イケメンなのに。。。あるある!?思わずがっかりしてしまう残念すぎるイケメンたち

くっきり二重、通った鼻筋の整った顔立ち。それなのに、言動があまりにも残念すぎる…。そんなイケメン、あなたの周りにもいませんか?今回は1度は見かけた・聞いたことがあるだろう、あるあるな【残念すぎるイケメン】をご紹介します。

スーツ・制服マジックなイケメン

 (631088)

仕事もできるし、優しいし、イケメンだし!完璧すぎ!惚れる!

そんな男性とようやくデートまでこぎつけて、ワクワクしながら待ち合わせ場所へ向かうと
「え?待って?その服どこで買ってきたの?」

私服のダサさに一瞬で冷めてしまった、という話はよくありますよね。普段かっこいい姿を見慣れているだけに、あまりのギャップにショックは大きいでしょう。

でも、大丈夫。顔は変えられないけど、服装は変えられます。

潔癖症すぎるイケメン

 (631089)

人が触ったものを触る時は、一度除菌シートで拭かなければ気が済まないタイプの超潔癖症のイケメン。

個人の自由だし、仕方のないことかもしれないけど、「一緒にいると気を遣いすぎて疲れそう」と感じてしまいます。ちょっと近寄りがたい印象も。

でもその分、身だしなみには気を遣っていて、見た目にも清潔感がある点ではやっぱり好印象。

自分大好き!なイケメン

 (631091)

とにかく自分のことが大好きなナルシスト。自分がかっこいいことを自覚しているため、彼らの行動は確固たる自信に満ち溢れています。

SNSに自撮りをバンバンあげたり、話題はもっぱら自分の話(主に自慢話)で持ちきり。

綺麗に整った顔面あっての行動なので、気持ちは分からなくもないけれど、あんまりしつこいと周りはうんざりしてしまいます。同性受けも悪そう。

お金にルーズなイケメン

 (631092)

いますよね?イケメンだけど、金遣いがかなり荒い人!

性懲りもなく、パチンコや競馬にお金をつぎ込んでは負けて、またつぎ込んで。趣味に使うにしても、衝動買いが多かったりと、とにかく無駄遣いが多くて、貯金はほぼゼロ!
もういい年なんだから、先を見据えて、お金は計画的に使って欲しいものです。

お金を貸すのであれば、返ってこない覚悟で差し出しましょう。

マナー知らずなイケメン

 (631094)

やっぱりイケメンは、行動もスマートであってほしい!

レディーファーストだったり、細やかな気遣いができれば尚良しですが、せめて最低限のマナーは守ってほしいですよね。

タバコの吸い殻を当たり前のようにポイ捨てしたり、食事中くちゃくちゃと音をたてて食べたり、電車で立ちっぱなしの妊婦さんを見ても席を譲らなかったり…。

どれだけ顔が良かったとしても、そんなマナー知らずな行動を平気してしまう男性に幻滅しない女性はいないでしょう。

うんちく魔なイケメン

 (631096)

「知ってる?これって」「これは実はこうでね」
口を開けば、うんちくしか言わないし、正直いって面倒くさい。

「こんなことまで知ってる俺すごいでしょ?」と言わんばかりのドヤ顔にまたイラッ。そんな話、全っ然興味ありません!!
笑顔でうなづいてる女性たちも、基本心を無にして聞いていることでしょう。

残念なイケメン認定、待ったなしです。

残念なイケメンに気をつけて!

でも、イケメンだとなんだかんだで許せてしまうことも多いのも事実!!

女って単純な生き物ですね…。
2018年1月12日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

その衝動買いちょっと待った!“可愛さ”だけで選んでない?コスメ選びの失敗あるある

SNSでたくさん「いいね」がもらえるフォトジェニックなコスメたち。可愛い見た目に一目惚れして、思わず衝動買いしてしまったという経験はありませんか?しかし、いざ使用してみると「思っていたのと違う」。今回はそんな「コスメ選びの失敗あるある」をピックアップ。

だめだと言うのは分かってる…!分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー

毎日面倒なメイクや、スキンケア、髪の毛・ネイルのケア。ネットで調べるまでもなく、悪影響なことは分かっているんだけど、ついついやってしまいがちなクセや我慢できないこと、忙しい時や疲れた時にサボってしまうことってありますよね。

『秋バテ』って知ってる?過ごしやすい時期こそしっかりとした美容ケアを◎

『秋バテ』という言葉をご存知ですか?夏が過ぎてやっと過ごしやすくなってきた今『秋バテ』に要注意です!またこの時期はお肌の調子も下降気味に、、、。そんなあなたにぜひチェックして欲しい◎『秋バテ』対策とこの時期の美容法をご紹介致します♡

何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

「あぁ、歳とったんだなぁ…」アラサー、アラフォー世代がおばさんになったと感じる瞬間

自分が10代の頃、20代・30代の自分ってもっと綺麗で外見も内面もスマートな大人になっているイメージだったけど、いざ自分がなってみると「あれ?こんなはずじゃ…」中身はまだまだ年齢に追いついていなくても、外見や身体の至る所に悲しいかな、年齢は付きまとうものなのです…。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム