一人BARで素敵な出会い…♡ちょっと待って!現役バー店員が答える、素敵BAR女子と残念BAR女子

おとな女子の出会いの場、一人BAR♡

素敵な男性と出会えたり、思わぬお友達ができたり、交流を増やすのに最適な遊び場なんですね♪

image (1)
timeout.com

実はみねさん。、現役バー店員なのです!
そして個人的にもBARをお客さんとして楽しんだりしています。

そんな経験から、人間観察好きな私が思う、

×ちょっとめんどくさいと思われちゃう残念BAR女子

○男性からもモテる話しかけやすい素敵BAR女子

違いを徹底解剖!

残念BAR女子

キャプチャ
fzeraf.com

出会いが多いと聞くからBARに通ってるけど、全然話しかけられない!

見た目もキレイにしているのになんで!?

ってあなた、残念BAR女子あてはまりませんか?

ダメ出しをする

せっかく仲良くなった男性や、店員さんになぜかダメ出し・・・

よく言えば世話好きなのかもしれませんが、アドバイスの範疇を行き過ぎて、説教やダメ出しになってしまうと周りは「何様だよ!」となります。

店員さんに偉そうなのもダメポイント×

品がない

周りの人が不快に感じるほどの声の大きかったり、
食べ方、飲み方が汚かったり・・・

落ち着きがなく、ずっとソワソワしたり、足を開けて座ったり・・・

他のカップルやお客さんに失礼な発言をしたり。

やまとなでしこ、とまでは言いませんがマナーを守り、節度ある行動を心がけてほしいですね(>_<)

自分の話ばかりする

店員さんとは自分の話ばかりでいいと思うんですね。
お客さんの話を聞くのもバーテンダーの仕事です。

でもいい感じになってきた彼に、自分の話ばかりしたら・・・?

自分のことばかりだなってなりますよね×

下ネタが行き過ぎる

笑える範囲の下ネタは会話のスパイスかもしれません。
ですが自分の性事情を話しすぎたり、女性が言うにふさわしくない言葉を連発・・・

そりゃ相手は引いちゃいますよね。笑

下ネタは自分からぶっこまず、盛り上がったときはある程度ノリよくするくらいにしましょう。

若作りし過ぎる

若く見えたほうがモテると思うのでしょうか。
いえいえ、おとな女子なら年相応が一番です。

肌を出すなら、みじか過ぎるショートパンツやスカートより、シルエットのきれいなノースリーブで。
胸を強調したいなら、胸元の空いた服よりも体のラインが強調できるもので。

素敵BAR女子

mobile_estrimont_suites_spa_couple_bar
high-sense.jp

各段美人でも、スタイルがいいわけでもない。
なのになんであの子はいつも話しかけられるの!?

モテる女子には理由があるのです♡

スキがある

一人でいるときも、スキがあるんですね。
やはりよく話しかけられる素敵女子は、話しかけやすい雰囲気が出ています。

スキの作り方がわからない!
そんなあなたはスマホを置いて、少しの間ボーっとしてみて。
暇そうに見せるのも素敵女子の得意技。

よく笑う

楽しそうにしていて、よく笑います。
楽しんでくれている!と思うともっと男性は話をしてくれるし、盛り上がります。

下ネタで盛り上がっても、嫌そうにはせず、楽しんでくれます。

目を見て話してくれる

色っぽさをも演出し、すぐにできるのが視線。

気になる彼がいれば、目を合わせるようにしてみて。
すぐに反らさず、少しでいいので微笑めば、彼もドキッとします。

モテる素敵女子はやはり、人と話すときよく目を見ています。

さりげなく気が利く

いかにも気を利かしてます!って感じではなく、あくまでさりげなく。

自分がドリンクを追加するとき、大丈夫ですか?
って聞いてくれたり。

机が汚れたらおしぼりでサッと拭いてくれたり。

店員さんにも「ありがとう」と言ったり、感じのいいお客さんは素敵です。
以外にそういう部分を男性は見ていたりします。

少しのあざとさ

一番、素敵BAR女子の中で感心するのが絶妙なあざとさ。
ボディタッチをしまくったり、酔ったふりなんてしません。

トイレに立つときにふわっと背中に手をかけてみたり、
椅子の距離が妙に近かったり、
珍しいカクテルを頼んだ時は「一口飲む?」と。

仲良くなる距離の詰め方が上手なんですね。

気を付けたいのが、あざとくなりすぎると軽い女に見られること。

素敵BAR女子はそのバランスが絶妙なんです。

おわりに

730_460
r.gnavi.co.jp

いかがでしたか?
BARでモテたいあなたはぜひ参考にしてください♪

素敵BAR女子になって、BARでの視線を独り占めしちゃおう♡

2016年6月15日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のライター

みねさん。 みねさん。