根拠は特にないけれど…おまじないコスメや恋コスメ、占いにハマる心理って?!

恋コスメに婚活リップ、恋や結婚、果ては就職まで?!成功するという逸話のあるおまじないのようなコスメ達。占いにおまじない、いくつになってもどこか気になってしまうのは何故…?!

誰が言い出したか、世でまことしやかに囁かれる、伝説のコスメ達…
婚活リップに恋コスメ、恋が叶ったり結婚できたり、就職できたり、みんなにモテたり?!

そんな逸話のあるコスメはたくさんあるけれど、誰が言い出したかもはや分からない、何が根拠かも分からない、おまじないの域に達しているものも?!

素敵な逸話のあるコスメはついつい気になってしまうもの。
藁にもすがりたい思いで、つい手に取ってしまう?!
そんなおまじないコスメあるあると、ハマる心理をご紹介します。

恋コスメというかもはやおまじないコスメ

婚活リップはまだ分かる!
色味や質感が万人ウケするものだから。
だけど、モテコスメや恋コスメと持て囃されるものの中には、もはやおまじないのようなコスメも?!

これをつけていて付き合えた!とか結婚できた!という誰かの証言があれば良い方。
特に根拠はないけれど、誰かがSNSで「モテそう」と言い出しただけでモテコスメ!と広がり始め、いつの間にかそれが常識になってしまうのがコスメ界隈の不思議なところ。。

これをつけていたら好きな人の反応が良かった気がする…!と一喜一憂してモテコスメや恋コスメにどハマりし、モテコスメだけで武装しているような「今日のメイク」を見かけることも。

ただ、そうやって広がるコスメは、みんなの指示を得られるくらい、見るからに可愛かったり優秀だったりするのも事実。

本気でこれさえつけていればモテる!と思っている訳ではなくても、
みんなが素敵だと言っているなら、もしかしたらあの人にも可愛いと思ってもらえるかも?なんてほのかな期待を抱いてしまう人も多いのではないでしょうか。

そんなコスメをつけていると、どこか自信にもつながるので、
明るい表情と良い気分で過ごしていれば、実際良い出会いや進展を招けるかも?!

つけてるだけで運気の上がるハッピーカラー?!占いコスメ

見かけるとつい、自分の星座や血液型をチェックしてしまう占い。
そんな占いの中には、ハッピーカラーや運気向上のためのコスメが載っていることも。

好きな色だと嬉しいけれど、自分に明らかに似合わない色がおすすめされていると微妙な気持ちに。。
ただ、ハッピーカラーと書かれている色を身につけていたら、何となく良いことありそうな気もします。

その「何となく良いことあるかも」と思える事こそが実は重要かもしれません。
恋愛運に金運に仕事運、どれもコントロールしていくのは自分。
この色を使えば前向きになれそうと思えたり、取り入れたい!と思った時には、活用してみるのも良いのかも。

前向きな気持ちで過ごしていれば、「良いこと」に気付きやすく、チャンスも掴みやすいものです。
いつでも良いことを受け止められる自分でいる事こそが、運気向上の秘訣なのかもしれません。

ポジティブになれるなら活用しちゃおう

 (668968)

モテや婚活、就活系のおすすめコスメには、先人の実践に基づくアドバイスもあれば、
何となく「叶いそう」という願いが広がったタイプのコスメもあります。

そこはきちんと見極めた方が吉。
その上で、自分に本当に似合うのか?というところも見定めることが必要です。

ハッピーカラーにモテコスメ、正直どういう根拠があるのか分からないものもあるけれど、
自分が明るい気持ちで前向きになれるなら、活用しちゃうのも一つの手。

本気でこれさえ使っていれば幸せになれる!と傾倒してしまうのではなく、
これを使っていれば何となく良い気分で過ごせるというだけでも、確かに運気は向上しているのかも?!
自分にも人にも明るい印象を与えられれば、実際に良い影響はあると言えます。


メイクやコスメには、確かに自分を鼓舞する力があります。

ハッピーにメイクを楽しんでいきましょう!
2018年3月10日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム