEE(フーミー)』から、スキンケアシリーズが誕生。今回は2020年2月22日に発売となるフーミー モイストローション<化粧水>とフーミー モイストミルク<乳液>をレビューしていきます。

イガリシノブプロデュース「#WHO」と「#MEE」をテーマにしたWHOMEE(フーミー)の2019年秋冬リップをレポ♡

絶大な人気を誇るヘアメイクアップアーティスト、イガリシノブさんがプロデュースするコスメブランド『WHOMEE(フーミー)』の2019秋冬コレクションは、女性の二面性を表現した「#WHO」と「#MEE」がテーマ!全25種のアイテムが発売される今回のコレクションからリップアイテムをピックアップしてレビューしていきます。

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki