プリマヴィスタ史上最強 くずさない下地に進化♡2018年3月6日改良新発売

崩れない下地として有名なプリマヴィスタの下地が何とこの春改良新発売されます!!今までよりさらにパワーアップするプリマヴィスタの下地をチェックしてみましょう。

売上ナンバーワン下地

 (636226)

『ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地』は、2010年に発売以来、8年連続化粧下地売り上げNo.1なんだそう!一度は使ったことがあるという方も多いのでは…?

プリマヴィスタは年齢によって化粧崩れにに対する意識が異なり、若年層はテカリ不満が高く、年齢とともにファンデーションのとれ・ヨレ不満が高まることに注目しました。
化粧崩れせず、綺麗な状態が続いてほしいと考える女性のため、“テカリ”防止機能をさらに高め、新たに、“ファンデーション のとれ・ヨレ”防止機能をプラスされたそう。

皮脂を固める性能をさらにアップさせ、皮脂をはじく技術と合わせたオイルブロック処方で“テカリ”を防止する機能が高まり、高密着皮膜形成処方で肌への密着性を高め、かつ肌の動きに柔軟に対応してくれます。

本当に崩れない!

汗・皮脂に強く、気温や湿度が高い日でもテカリのないファンデーションの仕上がりが持続させてくれます。

夕方、下地をしたときとしていないときの化粧崩れを比較するとこちら!
こんなにも違うんですね。もともと崩れにくいので有名だったプリマヴィスタがさらに改良されるなんて、使ってみるしかありません。
 (636229)

特徴

時間がたってもファンデーションがとれにくく、きれいな仕上がりが続くそうです!
●皮脂を抱え込み広げない、オイルブロック処方で、気持ちのいいサラサラ肌が続く
→オイルブロック処方でいつまでも自然な仕上がり。

●独自開発の皮脂を吸収する粉体を配合
→粉が脂を吸収してくれることにより崩れにくさアップ!

●気になる小鼻もテカりにくい
→若者の敵!小鼻のテカリも気になりません。

●保湿成分配合(ヒアルロン酸、カミツレ花エキス)
→天然の保湿成分が化粧崩れの敵となる乾燥を防ぎます。

●無香料
→香り付きの化粧品が苦手という方も使える無香料。

2018年3月6日 改良新発売

 (636250)

いかがですか?
改良前から人気の商品、どのような使い心地なのか楽しみですね。
すでに使っているという方も、使ったことないという方も是非ゲットしてください♪

花王『ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地』
容量/25ml
価格/ノープリントプライス
2018年1月18日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

勝負肌は改良新発売「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」で手に入る♡3月6日より発売

2010年の発売開始以来、8年連続化粧下地売り上げNo.1の大ヒットアイテム「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」が、2018年3月6日に改良新発売!新しいパッケージ?新処方の使い心地は?「プリマヴィスタ史上最強 くずさない下地」とは!?

AYAさんのトレーニングでもくずれない!プリマヴィスタ史上最強「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」

数々のアワードを受賞している「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」。2018年3月6日より新改良されているのはご存知でしょうか?パッケージも中身も進化した皮脂くずれ防止化粧下地の効果をクロスフィットトレーナーのAYAさんとモデルの松元絵里花さんが実践します!

【キールズ新作】紫外線対策もできる≪DS UVディフェンス CCクリーム≫登場!ナチュラルメイクにも下地にも♡

キールズから、紫外線対策もできる新作のCCクリーム「DS UVディフェンス CCクリーム」が登場しました!ナチュラルメイクのベースとしても下地としても使える優れもの♡これからの季節にぴったりのアイテムとなっていますから、ぜひチェックしてみてくださいね!

【YSL,IPSA,SUGAO】儚げな透明肌に♡3つの《ブルー系下地》まとめ

ちょっぴりか弱そうな色白さんって、なんだか憧れますよね。そこで今回は、そんな儚げな透明感を引き出してくれる『ブルー系下地』をご紹介したいと思います♡お肌をトーンアップさせたい方や、憧れの色白肌に近づきたい方は必見です!デパコスからプチプラまで3つのブルー系下地をピックアップ◎

【MAIKOHAN(舞妓はん)】≪美容乳液下地≫が口コミで人気♡紫外線対策もできる優れもの!

和の雰囲気を持ったコスメブランド「舞妓はん」の化粧下地が口コミで人気となっています。毛穴カバーや保湿力に優れていて、さらに紫外線対策までしてくれるうれしいコスメとなっています♡これからの季節にも使いやすいプチプラ下地をチェックしましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE PRESS FORTUNE PRESS